やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

生姜の味噌汁のレシピ4選。ダイエットや冷え性におすすめ。

投稿日:2018年10月2日 更新日:

生姜を使った味噌汁の具のバリエーションを4品ご紹介します。

ダイエットや冷え対策には、生姜がぴったりです。
ただし、生ではなく、加熱した生姜。
というのも、生と加熱済みとでは、期待できる効果がまったく異なるからです。
加熱した生姜には、脂肪を燃焼させて体の芯からポカポカと温める効果がありますが、生の生姜にはそういう効果は期待できません。
ダイエットや冷え性対策が目的なら加熱した生姜がおすすめです。

今回紹介する味噌汁はすべて、生姜を加熱するレシピになっています。
特に、1番めの味噌汁は生姜をたっぷり使っていて美味しいです。

生姜の効果については、この記事の冒頭で手短に説明しています。
そちらも合わせてご覧ください。

生姜の味噌汁の効果

生のしょうがと加熱したしょうがには、次のような違いがあります。
ざっくり言うと、殺菌作用を目的に食べるなら生のしょうが、ダイエットや冷え性対策が目的なら加熱したしょうがです。

生のしょうが

生のしょうがに多く含まれているのは、ジンゲロールという成分です。
このジンゲロールには殺菌作用のほかに血流を良くする効果があるのですが、血行が一時的に良くなるため、汗が出て逆に体を冷やしてしまうこともあるようです。

加熱したしょうが

一方で、加熱したしょうがに多く含まれているのは、ショーガオールという成分です。
ショーガオールは、しょうがを加熱することによりジンゲロールが変化して生まれる成分で、この成分には、糖質や脂肪を燃焼させて内側から熱を作る効果があるんです。
「しょうがを食べると体がポカポカする」というのは、このショーガオールの働きによるもの。ダイエット効果も期待できます。

ショウガオールの効果は次のとおりです。

  • ダイエット・冷え対策
  • 血行促進
  • 免疫力アップ
  • 抗酸化作用
  • 解毒作用など

また、最も効果が出るのは、しょうがを80度くらいで調理したときなんだそうです。
100度を超えると効果が弱くなるそうなので、注意してください。

【しょうがの効果の情報元】
料理研究家・浜内千波 著「調理の新常識
東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部 監修「その調理、9割の栄養捨ててます!

生姜たっぷり味噌汁ダイエット・冷え対策におすすめ

それでは、最初にご紹介するレシピは「炒めしょうがの白みそ汁」です。
このレシピはしょうがをたっぷりと使っているので、ダイエットや冷え対策に特におすすめです。
しかも美味しい。
料理家の栗原心平さんのレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間6分】
しょうが 2片
絹豆腐 1/2丁
万能ねぎ 適量
ごま油 小さじ1
かつおだし汁 600cc
白味噌 大さじ4
薄口醤油 大さじ1
作り方
  1. しょうがは皮付きのまま薄切りにする。
  2. 熱した鍋にごま油を引き、しょうがを強火で炒める。
    しょうががクタッとしたら、かつおだし汁を加え、ひと煮立ちさせる。
  3. 沸騰したら白味噌を溶き入れ、薄口醤油を加える。さらに絹豆腐を手で一口大にちぎりながら加える。
  4. 器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、しょうが(2かけ)を皮付きのまま薄切りにします。

ちなみにしょうが(1かけ)は、だいたい15gくらい。2かけだと30g。たっぷり使います。

しょうがのぽかぽかのもとになる「ジンゲロール」は、皮付近に多く含まれるので、できるだけ皮をむかずにそのまま使う方が良いようです。



【工程2】
次に、熱した鍋にごま油(小さじ1)を引き、しょうがを強火で炒めます。(上の写真)

しょうががクタッとしたら、かつおだし汁(600cc)を加えます。

【調理のポイント】
しょうがをあらかじめ油で炒めると、刺激的な辛味が和らぐとともに、油のコクが加わって美味しくなります。

しょうがを生のまま味噌汁に添えると、しっかりと香りが立って辛味が際立ちますが、加熱すると、優しい風味に変わるので食べやすくなります。



そしてひと煮立ちさせます。



【工程3】
沸騰したら白味噌(大さじ4)を溶き入れます。

ちなみに白味噌とは、西京味噌を代表とする白っぽい味噌のことです。
熟成期間が短く、甘みがあり、塩気が弱いのが特徴です。



続いて薄口醤油(大さじ1)を加えます。

【調理のポイント】
薄口醤油を少し加えると、味が引き締まり、ご飯と良く合う味噌汁ができます。

白味噌は塩気が控えめなので、薄口醤油の塩分を補って味を整えます。



そして絹豆腐(1/2丁)を手で一口大にちぎって加えます。



これで完成です。



器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らしていただきます。

しょうがのシャキシャキ感とピリッとした辛さがアクセントになった、輪郭のはっきりした味の味噌汁ができます。
ごま油のコクと白味噌のまろやかな味が、しょうがの風味とすごく良く合います。

