やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

投稿日:2013年6月22日 更新日:

紅生姜(紅しょうが)

紅しょうがの作り方をご紹介します。

塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。

紅ショウガ作りのコツ

紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。

1つめは、新生姜をサッと茹でてから使うこと。

2つめは、梅酢の使用量を必要最小限に抑えること。

3つめは、砂糖を少量加えることです。

砂糖を少し加えても、甘くなるわけではありません。
生姜と梅酢のカドが取れて、マイルドな味に仕上がります。

梅酢とは

ちなみに、梅酢とは、梅干し作りの際に出る、梅のエキスのことです。

塩分をたっぷりと含んでいるので塩辛く、保存性に優れています。

そして、生姜を梅酢漬けにしたものが、紅生姜です。

生姜を梅酢に漬けるだけだと塩気と辛みが際立ちますが、今回ご紹介する紅しょうがは、そうしたエグミを抑えているので、食べやすさが大幅にアップしています。

保存袋に入れて冷蔵すれば半年ほど日持ちしますし、漬けたら翌日から食べられますので、旬の新生姜を使ってぜひ手作りしてみてください。

紅生姜のレシピ

「紅生姜」の作り方です。

材料【調理時間10分】
新生姜 150g
梅酢 ※ 大さじ2
砂糖 小さじ2

※詳しくは文中参照。

作り方
  1. 生姜のピンク色の先端部分を少し切り、皮の茶色い部分をスプーンで薄くこそげ取る。
    流水で軽く洗い、水気をしっかり拭き取り、細切りにする。
  2. 鍋に湯を沸かし、新生姜を1〜3分茹でる。ザルに上げ、粗熱を取る。
  3. 梅酢と砂糖を混ぜる。
  4. 新生姜の水気をしっかり絞り、保存袋に入れる。3を加え、袋の中の空気を抜き、冷蔵庫に一晩置いたらできあがり。
    冷蔵保存で半年ほど日持ちする。

