やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

玉ねぎの辛味の抜き方2パターン。水にさらす、もしくはそのまま放置。

投稿日:2018年10月15日 更新日:

玉ねぎの辛味の抜き方を2パターンご紹介します。

1つ目の方法は、「玉ねぎをスライスして水にさらす」です。
水にさらすことで特有の辛味成分が抜けて、生でも食べやすくなります。

玉ねぎを水にさらすメリットは3つあります。

  • 辛味・エグミ・臭みが抜ける
  • 変色が防げる
  • シャキッとする

玉ねぎを水にさらす時間は、5〜10分くらいがおすすめです。
あらかじめ塩もみしてから水にさらすと、より辛味が抜けて食べやすくなります。


玉ねぎの辛味をとるもう1つの方法は、「切った玉ねぎをそのまま放置する」です。

水にさらす方法とくらべると辛味はある程度残りますが、この方法のメリットは、玉ねぎの栄養が失われにくいことにあります。

玉ねぎを水にさらすと、辛味と一緒に栄養も流れ出てしまうんです。
ですから、玉ねぎの栄養を逃さず摂りたいという方には、この方法をおすすめします。

それでは、詳しく解説します。


玉ねぎを水にさらす方法玉ねぎの辛味が苦手な方にオススメ

最初に、玉ねぎを水にさらして辛味を取る方法をご紹介します。


【工程1】
まず玉ねぎを半分に切り、繊維を断ち切るように横に薄切りにします。

お好みでみじん切りにしてもいいですけど、スライスする場合は、上の写真のように繊維に対して垂直に包丁を入れた方が、辛味を感じにくくなります。

【調理のポイント】
玉ねぎは、繊維に対して垂直に包丁を入れると、辛味を感じにくくなります。

玉ねぎには「硫化アリル」という辛味成分が含まれています。
この成分は、玉ねぎが目にしみる原因にもなっています。

玉ねぎの繊維を断ち切るように包丁を入れると、細胞が壊れて「硫化アリル」が流出し、揮発しやすくなります。
そうすると、玉ねぎの辛味を感じにくくなります。



【工程2】
次にお好みで塩(少々)を振ります。

この工程は、玉ねぎの辛味がとても苦手な方におすすめします。
この工程を省いて次(工程3)に進んでも、玉ねぎの辛味はけっこう抜けます。



そして軽く塩揉みして、2〜3分置きます。

【調理のポイント】
玉ねぎはあらかじめ塩揉みすると、辛味が抜けやすくなります。


【工程3】
続いて玉ねぎにたっぷりの水を加えます。



そしてしばらく水にさらします。

時間は5分くらい。
玉葱の辛味をしっかり抜きたい場合は、10分くらい置くといいです。



【工程4】
最後に手で水気を軽く絞ったらお終いです。


辛くないオニオンスライスの作り方


水にさらした玉ねぎスライスをお皿に盛って、かつおぶしや醤油をかけるだけで、オニオンスライス(玉ねぎのサラダ)の完成です。

玉ねぎの辛味を完全に消すことはできませんが、それでもかなり食べやすくなっています。
「オニオンスライスは辛いから苦手!」という方でも、このサラダならイケると思います。

