やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

もち麦の茹で方と炊き方。鍋でもっちり、炊飯器でふっくら仕上げる方法。

投稿日:2017年11月21日 更新日:

もち麦の茹で方(2パターン)と炊き方(3パターン)をご紹介します。

紹介する茹で方は次の2つです。

  • 水から茹でる
  • 沸騰したお湯に入れて茹でた後、水にさらす

水から茹でる方法は、もち麦好きにおすすめの本格的な茹で方です。
もち麦本来の味や食感を楽しめますし、茹でたあとに水にさらさないので、栄養も逃さず摂れます。

一方で、お湯で茹でた後に水にさらすと、もち麦特有のもっちりとした弾力のある食感がより際立ち、さっぱりとしたクセのない味に仕上がります。
もち麦をサラダや和え物などの具材にするときは、この茹で方が向いています。


続いて、もち麦の炊き方。
もち麦の炊き方は、もち麦とお米の割合に応じて3パターンご紹介します。
すべて炊飯器を使います。

  • 10割(すべてもち麦で、お米は0)
  • 5割(もち麦とお米を半分づつ)
  • 3割(もち麦3、お米7)

お米と一緒にもち麦を炊くことで、初めての方でも食べやすくなります。
また、炊飯器を使うと調理が簡単なので、忙しい方にもおすすめです。

もち麦初心者の方は、まずは、もち麦3割から試してみてはいかがでしょうか。

仕上がりは、鍋で茹でたときとは、少し違う食感を楽しめます。
鍋で茹でると弾力のある食感が比較的際立つのに対して、こちらはふっくらです。

ちなみに「もち麦」は大麦の一種で、水溶性食物繊維が豊富なので、整腸作用が高く、便秘の解消やダイエットや美容にとても良いと言われています。
大麦の仲間には、もち麦の2倍も食物繊維が豊富な「スーパー大麦」がありますが、スーパー大麦はかなり値が張るので(詳しくは大麦類の比較をご覧ください)、健康のために食べ続けるのであれば、もち麦の方がおすすめですよ。

(一部情報元:NHK「あさイチ」もち麦 2017年11月21日、TBS「あさチャン!」2016年6月29日、TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」2016年9月6日、フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」2019年1月16日放映)

もち麦の茹で方

それでは、もち麦の茹で方をご紹介します。

2パターンの違いをもう一度整理します。

水から茹でる

この茹で方は、もち麦の人気料理本「もち麦ダイエットレシピ」の著者、山下春幸さんのおすすめの方法です。

特徴は、水から茹でること。
丁寧にアクを取りながら火を入れ、仕上がりは水分がほぼ無くなります。

もち麦の栄養をムダなく摂りたいのであれば、この茹で方がおすすめです。

沸騰したお湯に入れて茹でた後、水にさらす

こちらは、人気フレンチレストラン「モルソー」のオーナーシェフ、秋元さくらさんのおすすめの茹で方です。

特徴は、沸騰した湯にもち麦を入れること。
そして、茹で上がったもち麦を最後に水でさっと洗うことです。

もち麦のもっちりとした食感が際立ち、仕上がりがさっぱりします。
もち麦初心者でも食べやすく、いろいろな料理に使いやすいというメリットがあります。

お好みで試してみてください。

水から(山下春幸さんの茹で方)

まずご紹介するのは、和食レストラン「HAL YAMASHITA 東京」のオーナーシェフ、山下春幸さんが考案した、もち麦の茹で方です。

山下さんは、もち麦の人気料理本「もち麦ダイエットレシピ」の著者でもあります。

材料【調理時間22分/蒸らし20分】
もち麦 100g
ひとつまみ
580ml
作り方
  1. もち麦を洗う。
    材料すべてを鍋に入れ、アクを取りながら中火で20分茹でる。
  2. フタをして火を止め、水分が無くなるまで20分蒸らしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まずもち麦(100g)を洗います。

ちなみにもち麦100gは、2/3合くらいです。



次にもち麦と塩(ひとつまみ)と水(580ml)を鍋に入れ、火にかけます。

このレシピは、もち麦を水から茹でます。



そしてアクを取りながら、20分ほど茹でます。



20分後は、かなり水分が少なくなります。



最後にフタをして、火を止めます。

そして水分が無くなるまで20分ほど蒸らしたら完成です。



出来上がりは、もち麦が水分を完全に吸って、ふっくらしています。



この茹で方は、もち麦の味が存分に堪能できて、また栄養も逃さずに摂れます。

もち麦は、もちのようなモッチリとした食感が特徴で、クセも少ないので食べやすいですよ。


ちなみに当サイトでは、山下さんが考案した茹でたもち麦を使った料理も紹介しています。
リンク先では、簡単に作れるもち麦料理を4品紹介しています。合わせてご覧ください。

次に秋元さくらさんがすすめる、もち麦の茹で方をご紹介します。

お湯から(秋元さくらさんの茹で方)

