炊飯器でバスマティライスを炊く方法。簡単で美味しいインド米の炊き方。

投稿日:2020年1月5日 更新日:

バスマティライスの炊飯器を使った炊き方

バスマティライス(インド米)を炊飯器で炊く方法をご紹介します。

バスマティライスを炊く際の水加減は、日本の普通の白米と同じです。
ただし、日本の米よりも芯が残りやすいので、炊く前にあらかじめ吸水させておくことが、美味しく炊くためのポイントです。

インドでも炊飯器が普及

ちなみに本場インドでは、バスマティライスは鍋を使って調理するのが一般的です。

バスマティライス
湯取り法」と呼ばれる伝統的な調理法で、鍋で米をボイルして茹でこぼして炊き上げます。

湯取り法で調理すると、茹で汁に栄養が溶け出してしまう反面、食感はフワッと軽めに仕上がります。


ただ、最近では、インドでも炊飯器が普及してきているようです。
炊飯器を使うと、仕上がりの軽やかさがやや欠けますが、栄養が残りやすいというメリットがあります。

当サイトで実際にそれぞれの炊きあがりを比較したところ、炊飯器を使ったバスマティライスも、十分美味しいです。
そのうえ調理もとても簡単なので、手軽にインド料理を試したい方におすすめですよ。

炊飯器を使ったバスマティライスの炊飯

炊飯器を使ったバスマティライスの炊き方

バスマティライスを炊飯器で炊く方法です。

2合分のレシピになっていますが、3合でも5合でもまったく同じように炊けます。

材料【4人分:調理時間45/浸水30分】
バスマティライス 2合
作り方
  1. バスマティライスをきれいに洗い、30分ほどたっぷりの水に浸け、ザルに上げる。
  2. 1を炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を注ぎ、普通に炊く。
    炊き上がりをさっくりと混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

バスマティライスの洗い方

【工程1】
まず、バスマティライス(2合)をきれいに洗います。

バスマティライスは、細長くて折れやすいので、優しく水洗いしてください。


バスマティライスを浸水させる

次に、バスマティライスをたっぷりの水に30分ほど浸します。

日本の白米は、吸水時間を取らなくても意外と芯は残りにくいですけど、バスマティライスは、やや芯が残りやすいので、あらかじめ吸水させておくのがおすすめです。


バスマティライスを炊飯器に入れる

【工程2】
続いて、バスマティライスを炊飯器に入れ、水を2合の目盛りまで注ぎます。

バスマティライスを炊飯器で炊く
そして、フタをして普通の白米モードのスイッチを入れます。

炊飯器で炊いたバスマティライス

炊き上がりをさっくりと混ぜたら完成です。

さらっとした炊き上がり

バスマティライスはインディカ米という品種の一つで、日本の米(ジャポニカ米)と比べると、粒が長くて粘りが少ないものが多いです。

ですから、この2つを同じように炊飯器で炊いても、この違いははっきりとあらわれます。

バスマティライスは、さらっとしてふんわりとした口当たりで、お味の方はやや淡白。
お米自体の主張がわりと控えめなので、カレーやビリヤニ(炊き込みご飯)など、スパイスを効かせた料理とよく合います。

バスマティライスはインドでも高価

ちなみに、インドは地域によって食文化が少し異なっていて、お米が特によく食べられるのは、南インドです。

南インドのミールス
こちらは、南インドの大衆レストランで食べた「ミールス」という定食です。

小皿に盛られたカレーなどの真ん中に、たっぷりのご飯が盛りつけられています。

ただ、このお米は、実は、バスマティライスではありません。
小さくて丸い、日本米のような見た目のお米です。

バスマティライスはインド米の中でもかなり高価なお米なので、インドでバスマティライスを食べたい場合は、ある程度のランクのレストランやホテルを訪れる必要があります。

バスマティライスを使ったビリヤニ
そうした場所であれば、シンプルな白いご飯から骨付き肉を使った炊き込みご飯まで、数種類のバスマティライスの料理を楽しめる可能性が高いです。

バスマティライスの炊き方

ところで、当サイトでは、バスマティライスの伝統的な炊き方も紹介しています。

鍋を使ってバスマティライスをパスタのように茹で、水気を切って蒸らしたら完成です。

少し手間はかかりますが、炊飯器で炊くよりもさらに軽い口当たりに仕上がりますよ。

20分
バスマティライス

作り方を見る

関連レシピ