やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

鍋を使ったご飯の炊き方。米とぎと炊飯の簡単レシピ。

投稿日:2017年9月12日 更新日:

鍋を使ったご飯の炊き方をご紹介します。

炊飯器が無くても、また土鍋ではなく普通の鍋でもご飯は簡単に炊けます。

金属製・セラミック製・テフロン加工などどんな材質の鍋でも構いませんが、フタがぴったり閉まるものを使ってください。

鍋でご飯を炊く方法

鍋を使ったご飯の炊き方です。

下のレシピは白米2合分になっていますが、米の量に応じて水の量を変えれば、好みの量が炊けます。

水の分量は、米の量の1.1~1.2倍がおすすめです。

ちなみに米1合(180ml)の水の量は、180ml×1.1〜1.2≒200mlです。
米3合(540ml)の場合は、540ml×1.1〜1.2≒600mlです。

材料【白米2合分:調理時間25分/浸水時間除く】
白米 2合(360ml)
400ml
炊き方
  1. 米をボールに入れ、たっぷりの水を注ぎ、手で2〜3回さっとかき混ぜてすぐに水を捨てる。
  2. 再び米に水をたっぷり注ぎ、今度は10回ほどかき混ぜて水を捨てる。
    これを2〜3回繰り返す。(水の濁りが少なくなり、水の中で米がうっすら透けて見えるようになるまで繰り返す。)最後にザルに上げ、水気を切る。
  3. 2を鍋(フタがぴったり閉まる鍋)に入れ、水(400ml)を注ぎ、そのまま30分置く。
  4. 鍋にフタをしてを中火にかけ、沸騰したらそのまま1分保つ。泡が盛んに出てきたら弱火に落とし、10分炊く。火を止め、フタをしたまま10分置いて蒸らす。
    ヘラで軽く混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

鍋でご飯を炊く方法


【工程1・2】
最初に米を研ぎます(米を洗います)。

まず米(2合)にたっぷりの水を注ぎ、手早く2〜3回かき混ぜて、すぐに水を捨てます。

続いて再びたっぷりの水を注ぎ、今度は10回ほど混ぜて水を捨てます。
そしてこの作業(水を入れて10回かき混ぜて水を捨てる)を2〜3回繰り返し、水の濁りが少なくなって、水を入れた時に米がうっすら透けて見えるくらいにします。

最後にザルに上げてさっと水気を切ります。

【調理のポイント】
米を研ぐ(洗う)際には、1回目に注いだ水は、手早く2〜3回かき混ぜた後にすぐに捨てます。1回目の洗いには、米の表面に付いた糠をさっと洗い流す目的があります。

この工程で米を水に浸し過ぎると、その間に糠の臭いを米が吸ってしまうので、ご飯の味が落ちてしまいます。

米研ぎは、水の濁りが少なくなったら完了です。



【工程3】
次に米を鍋に入れ、水(400ml)を加え、そのまま30分ほど置いて吸水させます。

【調理のポイント】
米はあらかじめ30分ほど浸水させてから炊きます。

米に十分に吸水させると、米の芯まで熱が入りやすくなるので、ふっくらとしたご飯が炊けます。



【工程4】
30分経ったら、鍋を火にかけます。

鍋にぴったりフタをして中火にかけ、沸騰したら1分そのままの状態を保ちます。
1分経って泡が盛んに出るようになったら弱火に落とし、そのまま10分加熱します。

10分経ったら火を止め、フタをしたまま10分置いて蒸らします。

【調理のポイント】
火を止めたら、フタをしたまま10分蒸らします。

最後に蒸らすと、米の内部まで水分が均等に浸透するので、ふっくらとした美味しいご飯に仕上がります。



ご飯をヘラで軽く混ぜたら完成です。

普通の鍋でもご飯が簡単に炊けますよ。

ところで最後に、鍋(フライパン)でご飯を炊く方法をあともう1パターン紹介します。

ミシュランシェフの名雪寛己さんが考案した「蒸しご飯」です。
その名の通り、ご飯を炊くのではなく蒸します。
作り方はこちらもとても簡単。米と中華スープを器に入れ、湯を張ったフライパンに直にのせ、蒸すだけです。
甘味と旨味が際立った、高級感のあるご飯が出来ます。リンク先も合わせてご覧ください。

