餡たっぷりで大満足!いなり餃子のレシピ。糖質制限ダイエットにもお勧め

投稿日:2016年10月11日 更新日:

いなり餃子(稲荷餃子)

ジューシーで旨みたっぷりな、いなり餃子のレシピをご紹介します。

いなり餃子とは、餃子の餡をいなり寿司風に詰めて、こんがりと焼いたお料理のこと。

一般的な餃子は皮でつつむ手間がかかりますが、いなり餃子なら、詰めるだけなのでとても簡単です。
そのうえ、餡自体は普通の餃子と変わらないので、餃子の美味しさをしっかりと堪能できます。

糖質制限にもおすすめ

また、小麦粉を原料とした皮を使わない分、かなり低糖質に仕上がるのも特徴の一つです。

今回のいなり餃子は、糖質を多く含む食材や調味料をいっさい使わないレシピになっていて、糖質制限ダイエットをしている方でも安心して食べられます。

豚肉をたっぷりと使っているので、糖質オフでありながら、満足度はかなり高め。
ダイエットをしていない方にもおすすめできる、美味しい餃子ですよ。

「いなり餃子」のレシピです。

材料【2人分:調理時間14分】
油揚げ 2枚
豚ひき肉 220g
ニラ 1/2束(50g)
きゃべつ 2枚(80g)
おろしにんにく 小さじ2/3
おろし生姜 小さじ1/2
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ2/3
塩こしょう 少々

このお料理には、ふんわりとしたタイプの、いなり寿司用の油揚げを使ってください。

いなり餃子に使う油揚げ ずっしりとしたタイプの油揚げの中には、袋状にして詰め物をすることができないものもあります。

【工程1】

油揚げをキッチンペーパーで挟む まず、油揚げ(2枚)をキッチンペーパーではさみ、手で軽くおさえて表面の油を取ります。

油揚げを半分に切って袋状にする そして、半分に切り、それぞれを袋状にします。

袋状にする方法が分からない場合は、別記事「油揚げの開き方」を参考にしてください。


ニラとキャベツをみじん切りにする
ニラ(1/2束:50g)は細かい小口切りにし、きゃべつ(2枚:80g)はみじん切りにします。


餃子のあんの材料をボールに入れる
餃子のあんの材料を手で混ぜる

【工程2】
次に、餡の材料をボールに入れ、粘りが出るまで手でよく混ぜます。

餡の材料は、豚ひき肉(220g)・ニラ・キャベツ・おろしにんにく(小さじ2/3)・おろし生姜(小さじ1/2)・醤油(大さじ1)・ごま油(大さじ2/3)・塩こしょう(少々)です。


餃子の餡を油揚げに詰める
餃子の餡を油揚げに詰めて平らにする

そして、餡を4等分して油揚げに詰め、平たく整えます。

餡は、油揚げの角まで詰めて、平たくならしてください。
そうすると、全体に火が均一に火が通りやすくなります。


いなり餃子をフライパンに並べる
蓋をしていなり餃子を焼く

【工程3】
続いて、フライパンに餡を詰めた油揚げを並べ、フタをして火にかけます。
そして、フライパンが温まったら弱めの中火にし、5分ほど焼きます。


いなり餃子をひっくり返す
蓋をしていなり餃子を焼く

5分経ったらひっくり返し、再びフタをして、あと5分ほど焼いたら完成です。


いなり餃子(稲荷餃子)

いなり餃子と聞くとさっぱりめの味を想像しがちですが、このお料理に関しては、まったくそんなことはありません。

豚肉やにんにくやニラをたっぷりと使っているので、パンチのきいたコク旨な味に仕上がります。

そのまま何も付けずに食べてもいいですし、普通の餃子と同じように、醤油・酢・ラー油などを付けて食べても美味しいです。

ヘルシー餃子のおすすめレシピですよ。

関連レシピ