手巻き寿司の簡単レシピ。平野レミさんの韓国風パーティー料理。

投稿日:2018年3月20日 更新日:

手巻き寿司 おもてなし

パーティーにぴったりの手巻き寿司のレシピをご紹介します。

料理愛好家の平野レミさんが考案した「みんなで手巻き寿司」です。

この手巻き寿司のメインの具材は「マグロユッケ」と「甘辛牛肉」。
どちらも韓国風のこってりとした甘辛味で、少し淡めに味付けした酢飯とよく合います。

ちなみにマグロは、安い切り落としでもOK。
サラダ油を加えると、高級マグロのようなコクと、トロのようなとろっとした食感が出て美味しくなります。

調理時間は25分です。

(一部情報元:TVKテレビ「レミさんちの食卓」2018年3月16日放映)

手巻き寿司の作り方

手巻き寿司の具

「みんなで手巻き寿司」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間25分】
マグロユッケ
マグロ 300g
松の実 大さじ4
にんにく 2片
サラダ油 大さじ2
コチュジャン 大さじ2
醤油 大さじ2
味噌 大さじ2
卵黄 2個
甘辛牛肉
牛ロース薄切り肉 100g
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
白すりごま 大さじ1
サラダ油 適量
酢飯
ご飯 1※ 500g
すし酢 大さじ2
付け合わせ 2※
卵焼き 適量
納豆 適量
キムチ 適量
きゅうり 適量
かいわれ大根 適量
サンチュ 適量
大葉 適量
焼き海苔 適量

1※ 少しかために炊く。
2※ 好みの付け合わせで代用可。

作り方
  1. 【酢飯】ご飯をボールに入れ、すし酢を混ぜる。
  2. 【マグロユッケ】松の実をフライパンで3分ほど香ばしく炒る。
    にんにくをみじん切りにし、マグロと松の実を一緒に包丁で叩く。
    マグロユッケの材料すべてを混ぜ合わせる。
  3. 【甘辛牛肉】フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を炒める。牛肉の色が変わってきたら醤油・砂糖・白すりごまを加え、炒め合わせる。
  4. 1・2・3を皿に盛り、付け合わせを添えたらできあがり。海苔で巻いていただく。

写真をもとにレシピを説明します。

手巻き寿司の作り方

手巻き寿司の作り方
【工程1:酢飯を作る】
まず少しかために炊いたご飯(500g)をボールに入れ、すし酢(大さじ2)を回しかけます。


手巻き寿司の作り方
そしてご飯の水分を飛ばすようにして、しゃもじで手早く切るように混ぜます。

これで酢飯が出来ました。

ちなみにこの酢飯は、すし酢の量がやや控えめです。具材がしっかりめの味に仕上がるので、味付けは少し淡めになっているそうです。


手巻き寿司の作り方
【工程2:マグロユッケを作る】
次に松の実(大さじ4)をフライパンで炒ります。
時間はだいたい3分くらい。薄っすらと色付くまで炒ります。

【調理のポイント】
松の実はあらかじめ炒って香ばしくします。

手巻き寿司の作り方
次ににんにく(2片)をみじん切りにします。(写真上)
ちなみににんにくの皮をむく時は、にんにくを「ボールの底でぶっ叩く」といいですよ。
これは「レミさん流のにんにくの皮のむき方」で、一発で皮がするっと取れます。詳しくはリンク先をごらんください。

続いてマグロ(300g)と炒った松の実を一緒に包丁で叩きます。(写真下)
マグロは、安い切り落としを使っても美味しく出来ます。


手巻き寿司の作り方
次にマグロユッケの材料すべて(包丁で叩いたマグロと松の実、みじん切りにしたにんにく、サラダ油:大さじ2、コチュジャン:大さじ2、醤油:大さじ2、味噌:大さじ2、卵黄:2個)を混ぜ合わせます。

【調理のポイント】
サラダ油を加えると、高級マグロのようなコクと、トロのようなとろっとした食感が出て美味しくなります。

手巻き寿司の作り方
【工程3:甘辛牛肉を作る】
次にフライパンにサラダ油(適量)を熱し、牛ロース薄切り肉(100g)をさっと炒めます。

そして牛肉の色が変わってきたら、醤油(大さじ1)・砂糖(大さじ1)・白すりごま(大さじ1)を回し入れます。(上の写真)


手巻き寿司の作り方
味を全体に絡めたら甘辛牛肉の完成です。

ちなみに甘辛牛肉の出来上がりの量は、やや少なめになっていますので、必要だったら好みで分量を調整してください。


手巻き寿司 おもてなし
【工程4】
酢飯と「マグロユッケ」と「甘辛牛肉」を皿に盛り、付け合わせと焼き海苔を添えたらできあがり。

写真中央に写っている小鉢の具材を上から順に紹介すると、キムチ・甘辛牛肉・マグロのユッケ・納豆です。

ちなみに白髪ねぎ(写真右下)は、包丁を使って作るのが最も一般的ですが、フォークを使った5秒でできる方法も紹介しています。簡単に作りたい方は、リンク先もご覧ください。


手巻き寿司の具
マグロのユッケは、こってりとした甘みとコクのある味付けで、辛さは控えめ。
トロのようなとろっとした舌触りが印象的です。

松の実の香ばしい風味が良いアクセントになっています。


手巻き寿司の作り方
また甘辛牛肉は、ごまの風味を効かせた韓国風の甘辛味で、そのまま食べても美味しいです。

お弁当のおかずとしてもおすすめです。


手巻き寿司の作り方
風味豊かな韓国風の具材をメインにした、パーティーにぴったりの手巻き寿司です。
とても美味しいですよ。

ところで最後に、パーティーにおすすめの手巻き寿司のレシピをあと2品ご紹介します。

まず最初におすすめするのは、テレビでもお馴染みの和のミシュランシェフ、村田明彦さんが考案した「4種の手巻き寿司」です。
4種類の具材をすべて挙げると、「納豆たくあんチーズ」「ガリトマト」「アボカドツナ ちょい醤油」「生ハムユッケ風」です。
変わった具材ばかりなので話のタネになりますし、どれも上品な味わいで美味しいです。
また材料費が安上がりで、調理が簡単なところも魅力的。10分程度で4品すべて作れますよ。

次にご紹介するのは、家事えもんの「新定番 手巻き寿司」です。
もともと子供向けに考案された手巻き寿司なので、当サイトではひな祭りのおすすめレシピとして紹介していますが、子供が主役のパーティーにもいいですよ。
具材は「塩昆布&クリームチーズ」と「サーモン&卵焼き&キウイ」の2種類です。
どちらも食材の組み合わせの相性が良く、子供でも食べやすい、親しみやすい味に仕上がります。

関連レシピ