バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

投稿日:2020年5月8日 更新日:

バナナマフィン

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。

熟した甘いバナナをつかった、王道のバナナマフィンのレシピです。
バナナの濃厚な甘みに、レモンの爽やかな酸味を少しだけ加えることで、上品な味に仕上げます。

バナナマフィンの作り方
バナナマフィンの作り方 作り方は簡単で、まずは、熟したバナナをフォークでつぶし、レモン汁を加え、小麦粉・バター・卵・砂糖などを混ぜ合わせます。

そして、マフィンカップに入れてオーブンで焼き上げたら完成です。

しっとりとした軽めの食感で、甘さも控えめ。
2つめのカップにもついつい手が伸びてしまう、魅惑のスイーツですよ。

バナナマフィンの作り方

バナナマフィン

「バナナマフィン」のレシピです。

材料【直径6センチ4個分:調理時間30分】
バナナ 1本(正味90g)
レモン汁 大さじ1
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
バター※ 30g
きび砂糖 40g
1個
牛乳 大さじ2

※常温に戻して柔らかくしておく。

カロリー
1個分236kcal
作り方
  1. バナナをフォークで潰し、レモン汁を混ぜる。
  2. ボールにバターを入れ、泡立て器でクリーム状にする。きび砂糖を加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
    卵を溶きほぐし、2〜3回に分けて加え、その都度しっかり混ぜる。
    牛乳を加え、なめらかになるまで混ぜる。1も加えて混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、2回に分けてふるい入れる。
    1回めは、ヘラで軽く混ぜる。2回目は、練らないように、粉っぽさが無くなるまで混ぜる。
  4. 3をスプーン2本を使って、マフィン型に入れる。
    180度に温めたオーブンで25分ほど焼いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

バナナマフィンのレシピ
【工程1】
まず、バナナ(1本:可食部分90g)の皮をむき、フォークで潰します。
そして、レモン汁(大さじ1)を混ぜます。

バナナは、シュガースポット(バナナの皮にできる黒い斑点)が出るまで完熟させておくと、美味しいマフィンができます。


バターを泡立て器で混ぜる
【工程2】
次に、あらかじめ常温に戻して柔らかくしておいたバター(30g)をボールに入れ、泡立て器を使って、クリーム状になるまで混ぜます。

使用するバターは、無塩でも有塩でも構いません。
発酵バターを使うと、風味がよりアップして美味しいです。


バターにブラウンシュガーを加える
続いて、きび砂糖(40g)を加え、少し白っぽくなるまですり混ぜます。

砂糖は、きび砂糖がおすすめですが、無い場合は、普通の白い砂糖で代用するのもアリです。


バターに卵を加える
そして、卵(1個)を溶きほぐし、2〜3回に分けて加え、その都度しっかり混ぜます。


バターと卵に牛乳を加える
卵を混ぜたら、牛乳(大さじ2)を加え、なめらかになるまで混ぜます。


バナナマフィンの材料にバナナを混ぜる
さらに、あらかじめつぶしておいたバナナも混ぜます。


薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れる
【工程3】
次に、薄力粉(100g)とベーキングパウダー(小さじ1)を合わせ、2回に分けてボールにふるい入れます。

ヘラで混ぜる そして、1回めは、ヘラで軽く混ぜます。
マフィンの生地 2回目は、生地を練らないように注意しながら、粉っぽさが無くなるまでヘラで混ぜます。

これで、マフィンの生地ができました。

【調理のコツ】
小麦粉を加えたら、練らないように注意しながら、全体が均一になるまでさっくりと混ぜます。

小麦粉に水分を加えて練ると、「グルテン」という粘りの強いタンパク質ができます。

「グルテン」ができると、マフィンの仕上がりが硬くなったり、また膨らみが弱くなったりするので、練らずに切るようにして混ぜてください。


マフィンカップにマフィンの生地を入れる
【工程4】
生地ができたら、スプーン2本を使って、マフィン型に均等に入れます。

あとは、180度に温めたオーブンで、25分ほど焼いたら完成です。
焼く時間は、オーブンによって若干変わる可能性がありますので、様子を見て微調整してください。


バナナマフィン
レモンの酸味を加えることで、品の良い、さっぱりとした味に仕上がります。

砂糖の量も控えめなので、しつこさがなく、ペロッと美味しくいただけますよ。

子どもから大人まで、幅広い年代に人気のバナナマフィン。
意外と簡単に作れるので、ぜひお試しください。

関連レシピ