写真をもとにレシピを説明します。



【工程1】
最初に、新生姜(150g)の下処理をします。

新生姜のサイズが大きく、また形状も極端にいびつな場合は、あらかじめ手で割って小分けにします。

続いて、ピンク色の先端部分を少し切り落とします。
ピンク色の部分は、あまり長いと、仕上がりの食感がやや損なわれますし、また、汚れていることも多いです。



次に、表面の茶色っぽくなっている皮だけを、スプーンで薄くこそげ取ります。

新生姜は、通年で入手できる普通の生姜(古根生姜)と比べて皮がとても薄いので、皮は基本的にはそのまま使います。

ただ、茶色っぽい部分は汚れていたり硬くなっていたりするので、その部分だけあらかじめ取り除きます。



続いて、生姜をさっと流水で洗います。



そして、キッチンペーパーなどを使って、水気をしっかり拭き取ります。



次に、新生姜を細切りにします。

細切りにするには、まず新生姜を、上の写真のように、繊維に沿って3ミリくらいの薄切りにします。

生姜の繊維は、写真のように縦に通っているので、この方向に切ってください。

そうすると、生姜の食感がいい感じに出ますし、見た目もいいです。


生姜を薄切りにしたら、少しずつ重ねて並べます。


そして、端から3ミリくらいの幅に切ります。

これで、生姜の細切りができました。



【工程2】
次に、鍋に湯を沸かし、新生姜を1〜3分ほど茹でます。

茹で時間はお好みで

生のままの新生姜を梅酢に漬けると、生姜のピリッとした辛さが前面に出て、けっこう刺激的な味に仕上がります。

そうした刺激が苦手な場合は、さっと茹でて、辛みを抜いてから漬けるのがおすすめです。

1分だったらやや辛味が残りやすく、3分だったらよりマイルドに仕上がります。
お好みで試してみてください。



生姜を茹でたら、ザルに上げて水気を切り、粗熱を取ります。



【工程3】
続いて、梅酢(大さじ2)と砂糖(小さじ2)を混ぜます。

砂糖を少量加えると、味がマイルドになり、食べやすくなります。
生姜と梅酢の味がもともと強いので、これくらの量だったら、甘い紅生姜になることはありません。

赤梅酢と白梅酢

ちなみに、梅酢には「赤梅酢」と「白梅酢」の2種類あります。

右の写真のように、梅の汁(梅干しを作る際に出た梅のエキス)に赤しそを加えて作ったものが「赤梅酢」。

加えないものが「白梅酢」です。


このうち、一般的なのは「赤梅酢」ですが、紅しょうが自体はどちらの梅酢を使っても作れます。

ただ、紅生姜の鮮やかなピンク色は「赤梅酢」の色によるものなので、せっかく手作りするのであれば、「赤梅酢」を使うのがおすすめです。

市販品の梅酢も便利

また、梅酢は、梅干しを作ったあとに出るエキスを使ってもいいですけど、市販の梅酢を使っても美味しく作れます。

梅酢は、ごく普通のスーパーでは入手しにくいかもしれないので、ない場合は、自然食品店を覗いてみてください。

かなりの確率で、昔ながらの梅酢が置いてありますよ。



【工程4】
最後に、新生姜の水気をしっかり絞り、保存袋に入れます。



そして、混ぜておいた梅酢を加えます。



袋の中の空気を抜き、冷蔵庫に一晩置いたら完成です。

この紅生姜のレシピは、梅酢の量を必要最小限にしてあるので、容器ではなく、袋に入れて空気をしっかり抜いて保存してください。
そうすると、生姜が梅酢に完全に浸かった状態がキープできるので、冷蔵保存すれば、半年ほど日持ちします。



この紅しょうがは、塩気は控えめで、梅酢独特のエグミはまったくありません。

また、砂糖でマイルドな味に仕上げつつも、辛みは適度に残っているので、噛むと、ほどよい刺激が口の広がります。

そのままご飯のお供にしてもいいですし、細かく刻んで、ごまや青のりと一緒におにぎりの具材にするのもおすすめ。
ラーメンや牛丼のトッピングにしたり、あるいは、油で揚げて天ぷらにするのもいいですよ。

新生姜の甘酢漬け

ところで、新生姜で保存食を作るのなら、「生姜の甘酢漬け(ガリ)」もおすすめです。

こちらも、今回紹介した紅生姜と同じくらい簡単に作れます。

新生姜をさっと茹で、酢・砂糖・塩を混ぜたら完成。
冷蔵保存で半年ほど日持ちします。

作り置きしておくと、ちょっとした箸休めにいいですよ。

10分
新生姜米酢砂糖

作り方を見る

関連記事

紅しょうがの作り方。古根生姜でつくっても、意外と美味しいです。

今回は、紅しょうがをつくりました。一般的な紅しょうがとの違いは、新生姜ではなく、古根生姜(ふるねしょうが)を使っているということ。…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食…

生姜のみじん切りの方法。包丁&簡単フードプロセッサー!冷凍保存も可。

生姜をみじん切りにする方法を動画でご紹介します。包丁を使った基本のみじん切りと、フードプロセッサーを使った簡単なみじん切りの2パタ…

いわしの刺身レシピ。鰯の生食ならやっぱりこれ!刺身の切り方も解説。

鰯(イワシ)の刺し身のレシピをご紹介します。いわしを刺身にする時のおろし方には、大きく分けて2種類あります。1つめは「3枚おろし」…

いわしのなめろうの作り方。味噌だけで旨い!風味豊かなシンプルレシピ。

いわしのなめろうの作り方をご紹介します。刺身用いわしを軽く刻み、みじん切りにした大葉とねぎと生姜をプラス。味噌を加え、包丁で叩くだ…

鮭の炊き込みご飯。塩鮭で鮭ご飯!きのこと人参たっぷりの具沢山レシピ。

鮭ご飯のレシピをご紹介します。塩鮭を使った、具だくさんの炊き込みご飯。塩鮭にしめじと人参を合わせ、調味料と一緒に炊飯器で炊いたら完…

ピリッとコク旨!生姜の味噌汁レシピ。ダイエットや冷え性にもおすすめ。

生姜を使った、美味しくてヘルシーな味噌汁のレシピをご紹介します。生姜は、ダイエットや冷え対策にぴったりの食材です。ただし、生ではな…

さんまの梅煮のレシピ。丸ごとの梅干しでさっぱり仕上げ!簡単な作り方。

さんまの梅煮のレシピをご紹介します。さんまを醤油や砂糖などで甘辛く味付けして、梅干しと一緒に10分ほど煮詰めてつくるお料理です。こ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…