次にご紹介するのは、人気フレンチレストラン「モルソー」のオーナーシェフ、秋元さくらさんが考案した、もち麦の茹で方です。

秋元さんは、もち麦を20日間毎朝食べ続けただけで、2キロも痩せた経験をお持ちだそうです。

材料【調理時間22分】
もち麦 100g
ひとつまみ
600ml
作り方
  1. もち麦を洗う。
    鍋に水を入れて沸騰させる。
    もち麦と塩を加え、中火で20分茹でる。
  2. 1をザルに上げて水気を切る。
    もち麦をザルごとさっと水にさらし、余計なぬめりを落としたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、鍋に水(600ml)を入れ、沸騰させます。



沸騰したら、洗ったもち麦(100g)と塩(ひとつまみ)を加え、中火で20分ほど茹でます。

【調理のポイント】
沸騰した湯にもち麦を入れると、もち麦特有のモチモチ感やプリッとした弾力のある食感が際立ちます。


20分経つと、湯の量がかなり減ります。



【工程2】
茹で上がったら、もち麦をザルに上げ、さっと水にさらし、余計なぬめりを落としたら完成です。

【調理のポイント】
茹で上がったもち麦は、水にさらしてぬめりを落とすと、料理に使いやすくなります。

ぬめりを落とすと、さっぱりするので、サラダなどの料理にそのまますぐに使えて便利です。



この方法で茹でたもち麦は、プリッとした弾力のある食感が際立っていて、クセが無くて食べやすいです。

以上ご紹介した2パターンの茹で方は、どちらも違った良さがあります。
お好みで試してみてください。

酢を入れて茹でるとクセがさらに和らぐ

ちなみに、もち麦のクセが嫌いという方は、茹でる際に、酢(小さじ1)も加えてみてください。
臭みがもう少し和らぎます。
詳しくは「酢を使ったもち麦の茹で方」をご覧ください。

次に炊飯器を使ったもち麦の炊き方をご紹介します。

もち麦の炊き方

もち麦を炊飯器で炊くのはとても簡単です。

ここからはもち麦10割、白米と混ぜて5割・3割を炊飯器で炊く方法をご紹介します。

ちなみに、最後にお伝えする3割の炊き方は、もち麦の人気料理本「もち麦ダイエットレシピ」の著者、山下春幸さんのおすすめです。

もち麦 10割:炊飯器

もち麦100%(10割)の炊き方を2合分を例に挙げてご紹介します。

ちなみに1合(150g)だけ炊きたい場合は、水の量を半分の300mlにします。
3合(450g)を一度に炊きたい場合は、水の量は900mlにしてください。

もち麦10割を炊くときの水の量
もち麦の量 水の量
1合(150g) 300ml
2合(300g) 600ml
3合(450g) 900ml

普通の白米を炊くよりも多めになります。

材料【調理時間1分:炊飯45分】
もち麦 300g ※
600ml

※もち麦300gはちょうど2合くらいになります。

手順
  1. もち麦と水を炊飯器に入れ、白米モードで普通に炊いたらできあがり。(もち麦は洗わなくてOK。)

写真をもとにレシピを説明します。


今回使用するもち麦は300g。

もち麦300gは、米用の計量カップ(180ml)で測ると、2合ちょうどくらいになります。



【工程1】
まずもち麦(300g)を炊飯器に入れます。

もち麦は洗わなくてもそのまま炊けます。
私はいつも洗わずに炊いています。

ただ、洗った方が良い場合もあります。



もち麦の味のクセを極力抑えたい場合や、購入してから日が経つもち麦を使う場合は、洗った方が臭みが出にくいです。

洗ったら、いったんザルに上げて水気を切り、炊飯器に入れてください。



もち麦を炊飯器に入れたら、次に水(600ml)を入れます。

水の量は、もち麦を洗った場合も、600mlでいいです。
ただ、洗った方が少し柔らかめに炊けますので、気持ち水の量を控えてもOKです。



もち麦と水を炊飯器に入れたら、あとは普通の白米モードで炊くだけです。

吸水時間はかけずに、すぐにスイッチを入れて大丈夫です。
吸水させると、少しモチモチっとした食感に仕上がりますが、吸水させなくても十分美味しいです。
私はいつもすぐに炊き出します。



普通の白米モードでも、もち麦は、柔らかく食べやすい炊けますよ。

次に白米にもち麦を混ぜて炊く方法を2パターンご紹介します。
もち麦は、白米と一緒に炊くのが一番クセが無いので、初心者にはまずこの2パターンの炊き方をおすすめします。

もち麦 5割:炊飯器

もち麦50%(5割)の炊き方を2合分を例に挙げてご紹介します。

このレシピは、もち麦の量を変えたい時にも簡単に応用が効きます。

もち麦の割合の変え方はとても簡単です。
まず白米だけを炊飯器に入れ、普通の水加減をします。
次にもち麦を加え、もち麦の重量の2倍の水を加えると、ちょうど良くなります。

