玉ねぎをレンジで甘くする方法。時間は1/2個で3分。

投稿日:2016年6月29日 更新日:

玉ねぎ 電子レンジ 甘くする方法

電子レンジの専門家 肥後温子さんによると、玉ねぎは炒めるより、電子レンジでチンした方が圧倒的に甘くなります。

科学的に甘みの差を調べると、電子レンジで加熱した玉ねぎは、フライパンで炒めた玉ねぎの2倍の甘さに仕上がるそうです。

今日は、肥後さんがすすめる、玉ねぎを最大限甘くする加熱法をご紹介します。

(一部情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」電子レンジ博士の裏ワザ 2016年6月28日放映)

玉ねぎをレンジでチンすると甘くなる

玉ねぎ レンジ 電子レンジ

肥後さんがすすめる、玉ねぎを最大限甘くする加熱法です。

材料【1/2個分:調理時間3分】
玉ねぎ 1/2個(80g)
手順
  1. 玉ねぎ1/2個(80g)をスライスする。
  2. 1を耐熱皿にのせ、ラップをして電子レンジ(600w)で3分加熱したらできあがり。

ちなみに玉ねぎ1個(160g)の場合は、600wで6分程度の加熱時間になります。

このように玉ねぎを電子レンジで加熱すると、フライパンで炒めたものよりもずっと甘くなります。

その理由は、電子レンジとフライパンの加熱速度の差にあります。

玉ねぎの内部にすばやく熱を伝えられる電子レンジを使う方が、玉ねぎの辛味成分である「硫化アリル」が蒸発して消えやすくなるそうです。
その結果、玉ねぎが本来持っている甘みだけが残り、甘みが感じやすくなるというわけです。

ちなみに上の方法で加熱した玉ねぎは、ハンバーグ・肉ジャガ・親子丼・カレーなどに加えると、砂糖の節約になる上に、料理の味が数段美味しくなりますよ。

関連レシピ