関連記事

ジャスミンライスの炊き方。ジャスミン茶で超簡単!炊飯器を使った作り方。

ジャスミンライスの超簡単な炊き方をご紹介します。ジャスミンライスとは、タイの高級米「香り米」を炊いたご飯のこと。この記事では、香り米を一切使…

米の測り方。米1合を計量カップ(米カップ)で測る方法。

お米の測り方をご紹介します。米一合を計量カップではかる方法です。お米を測るには、米専用の計量カップ(米カップ)を使います。米の計量カップの容…

旬の風味を堪能!グリンピースご飯のレシピ。2合・3合の炊き方を解説。

生のグリンピースを使った、グリンピースご飯のレシピをご紹介します。グリンピース(青豆)の収穫時期は、だいたい4〜6月頃。そうした時期に出回る…

栗ご飯の土鍋レシピ。2合3合の炊き方!栗を軽く茹でるのがコツ。

土鍋を使った栗ご飯の炊き方をご紹介します。塩と酒だけで味付けした、飽きの来ない栗ご飯のレシピです。土鍋で炊くご飯はとても美味しいものですが、…

米1合は150g。炊き上がりは330gです。

米1合の重さは、150gです。炊き上がるご飯の量は、330gくらいになります。ちなみに茶碗1杯分のご飯は150gなので、米1合で、茶碗2杯分…

梅干しご飯のレシピ。梅だけで超旨い!味わい深い炊き込みご飯の作り方。

梅干しを使った、とても美味しいご飯のレシピをご紹介します。超シンプルな炊き込みご飯で、使う食材は、梅干しとお米の2つだけ。梅の風味を最大限に…

バスマティライスの炊き方。インドの香り米を伝統的な湯取り法で炊く!

バスマティライス(Basmati rice)の炊き方をご紹介します。バスマティライスとは、インディカ米の一種のこと。インドを中心に栽培されて…

甘栗の栗ご飯レシピ。むき栗で超簡単!1年中楽しめるお手軽栗ご飯。

甘栗で作る栗ご飯のレシピをご紹介します。コンビニでも買える「むき甘栗」を使った、超簡単な栗ご飯。面倒な皮むきが不要なので、気負うことなく、気…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

梅干しの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。とうもろこしの甘みとバターのコクを活かした、人気の炊き込みごはんのレシピ…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使ったコーンスープで、濃厚な味わいが特徴。コンソメなどのだしを一切使わずに…

この分量がベスト!梅酒の基本の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

自家製梅酒のおすすめの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から梅酒を手作りしていますが、いろいろ試した中で「やっぱりこれが一番!」と思うレ…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とても簡単です。らっきょうをきれいに洗い、根元を切るなどして下ごしらえをし…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴ…

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

そら豆の美味しい茹で方を解説します。そら豆は、さやから取り出したあとに、薄皮に切れ目を入れ、ちょうど良い塩の量を加えて茹でると、旨みが引き立…

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

餃子の皮を使った美味しいピザのレシピをご紹介します。フライパン、ホットプレート、トースター、オーブン、グリル。これらを使った、5パターンの簡…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせることで、ニラ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

ピーマンとしめじを使った、手軽で美味しいおかずレシピをご紹介します。市販のだしの素を使った、ピーマンとしめじの炒めもの。ピーマンは表面がツル…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

最新記事

トースターで香ばしく!焼きとうもろこしのレシピ。バター醤油で風味UP

無限の美味しさ!キャロットラペのレシピ。日持ちが嬉しい作り置きおかず

簡単でおしゃれ!ピクニック弁当のレシピ。行楽にぴったりなお手軽おかず

旨みと酸味がクセになる!ハムと玉ねぎと人参のマリネ。作り置きにお勧め

丸ごと旨い!ピーマンの肉詰めレシピ。作り置きすると更に美味しさUP

トースターで香ばしく!焼きとうもろこしのレシピ。バター醤油で風味UP

オーブントースターを使った、焼きとうもろこしの簡単な焼き方をご紹介します。レシピのポイントは、とうもろこしをあらかじめ電子レンジで2分ほど加…

無限の美味しさ!キャロットラペのレシピ。日持ちが嬉しい作り置きおかず

人参を使った人気料理、キャロットラペのおすすめレシピをご紹介します。人参1本だけで作れるシンプルな人参ラペ。作り方は簡単で、千切りにした人参…

簡単でおしゃれ!ピクニック弁当のレシピ。行楽にぴったりなお手軽おかず

おしゃれで簡単なピクニック弁当のレシピと、お弁当箱への詰め方をご紹介します。定番のおかずを多く含んでおり、また、味付けも万人受けするように工…

旨みと酸味がクセになる!ハムと玉ねぎと人参のマリネ。作り置きにお勧め

作り置きにぴったりの、手軽で美味しいマリネのレシピをご紹介します。具材に使うのは、玉ねぎと人参とハムの3種類。酢やオリーブオイルなどで味付け…

丸ごと旨い!ピーマンの肉詰めレシピ。作り置きすると更に美味しさUP

ピーマンを丸ごと使った、肉詰めのおすすめレシピをご紹介します。ピーマンを焼くのではなく「煮る」レシピになっていて、煮汁につけながら加熱するこ…