しょうがはたっぷり使いますが、その割に辛さは優しいです。
栗原さんもおっしゃっていたことですが、子供でも飲みやすい味噌汁ですよ。

(レシピ情報元:テレビ東京「男子ごはん」2018年9月16日放映)

生姜と豚肉の味噌汁生姜チューブで手軽に

ところで、生姜の味噌汁は、生姜チューブでも作れます。

栄養効果は生の生姜の方が上だと思いますが、面倒な場合は、チューブを利用するのもアリですよ。

次に生姜チューブを使った「生姜と豚肉の味噌汁」のレシピをご紹介します。

材料【2人分:調理時間6分】
豚こま切れ肉 60g
大根 80g
長ねぎ 20g
生姜チューブ 適量
和風だし汁※ 400ml
味噌 大さじ1と1/3

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. 豚こま切れ肉を食べやすい大きさに切る。大根を細切りにし、長ねぎを斜め薄切りにする。
  2. 1・生姜チューブ・和風だし汁を鍋に入れ、火にかける。
  3. 沸騰したらアクを取って火を弱め、全体に火が通るまで1〜2分加熱する。
    火を止めて味噌を溶き入れたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、豚こま切れ肉(60g)を食べやすい大きさに切ります。

そして大根(80g)を細切りにし、長ねぎ(20g)を斜め薄切りにします。



【工程2】
豚こま切れ肉・大根・長ねぎ・生姜チューブ(適量)・和風だし汁(400ml)を鍋に入れ、火にかけます。

生姜チューブはお好みの量を使ってください。
生姜の辛さが苦手な方には、2センチくらいがおすすめです。



【工程3】
沸騰したらアクを取って火を弱め、全体に火が通るまで1〜2分加熱します。



最後に火を止めて、味噌(大さじ1と1/3)を溶き入れたら完成です。

味噌の量はやや控えめになっていますので、お好みで調整してください。



生姜のほんのりとした風味で、さっぱり美味しくいただけます。


最後に生姜を使った味噌汁のレシピをあともう2品ご紹介します。

生姜を味噌汁に入れるのなら、肉や魚と合わせると相性がいいですよ。

生姜とニラとベーコンの味噌汁

「ニラとベーコンのみそ汁」は、ほんのりと生姜が香る、超具だくさんの味噌汁です。

ニラをたっぷり使います。

材料【2人分:調理時間3分】
ベーコン 1枚
にんじん 1/3本
しょうが 1かけ
ニラ 80g
和風だし汁※ 300ml
味噌 大さじ1

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. ベーコンは短冊切りにする。にんじんは細切りにし、しょうがはせん切りにする。にらは4cmの長さに切る。
  2. ベーコン・にんじん・しょうが・だし汁を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。1分ほど加熱して、具材に火を通す。
  3. ニラを加えて火を止め、味噌を溶かしたらできあがり。

この味噌汁は、2人分でニラを4/5束も使います。
食べ応えがありますよ。

生姜とマグロの味噌汁

生姜は魚を使った味噌汁にもぴったりです。

最後に「まぐろの味噌汁」のレシピをご紹介します。

材料【2人分:調理時間8分】
まぐろの刺身のあら 100g
玉ねぎ 1/2個
しょうが 1かけ
大さじ1
和風だし汁※ 300ml
味噌 大さじ1

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. まぐろを一口大に切る。玉ねぎは一口大に切り、しょうがはせん切りにする。
  2. 玉ねぎ・しょうが・酒・だし汁を鍋に入れ、フタをしてひと煮立ちさせる。
    まぐろを加え、アクを取り除きながら、玉ねぎがやわらかくなるまで4〜5分加熱する。
  3. 火を止めて味噌を溶かす。好みで小ねぎの小口切りを散らしたらできあがり。

マグロがたっぷり入った、おかず感覚で食べられる味噌汁です。

ちなみに、最後に紹介した2品は、テレビで話題になった味噌汁をアレンジしたレシピです。
それぞれのもとになっているレシピは、「ニラとベーコンの味噌汁」と「まぐろの味噌汁」です。
長生きしたい方におすすめのおいしい味噌汁です。
リンク先もぜひご覧ください。

関連記事

おかず味噌汁の具沢山レシピ10選。ダイエット向けみそ汁も紹介!

おかず味噌汁のおすすめレシピを10品ご紹介します。おかず味噌汁とは、おかずの代わりになるくらい超具沢山の、食べ応えのある味噌汁のこと。これ1…

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。それぞれの保存法を…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…

味噌汁の作り方。だしの素で簡単!どんな具材にも使える基本レシピ。

味噌汁の簡単な作り方を動画でご紹介します。ほんだし(だしの素)を使った、味噌汁の基本レシピ。どんな具材にも使える、定番の作り方です。味噌汁を…

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キャベツの芯…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…