また、この玉ねぎは、かつおのたたきに添えても美味しいです。

新玉ねぎを使う場合

ちなみに新玉ねぎを使う場合は、辛味が弱いので、水にさらさずにスライスするだけで美味しく食べられますよ。

血液をサラサラにすると栄養が失われる理由

ところで、玉ねぎを水にさらすと、食べやすくなる反面、栄養は失われてしまいます。

玉ねぎを水にさらすと、硫化アリルやビタミンが流れ出てしまいます。

「硫化アリル」は、すでにお伝えした通り、玉ねぎの辛味成分です。
でも、それと同時に健康に良い成分でもあるんです。

「硫化アリル」には、血流改善・疲労回復・ビタミンB1の吸収率アップなどの健康効果があると言われています。

せっかくの栄養ですから、無駄なく摂りたいですよね。
最後に、玉ねぎを水にさらさずに辛味を抜く方法をご紹介します。

玉ねぎの辛味は、水にさらした方がしっかり抜けますが、栄養を無駄なく摂りたい方には次の方法がおすすめです。

栄養が損なわれにくい辛味の抜き方栄養を摂りたい方にオススメ

玉ねぎの栄養を無駄なく摂れる、辛味の取り方をご紹介します。


【工程1】
まず上の写真のように、スライスした玉ねぎを皿の上に広げます。

そしてこのまま15分ほど置きます。

玉ねぎは切ってから置くだけで、辛味が少し抜けます。

【調理のポイント】
玉ねぎは切ってしばらく置くと、辛味が抜けます。


よりしっかり辛味を抜きたい場合は、ラップをかぶせて冷蔵庫に入れ、1時間半〜2時間置くといいです。

この1時間半〜2時間という時間は、玉ねぎ博士こと、北翔大学名誉教授の西村弘行さんのおすすめです。
玉ねぎスライスをこれくらい置くと、辛味が抜けやすくなるだけでなく、血液をサラサラにする効果がよりアップするそうです。

その理由は、管理栄養士の赤石定典さんによると、玉ねぎの辛味成分(硫化アリル)が空気に触れることによって、血液サラサラ成分(アリシン)に変化するからだそうです。
(一部情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2018年9月25日放映、TBS「名医のTHE太鼓判!」2018年10月29日放映)

ただ、辛味の抜け具合は、水にさらす方が上です。
辛味がどうしても苦手という方には、水にさらす方をおすすめしますが、辛味もけっこう美味しいと思える方には、この西村さんの方法をおすすめします。

人気レシピ集食材

玉ねぎの人気レシピ(10品)

関連記事

辛くない!オニオンスライスのレシピ。切り方や辛味を取る方法を解説。

辛くない「オニオンスライスサラダ」のレシピをご紹介します。玉ねぎの辛味を抜くコツは3つあります。これらの作業をすべてこなすと、辛味がかなり抜…

じゃがいもを水にさらす理由。変色防止だけじゃない!浸ける時間も解説。

じゃがいも料理のレシピでは、下ごしらえとして、じゃがいもをあらかじめ水にさらすことがよくあります。勿論この工程にも意味があって、作る料理によ…

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満点の食べ方をご紹介します。大根の皮は、実は、栄養が豊富。大根に含まれている栄養素としてはビタミンC…

飴色玉ねぎの作り方。冷凍や電子レンジで簡単時短!保存方法も紹介。

飴色玉ねぎの簡単な作り方をご紹介します。飴色玉ねぎとは、飴色になるまで炒めた玉ねぎのこと。隠し味として料理に加えるだけでコクと旨味が格段にア…

玉ねぎの上手な保存方法。健康効果をアップさせる保存方法も紹介。

玉ねぎの理想的な保存の仕方をご紹介します。玉ねぎは、常温保存が基本で、風通しの良い冷暗所に置きます。ただ新玉ねぎや夏場の保存は、冷蔵庫がおす…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏胸肉カツのレシピ。叩いてから揚げる!柔らかチキンカツの作り方。

鶏胸肉を使ったチキンカツのおすすめレシピをご紹介します。少ない油で揚げ…

かいわれ大根の味噌汁レシピ。さっと加熱して食感UP!美味しい作り方

かいわれ大根を使った味噌汁のレシピをご紹介します。かいわれの爽やかな風…

塩胡椒だけで旨い!ほうれん草とウインナーソーセージ炒めの簡単レシピ。

ほうれん草とウインナーソーセージを使った、簡単で美味しいおかずレシピを…

かいわれ大根とツナのサラダ。マヨからしで風味UP!簡単2分レシピ。

かいわれ大根とツナを使った、簡単で美味しいサラダのレシピをご紹介します…

ぶりの照り焼きレシピ。フライパンでふっくら美味しく!基本の作り方。

ぶりの照り焼きのレシピをご紹介します。簡単に作れる基本レシピになってい…