生姜を千切りにする方法。包丁・スライサーを使ったしょうがの切り方。

投稿日:2019年11月6日 更新日:

生姜を千切りにする方法

しょうがを千切りにする方法を、動画でご紹介します。

包丁を使った基本の千切りと、スライサーを使った簡単な切り方の2パターンです。

包丁を使った生姜の千切り

包丁を使う場合は、まず皮を剥いてから、生姜を1〜2ミリくらいの薄切りにします。

そして、薄切りにした生姜を少しずつずらしながら重ね、1〜2ミリくらいずつ端から切れば出来上がりです。

生姜の皮むきのやり方については、リンク先の動画を参考にしてください。


生姜をスライサーで千切りにする方法

こちらは、スライサーを使った、生姜の千切りです。

鍋の薬味や佃煮など、千切りにした生姜を大量に使う場合は、スライサーを使うのが便利です。

まったくのストレスフリーで、どんどん千切りにできますよ。

生姜の千切りは冷凍保存OK

ところで、千切りにした生姜が大量に残ったら、冷凍保存もできます。

生姜の千切りの冷凍保存
冷凍した生姜は、解凍せずにそのまま使えるので、保存袋に薄く伸ばして入れると使いやすいです。

袋の中の空気をしっかり抜いて冷凍すると、1ヶ月ほど日持ちします。

関連レシピ