例えば、もち麦450g(3合)を白米に混ぜて炊きたい時は、白米の水加減をした後に、もち麦450gと水900mlを加えます。
もち麦450gの水の量は、450g×2=900mlです。

材料【調理時間1分:炊飯45分】
もち麦 150g(1合)
白米 1合
白米1合分+300ml

※もち麦150gはちょうど1合くらいになります。

炊き方
  1. 白米を洗って炊飯器に入れ、1合の目盛りまで水を注ぐ。
  2. 1にもち麦と水(300ml)を加え、普通に白米モードで炊いたらできあがり。(もち麦は洗わなくてOK。)

写真をもとにレシピを説明します。


今回使用するもち麦は150g。

もち麦150gは、米用の計量カップ(180ml)で測ると、1合ちょうどくらいになります。



【工程1】
まず白米(1合)を洗って炊飯器に入れ、1合の目盛りまで水を注ぎます。



【工程2】
次に、もち麦(150g:1合)を加えます。

もち麦は洗わなくてもそのまま炊けます。
私はいつも洗わずに炊いています。

ただすでにお伝えした通り、もち麦の味のクセを極力抑えたい場合や、購入してから日が経つもち麦を使う場合は、洗った方が臭みが出にくいです。
もち麦を洗って使いたい場合は、しっかり水気を切ってから入れ、後で加える水(300ml)の量をちょっと少なめにしてください。



続いて、水(300ml)を加えます。

これを普通の白米モードで炊いたら完成です。
吸水時間は取りません。



これが炊き上がりです。



もち麦に白米を混ぜると、もち麦初心者でもぐっと食べやすくなります。

最後に、もち麦の料理本の著者がすすめる、もち麦を白米に混ぜて炊く方法をご紹介します。
すでにお伝えしたもち麦&白米を炊く方法は、もち麦を5割混ぜ、普通の水加減で吸水時間を取らずに炊くレシピでしたが、これからお伝えするレシピは、白米にもち麦を3割ほど混ぜ、ちょっと少なめの水で吸水させてから炊くのが特徴です。
もち麦のもっちりとした弾力がある食感が際立ちます。

もち麦 3割:炊飯器(山下春幸さんの炊き方)

最後に、もち麦の人気料理本「もち麦ダイエットレシピ」の著者、山下春幸さんが考案した「もち麦ご飯」のレシピをご紹介します。

白米にもち麦を3割ほど混ぜ、ちょっと少なめの水で吸水させてから炊くのが特徴です。

もち麦のもっちりとした弾力がある食感が際立ちます。

材料【調理時間2分:炊飯45分】
白米 2合
もち麦 100g ※
560ml

※もち麦100gは2/3合くらいです。

作り方
  1. 洗った白米ともち麦を炊飯器に入れ、水を注ぎ、15分ほど浸水させる。
  2. 普通の白米モードで炊いたらできあがり。

もち麦ご飯を朝晩お茶碗1杯ずつ食べると、食物繊維の不足を補うことができます。

プチプチとした独特の食感に慣れてきたら、もち麦を少しずつ増やしてもOK。
ちなみに山下さんは、白米ともち麦を1:3の割合で炊いているそうですよ。

関連記事

スーパー大麦バーリーマックスの食べ方と効果。ダイエットレシピも。

「スーパー大麦 バーリーマックス」のおすすめの食べ方と効果をご紹介します。「スーパー大麦 バーリーマックス」とは、オーストラリア連…

大麦の炊き方。もち麦・押し麦・スーパー大麦ダイエット。

4種類の大麦(押し麦・丸麦・もち麦・スーパー大麦)に含まれる栄養とそれらの基本の炊き方をご紹介します。大麦は食物繊維が大変豊富で、…

キヌアの食べ方。3パターンの炊き方と料理のレシピ6品。

南米産のスーパー穀物「キヌア」は、栄養豊富で低カロリーであることから、美容やダイエットに良いと言われています。今日は「キヌア」の美…

バスマティライスの炊き方。インドの香り米を伝統的な湯取り法で炊く!

バスマティライス(Basmati rice)の炊き方をご紹介します。バスマティライスとは、インディカ米の一種のこと。インドを中心に…

さつまいもの茹で方!茹で時間は何分?時短なら丸ごとよりも切ってから

さつまいもの上手な茹で方をご紹介します。さつまいもは、切ってから茹でる場合と、丸ごと茹でる場合とでは、茹で時間がかなり異なります。…

茹で栗でつくる栗ご飯の簡単レシピ。栗の味を堪能したい人におすすめ!

茹で栗を使った「栗ご飯」の簡単レシピをご紹介します。栗とお米を別々に調理して、あとで混ぜ合わせてつくる栗ご飯です。この栗ご飯の最大…

じゃがいもを茹でるならこの方法!茹で方&茹で時間を分かりやすく解説。

じゃがいもの美味しい茹で方をご紹介します。じゃがいもを鍋でボイルする方法を知っておくと、ポテトサラダなどの下ごしらえにも便利です。…

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パタ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…