新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

投稿日:2013年6月22日 更新日:

新生姜の甘酢漬け(ガリ)

レシピ動画

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。

お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。
ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴったりな生姜漬けのレシピです。

新生姜の甘酢漬け(ガリ)のレシピ 作り方は超簡単で、薄くスライスした新生姜をさっと湯がき、甘酢に浸したら完成です。

漬かるまでの時間はわりと早く、次の日にはもう食べられます。

味の変化を楽しめる

生姜の酢漬けは市販品も人気がありますが、手作りするメリットは、時間の経過に伴う味の変化を楽しめることです。

出来たては、生姜のピリッとした辛さが魅力的。
日が経つにつれて、味が馴染んでマイルドになっていきます。

味の調整も勿論できるので、甘くないのがお好みなら、砂糖の量を減らして漬ければOKです。

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の保存期間 がりの日持ちは、冷蔵保存で半年ほど。

箸休めとして重宝するので、作り置きしておくと便利ですよ。


新生姜の甘酢漬け(ガリ)

「生姜の甘酢漬け(ガリ)」のレシピです。

今回ご紹介するレシピは、新生姜150g分になっています。
新生姜の量を変える場合は、その量に応じて、調味料の分量も変更してください。

たとえば、300g分を作りたい場合は、全分量を単純に2倍にします。

材料

調理時間10分/一晩置く
新生姜 150g
米酢 70ml
砂糖 大さじ3(27g)
小さじ2/3


作り方

生姜の下ごしらえ
【工程1】
最初に、新生姜(150g)の下処理をします。

まず、ピンク色の先端部分を少し切り落とします。

ピンク色の部分は、あまり長いと、仕上がりの食感がやや損なわれますし、また、汚れていることも多いです。

ただ、ピンク色の部分を完全に除いてしまう必要はありません。
少し残っているくらいが、見た目はむしろきれいに仕上がります。

ちなみに、新生姜のサイズが大きく、また形状も極端にいびつな場合は、あらかじめ手で割って小分けにしておくと、あとでスライスしやすくなります。


生姜の皮の取り方
次に、表面の茶色っぽくなっている皮だけを、スプーンで薄くこそげ取ります。

新生姜は、通年で入手できる普通の生姜(古根生姜)と比べて皮がとても薄いので、皮は基本的にはそのまま使います。

ただ、茶色っぽい部分は汚れていたり硬くなっていますので、その部分だけあらかじめ取り除きます。


生姜を水で洗う
続いて、生姜をさっと流水で洗います。


生姜の水気をキッチンペーパーで拭き取る
そして、キッチンペーパーなどを使って、水気をしっかり拭き取ります。


生姜をスライサーで薄切りにする
次に、新生姜をスライサーで繊維に沿って薄切りにします。

お寿司屋さんで出てくるガリらしい仕上がりにしたいのなら、スライサーを使って薄切りにするのがおすすめです。
そうすると、見た目も味も、いわゆるガリらしい繊細な仕上がりになります。

生姜の繊維の方向 切る方向は、この写真を参考にしてください。

生姜の繊維に沿うように切ると、食感がより良く仕上がりますし、見た目も良いのでおすすめです。

生姜を包丁で薄切りにする スライサーが無い場合は、包丁で薄切りにしてももちろんOKです。

包丁を使うとどうしても少し厚みが出るので、やや歯応えのある仕上がりになります。

お好みですが、それはそれでありですよ。


新生姜を鍋で茹でる
【工程2】
新生姜の下ごしらえが終わったら、鍋にたっぷりの湯を沸かし、生姜を1分ほどさっと茹でます。


茹でた新生姜をザルに上げる
そして、ザルに上げて粗熱を取ります。


甘酢の作り方
【工程3】
生姜の粗熱を取っている間に、甘酢を作ります。

米酢(70ml)・砂糖(大さじ3:27g)・塩(小さじ2/3)をボールに入れ、よく混ぜて砂糖を溶かします。

砂糖は、しばらく混ぜていればきれいに溶けてなくなりますが、少しくらい残っていても構いません。
漬けている間に、ちゃんときれいに溶けます。


茹でた新生姜の水気をしぼる
【工程4】
生姜の粗熱が取れたら、水気をきゅっと絞り、保存容器に入れます。

水気は少ししっかりめに絞ってください。


新生姜に甘酢を回しかける
そして、混ぜておいた甘酢を回しかけます。

甘酢を加えるとピンク色に

ガリといえば、優しいピンク色がとてもきれいです。
この段階ではまだ白っぽいだけですが、生姜に酢を加えてから少し時間が経過すると、ピンク色に変化します。


新生姜に甘酢を馴染ませる
そして、菜箸などで生姜をきれいに均し、フタをして、冷蔵庫に一晩置いたら完成です。

このままの状態だと、生姜が漬け汁からアタマを出した状態なので、翌日食べる時には、ひっくり返して、よく浸かった部分から食べ始めるといいです。


新生姜の甘酢漬け(ガリ)の保存
長期保存する場合は、保存袋に入れ、空気を抜いて密閉すると安心です。
こうすると、冷蔵庫のスペースも取りません。

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の賞味期限

この生姜の甘酢漬けは、保存袋に入れると、冷蔵保存で半年ほど日持ちします。


新生姜の甘酢漬け(ガリ)
砂糖の甘みが加わることで、生姜の辛みと酢の酸味がやわらいで、食べやすさが大幅にアップします。

甘酸っぱい後味が口の中をリセットしてくれるので、箸休めにぴったり。
また、細かく切って、料理の具材にしても美味しいですよ。


ところで、新生姜が余ったら、「紅しょうが」を手作りするのもおすすめです。

新生姜を使った紅しょうが 作り方は、こちらもとても簡単です。
新生姜をさっと茹で、梅酢と砂糖を混ぜて、一晩置くだけです。

作り置きしておくと、ご飯のお供にしたり、細かく刻んでおにぎりの具材にしたり、ラーメンや牛丼の付け合わせにしたりと大活躍します。

関連レシピ