ターメリックライスの作り方。人気インド料理店の炊飯器レシピ。

投稿日:2019年2月14日 更新日:

ターメリックライス

ターメリックライスの炊飯器を使ったレシピをご紹介します。

インド料理の名店「ナイルレストラン」の店主、ナイル善己さんが考案した「ターメリックライス」です。

ターメリックライスとは

ターメリックライスとは、インド料理の一つで、ターメリックという黄色いスパイスで味付けをしたご飯のこと。
辛味はなく、お米の甘みを感じる優しい味なので、刺激たっぷりのインドカレーとの相性も抜群です。

ちなみに、ターメリック(turmeric)は、二日酔い防止ドリンクの原材料としても有名な「うこん」の英語名です。
ターメリックだけを食べると苦味を感じますが、調味料として使うと苦味は薄まり、逆に他の食材の甘みを引き立てます。

サフランライスとの違い

ターメリックライスとサフランライスは、どちらも見た目が黄色くて似ていますが、使われているスパイスはまったく違います。
サフランライスは、サフランという花の雌しべから作るスパイスで風味づけをします。

サフランスパイスは、上品な香りが特徴で、インド料理だけでなくヨーロッパのパエリアなどにも使われますが、高価なのが玉にキズです。

ターメリックライスの炊飯器レシピ

さて、これからご紹介するレシピは、手頃な値段で入手できるターメリックを使うので、気軽に試せます。

材料は、米のほかには、ターメリックとバターだけ。
炊飯器で炊くだけなので、とても簡単です。

お味の方は、バターのコクとターメリックのほのかな香りが印象的。
強めの味のインド料理にもよく合いますよ。

(一部情報元:テレビ東京「ソレダメ!」2019年2月13日放映)

ターメリックライスの炊き方

ターメリックライス

「ターメリックライス」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【調理時間2分/吸水・炊飯時間除く】
2合
ターメリック 小さじ1
バター 10g
作り方
  1. 米を洗い、炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を注ぎ、30分置く。
  2. ターメリックとバターを加え、普通に炊いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ターメリックライスの作り方

ターメリックライス
ターメリックは、鮮やかな黄色が印象的なパウダー状の香辛料です。


ターメリックライス
【工程1】
まず、米(2合)を洗い、炊飯器に入れます。

そして、2合の目盛りまで水を注ぎ、30分ほど置いて吸水させます。


ターメリックライス
【工程2】
30分経ったら、ターメリック(小さじ1)とバター(10g)を加えます。

これを普通に炊いたら完成です。


ターメリックライス
炊き上がりは、全体が淡い黄色に染まってとてもきれいです。


ターメリックライス
ターメリックを加えると、ライスの味が引き締まります。

白米にバターを加えただけだと、味のしつこさが際立ってしまいますが、ターメリックの風味が加わることでそれが抑えられます。
コクがあるけれども主張しすぎない、刺激の強いインド料理の脇役にぴったりなライスです。

炊飯器だけで簡単に作れるので、インドカレーを作るときには、ぜひこのライスも試してみてください。

ちなみに、このターメリックライスには、上の写真の「チキンカレー」を合わせるのがおすすめ。
ナイルさんが考案した、スパイシーな本格チキンカレーです。
合わせて是非ご覧ください。

ターメリックライスのレシピあと1品

最後に、ターメリックライスのレシピをあともう1品ご紹介します。

ターメリックライスのレシピ

おうち料理研究家のみきママが考案した「サフラン風ライス」です。

上の写真の「ミラノ風ドリア」に使われているターメリックライスのことで、調理はとても簡単。
炊き上がったご飯にターメリックを混ぜるだけです。

ちなみにこのお料理は、見た目もすごく凝っていますが、トータルで25分くらいで完成します。
パーティー料理におすすめですよ。

作り方を見る

ところで、当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インド料理やインドの観光スポットについて別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連レシピ