深い甘みでめちゃ旨!甘酒スムージーのレシピ。ヨーグルト×バナナが好相性

投稿日:2018年7月26日 更新日:

甘酒スムージー(甘酒ヨーグルトバナナスムージー)

甘酒を使ったスムージーのおすすめレシピをご紹介します。

甘酒と合わせるのは、バナナとヨーグルト。
甘酒とバナナの甘みに、ヨーグルトのさわやかな風味が加わって、むちゃくちゃ美味しいスムージーに仕上がります。

さっぱりとしつつも深い甘みのある、とても飲みやすいスムージーですよ。

腸内環境の改善にも役立つ

ちなみに、バナナとヨーグルトと甘酒は、健康効果も高く、腸にとても良い組み合わせです。

ヨーグルトと甘酒は、どちらも発酵食品で、乳酸菌などの善玉菌が多く含まれています。
また、バナナは食物繊維が豊富なため、ヨーグルトと甘酒と一緒に食べることで、腸内環境の改善が期待できます。

レシピ動画

「ヨーグルトとバナナが合う!甘酒スムージー」のレシピです。

材料

2人分:調理時間3分/凍らせる時間除く
バナナ 1本(正味100g)
甘酒 60g
プレーンヨーグルト 100g

※飲料用に薄められていない米麹の甘酒を使用する。

作り方

このスムージーは、酒粕の甘酒ではなく、米麹の甘酒を使って作ります。

甘酒スムージーに使う甘酒
米麹の甘酒は、スーパーなどでも買えますし、自宅で手作りすることもできます。

購入する場合は、飲料用に薄められていない商品を選んでください。


バナナを潰して冷凍する

まず、バナナ(1本:可食部分100g)の皮をむいて、ラップで挟み、上から手のひらで叩いて潰します。
そして、ラップをぴったり密着させたうえで冷凍します。

バナナの冷凍ストックのすすめ

上の写真のように、バナナを平たく潰してから全体をラップでぴったり密着させると、空気の侵入を防げるので、バナナが変色しにくくなります。
そのうえ、手で砕きやすくなるので、ミキサーに入れる作業も簡単になります。

バナナは、このように冷凍保存すると、1ヶ月ほど日持ちしますし、いつでもすぐにスムージーが作れるので、とても便利です。


甘酒とバナナとヨーグルトをミキサーに入れる

次に、凍ったバナナを手で砕いてミキサーに入れ、甘酒(60g)とプレーンヨーグルト(100g)を加えます。


甘酒とバナナとヨーグルトをミキサーで撹拌する

そして、バナナの塊がなくなるまで攪拌したら完成です。


甘酒スムージー

ヨーグルトに甘みをプラスする際には、はちみつや砂糖を使う方が多いと思います。
もちろん、それらもヨーグルトに合いますが、甘酒を加えるのもかなりおすすめです。

甘酒は、しっかりとしたコクがあるうえに、甘みがしつこくないので、ヨーグルトに加えると、上品な仕上がりになります。

そして、今回のようにバナナを加えると、美味しさがさらにアップ。
濃厚な風味がプラスされ、より深みのある味を楽しめます。

爽やかな甘みが身体に染みわたりますよ。

関連レシピ