やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ピリッとコク旨!生姜の味噌汁レシピ。ダイエットや冷え性にもおすすめ。

投稿日:2018年10月2日 更新日:

生姜を使った、美味しくてヘルシーな味噌汁のレシピをご紹介します。

生姜は加熱して食べる

生姜は、ダイエットや冷え対策にぴったりの食材です。
ただし、生ではなく、加熱した生姜。

というのも、生と加熱済みとでは、期待できる効果がまったく異なるからです。
加熱した生姜には、脂肪を燃焼させて体の芯からポカポカと温める効果がありますが、生の生姜にはそうした効果は期待できません。

ダイエットや冷え性対策が目的なら加熱した生姜がおすすめです。

生姜の味噌汁の効果

生のしょうがと加熱したしょうがには、次のような違いがあります。
ざっくり言うと、殺菌作用を目的に食べるなら生のしょうが、ダイエットや冷え性対策が目的なら加熱したしょうがです。

生のしょうが

生のしょうがに多く含まれているのは、ジンゲロールという成分です。
このジンゲロールには殺菌作用のほかに血流を良くする効果があるのですが、血行が一時的に良くなるため、汗が出て逆に体を冷やしてしまうこともあります。

加熱したしょうが

一方で、加熱したしょうがに多く含まれているのは、ショーガオールという成分です。
ショーガオールは、しょうがを加熱することによりジンゲロールが変化して生まれる成分で、この成分には、糖質や脂肪を燃焼させて内側から熱を作る効果があるんです。

「しょうがを食べると体がポカポカする」というのは、このショーガオールの働きによるもの。
ダイエット効果も期待できます。

ショウガオールの効果は次のとおりです。

  • ダイエット・冷え対策
  • 血行促進
  • 免疫力アップ
  • 抗酸化作用
  • 解毒作用など

生姜たっぷり味噌汁

こちらは、「ピリッとコク旨!炒めしょうがの味噌汁」のレシピです。
この味噌汁は、しょうがをたっぷりと使っているので、ダイエットや冷え対策に特におすすめです。

材料【2人分:調理時間6分】
皮をむいたしょうが 15g
長ねぎ 30g(1/3本)
絹豆腐 200g(1/2丁)
ごま油 大さじ2/3
かつおだし※ 350ml
味噌 大さじ1強

※水350mlにだしの素小さじ1を溶かして使ってもOK。



【工程1】
まず、しょうが(皮なし15g)を千切りにして、長ねぎ(30g:1/3本)を小口切りにします。



【工程2】
次に、小さめのフライパン(もしくは鍋)にごま油(大さじ2/3)を引き、しょうがと長ねぎを加えて、中火〜弱めの中火で2分ほどじっくり炒めます。

【調理のコツ】
しょうがをあらかじめ油で炒めると、刺激的な辛味が和らぐとともに、油のコクが加わって美味しくなります。

しょうがを生のまま味噌汁に添えた場合は、しっかりと香りが立って辛味が際立ちますが、加熱してから加えると、優しい風味に変わるので食べやすくなります。

また、長ねぎを一緒に加えると、生姜との一体感が出て、生姜の食感や風味が味噌汁に馴染みやすくなります。



【工程3】
しょうがと長ねぎを炒めたら、かつおだし(350ml)を加えます。

かつおだしは、鰹節から取った本格的なものを使うと美味しいですけど、面倒な場合は、水(350ml)に顆粒だしの素(小さじ1)を溶かして使ってもOKです。



続いて、絹豆腐(200g:1/2丁)を手で一口大にちぎりながら加え、ひと煮立ちさせます。

豆腐は、大きさがある程度ランダムで少し細かく砕けたものも混ざっていた方が、生姜との味馴染みがいいです。



味噌(大さじ1強)を溶かし入れたら完成です。



炒めたしょうがの優しい辛みがいい感じ。
しっかりとした風味がありつつも、とても飲みやすい味に仕上がります。

ごま油の香りと豆腐のまろやかな味も加わって、ピリッとコク旨な味を楽しめますよ。

生姜味噌汁のバリエーションあと3品

ここからは、生姜を使った味噌汁のバリエーションをご紹介します。

生姜と豚肉の味噌汁

生姜の味噌汁は、「生姜チューブ」でも作れます。
栄養効果は、生の生姜の方が上ですけど、面倒な場合は、チューブを利用するのも十分アリです。

こちらは、生姜チューブを使った「生姜と豚肉の味噌汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間6分】
豚こま切れ肉 60g
大根 80g
長ねぎ 20g
生姜チューブ 適量
和風だし汁※ 400ml
味噌 大さじ1と1/3

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. 豚こま切れ肉を食べやすい大きさに切る。大根を細切りにし、長ねぎを斜め薄切りにする。
  2. 1・生姜チューブ・和風だし汁を鍋に入れ、火にかける。
  3. 沸騰したらアクを取って火を弱め、全体に火が通るまで1〜2分加熱する。
    火を止めて味噌を溶き入れたらできあがり。

チューブの生姜はもともと刺激が控えめなので、さっぱりと美味しくいただけます。


生姜とニラとベーコンの味噌汁

続いてご紹介するのは、生姜を使った超具だくさんなお味噌汁。
「ニラとベーコンのみそ汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間3分】
ベーコン 1枚
にんじん 1/3本
しょうが 1かけ
ニラ 80g
和風だし汁※ 300ml
味噌 大さじ1

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. ベーコンは短冊切りにする。にんじんは細切りにし、しょうがはせん切りにする。にらは4cmの長さに切る。
  2. ベーコン・にんじん・しょうが・だし汁を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。1分ほど加熱して、具材に火を通す。
  3. ニラを加えて火を止め、味噌を溶かしたらできあがり。

この味噌汁は、2人分でニラを4/5束も使います。
食べ応えがありますよ。


生姜とマグロの味噌汁

生姜は、魚を使った味噌汁にもぴったりです。

最後にご紹介するのは、「まぐろの味噌汁」です。

材料【2人分:調理時間8分】
まぐろの刺身のあら 100g
玉ねぎ 1/2個
しょうが 1かけ
大さじ1
和風だし汁※ 300ml
味噌 大さじ1

※和風顆粒だしを湯に溶いてもOK。

作り方
  1. まぐろを一口大に切る。玉ねぎは一口大に切り、しょうがはせん切りにする。
  2. 玉ねぎ・しょうが・酒・だし汁を鍋に入れ、フタをしてひと煮立ちさせる。
    まぐろを加え、アクを取り除きながら、玉ねぎがやわらかくなるまで4〜5分加熱する。
  3. 火を止めて味噌を溶かす。好みで小ねぎの小口切りを散らしたらできあがり。

マグロがたっぷり入った、おかず感覚で食べられる味噌汁です。
生姜を入れることで魚類独特の生臭さが抑えられるので、飲みやすさが格段にアップします。


以上、生姜の味噌汁のレシピについてお伝えしました。

加熱した生姜は、ダイエットや冷え性対策にぴったりの食材。
ぜひ、普段の献立に取り入れてみてください。

関連記事

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。保存食も紹介。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。それぞれ…

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

ほうれん草の冷凍保存。美味しさと栄養をキープ!上手な保存方法を紹介。

ほうれん草の上手な保存方法をご紹介します。ほうれん草は、冷凍することで長期間保存ができます。生のまま冷凍保存してもいいですし、茹で…

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満点の食べ方をご紹介します。大根の皮は、実は、栄養が豊富。大根に含まれている栄養素としては…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。…

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キ…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分に…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…