辛くない!オニオンスライスのレシピ。切り方や辛味を取る方法を解説。

投稿日:2020年12月17日 更新日:

オニオンスライス

辛くない「オニオンスライスサラダ」のレシピをご紹介します。

玉ねぎの辛味を抜くコツは3つあります。

  • 繊維を断ち切るように薄切りにする。
  • 塩で揉む。
  • 水にさらす。

これらの作業をすべてこなすと、辛味がかなり抜けて、子供でも食べやすくなります。
逆に、辛い味が少しくらい残っている方が好きという場合は、塩もみの工程を省略して、水にさらすだけでもいいです。

ちなみに、春に出回り始める新玉ねぎを使うのなら、辛味を抜く必要はありません。
新玉ねぎは、辛味が少ないので、そのまま切るだけでも十分美味しく食べられます。

レシピ動画

「辛くない!オニオンスライス」のレシピです。

材料

4人分:調理時間15分
玉ねぎ 1個(200g程度)
小さじ1/6程度
鰹節・醤油・マヨネーズなど 好みで適量

作り方

オニオンスライスの切り方

玉ねぎを半分に切る
玉ねぎの頭を切り落とす

まず、玉ねぎ(1個)を縦半分に切り、頭の部分の外皮が集まっている箇所を少し切り落とします。


玉ねぎの根元を切る
玉ねぎの皮を剥く

次に、玉ねぎの根元に両サイドからV字の切れ目を入れて切り取り、皮をむきます。

根元の部分を切り取ると、繋がりが外れて玉ねぎがバラバラになるので、見た目がキレイですし、食感も繊細な感じに仕上がります。


玉ねぎを薄切りにする

続いて、玉ねぎの繊維を断ち切るように、横に薄切りにします。

繊維を断ち切るように薄切り

玉ねぎ切る方向は、下の写真を参考にしてください。

玉ねぎを切る方向
玉ねぎは、繊維に対して垂直に包丁を入れると、辛味を感じにくくなります。

より詳しく:玉ねぎの薄切り(切り方による違い)


塩もみして水にさらす

玉ねぎを塩で揉む

玉ねぎを切ったら、ボールに入れ、塩(小さじ1/6程度)を手で揉み込み、2〜3分置きます。

塩で揉む

玉ねぎを塩揉みすると、辛味が抜けやすくなります。

この工程は、玉ねぎの辛味がとても苦手な方におすすめします。
辛味も少しはあった方がいいという場合は、この工程を省略して、次に進んでください。


オニオンスライスを水にさらす

次に、玉ねぎをたっぷりの水にさらして、5〜10分置きます。

水にさらす

玉ねぎは、水に浸すことでも、辛さが抑えられます。
水に浸す時間が長いと、より辛味が抜けやすいと考えてください。

より詳しく:玉ねぎの辛味の抜き方


オニオンスライスをザルに上げる

最後に、ザルにあげて水気を切ります。

水気を手で絞ることもできますが、ザルの上で自然に水気を落とした方が、玉ねぎのみずみずしさが感じられていいですよ。


オニオンスライスサラダ

オニオンスライスを皿に盛り、お好みで、鰹節・醤油・マヨネーズをかけていただきます。

さっぱりとした味なので、こってりとした肉料理などの付け合わせにぴったりです。
また、日本酒や焼酎などのおつまみにするのもいいですよ。

関連レシピ