やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

バスマティライスの炊き方。インドの香り米を伝統的な湯取り法で炊く!

投稿日:2020年1月4日 更新日:

バスマティライス(Basmati rice)の炊き方をご紹介します。

バスマティライスとは、インディカ米の一種のこと。
インドを中心に栽培されてきた高価な品種で、香りが強いのが特徴です。

日本の米と比べると、形状も食感も大きく異なっていて、米粒の形は細長、口に入れるとサラッとしていて粘りは少なめです。

味は淡泊ですが、スパイシーなカレーに合わせたり、ビリヤニと呼ばれる炊き込みご飯にすると、美味しくいただけます。

インド流のお米の炊き方

日本でお米を炊くときは、通常は水が完全に蒸発するまで加熱しますが、インド流のお米の炊き方は違います。

「湯取り法」と呼ばれる炊き方で、お米をたっぷりの湯で茹でて、茹で上がった後に残ったお湯は捨ててしまいます。

簡単に言うと、パスタを茹でるような感覚です。

インディカ米には複数の種類があり、インドでも丸くて粘り気のあるものなど様々なインディカ米が食べられていますが、基本的にはこの炊き方でOK。

ちなみに、東南アジアなどで食べられているタイ米もインディカ米の一種であり、炊き方もバスマティライスとほぼ同じです。

湯取り法の長所と短所

湯取り法でお米を炊くメリットの一つとして、カロリーや糖質を抑えられるということが挙げられます。

茹で汁を捨ててしまうので、お湯に溶け出したでんぷんなどが、全て失われます。
お米の栄養が損なわれてしまう反面、ダイエット中の方にとっては魅力的な調理法と言えます。

炊き方のコツ

バスマティライスなどのインドのお米を炊くときのポイントは、ケースバイケースで様子を見ながら炊くことです。

日本のお米よりも個体差が大きく、また、種類も豊富なので、茹で時間を一律に決めるのはなかなか難しいというのが正直なところです。

この記事ではバスマティライスの茹で時間を10分〜13分としていますが、この時間を目安にして、茹でている途中で食べてみて、少し芯が残っているくらいで引き上げるようにすると、美味しく仕上がりますよ。

バスマティライスの炊き方

バスマティライス(インドの香り米)の鍋を使った炊き方

「バスマティライス」の炊き方です。

材料【4人分:調理時間20分】
バスマティライス 2合
2リットル※

※水の量は米の5倍くらいがおすすめ。

  1. 米を洗い、ザルに上げる。米と水を鍋に入れ、強火にかける。
  2. 煮立ったら、弱火にしてフタをし、10〜13分茹でる。(ときどきフタを取り、かき混ぜる。)
    食べてみて、芯が少しあるところでザルに上げ、水気を切る。
  3. 米を再び鍋に戻し、軽く混ぜ、フタをして5分蒸らす。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、バスマティライス(2合)をきれいに洗います。

米は細長くて折れやすいので、日本の米よりも優しく洗うのがおすすめです。



【工程2】
次に、バスマティライスと水(2リットル)を鍋に入れ、強火にかけます。

水の量は米の5倍くらい

水の量は、米の5倍くらいがおすすめ。
大きな鍋が無い場合は、途中で湯を足しながら加熱し、米が常に湯に浸った状態にするといいです。



煮立ったら、フタをして、弱火で10〜13分茹でます。

茹で時間は様子を見て決める

茹で時間は、商品によってまちまちです。
バスマティライス(インドの米)は、ものによって大きさや質がけっこう違います。
ですから、食べてみて芯が少し残っているくらいまで茹でるといいです。

また、加熱中は、ときどきフタを取り全体をよく混ぜると、均一に火が通ります。


茹で上がったら、ザルに上げ、水気を切ります。



【工程3】
そして、米を鍋に戻します。



最後に、軽く混ぜ、フタをして、5分ほど蒸らしたら完成です。



炊き上がりはこのようになります。



バスマティライス(インディカ米)はもともと粘りが少ない品種ですが、こうした湯取り法で炊くと、更に軽くてふわっとした仕上がりになります。

日本のご飯のようにどっしりとした感じではないので、最初はちょっと驚くかも知れませんが、本場インドの味を追求するなら、やはりバスマティライスは外せません。

インド料理のお供として、ぜひお試しください。


ところで、最近では、湯取りをせずに、炊飯器でバスマティライスを炊く家庭がインドでも増えているそうです。

炊飯器を使った場合は、仕上がりがやや軽さに欠けるものの、湯取り法よりも簡単ですし、栄養も逃しません。

炊飯器を使った炊き方は、日本のお米を炊く場合とほぼ同じ。
唯一の違いは、あらかじめお米を浸水させておくと、より美味しく仕上がるという点です。

興味のある方は、炊飯器を使った炊き方もお試しください。


当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インド料理やインドの観光スポットについて別記事で詳しく解説しています。

関連記事

炊飯器でバスマティライスを炊く方法。簡単で美味しいインド米の炊き方。

バスマティライス(インド米)を炊飯器で炊く方法をご紹介します。バスマティライスを炊く際の水加減は、日本の普通の白米と同じです。ただし、日本の…

ジャスミンライスの炊き方。ジャスミン茶で超簡単!炊飯器を使った作り方。

ジャスミンライスの超簡単な炊き方をご紹介します。ジャスミンライスとは、タイの高級米「香り米」を炊いたご飯のこと。この記事では、香り米を一切使…

ブレンド米のつくり方。料理に合わあせた、新しいお米の食べ方。

1993年の記録的な冷夏で起こった平成の米騒動では、店頭から米が消えてしまうほどの米不足を日本人は経験しました。その際に、他品種の米をやむを…

コシヒカリの選び方。コシヒカリ農家のおすすめ。

米の生産量日本一を誇る新潟県。この地でコシヒカリをつくっている笠原勝彦さんは、米のコンクールで何度も金賞を受賞しており、優秀な米農家だけが席…

米の保存方法。お米マイスターのおすすめは、米袋ごと圧縮袋に入れる。

東京目黒区にある米専門店「スズノブ」の店主・西島豊造さんは、テレビをはじめとした多くのメディアで紹介されている、人気の5つ星お米マイスターで…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

高野豆腐の煮物。めんつゆで簡単!ジュワッと旨い「含め煮」のレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…

鶏胸肉をレンジで!蒸し鶏をしっとり柔らかく仕上げる簡単レシピ。

鶏胸肉のレンジ蒸しのレシピをご紹介します。電子レンジを使って、胸肉をし…

トロッと柔らか!白菜の味噌汁レシピ。油揚げを具に加えて旨さUP。

白菜のトロッと柔らかな食感が旨い、味噌汁のレシピをご紹介します。白菜と…

スパムの卵とじのレシピ。にんにくと炒めて香ばしく!簡単スパム料理。

スパムと卵を使った簡単料理のレシピをご紹介します。スパムとにんにくをこ…

里芋とひき肉の煮物。ご飯によく合うおかずレシピ!甘辛煮の作り方。

里芋とひき肉の煮物のレシピをご紹介します。豚ひき肉と生姜をフライパンで…