やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ホワイトソースの玉ねぎを使った作り方。ダマにならない簡単レシピ。

投稿日:2019年7月24日 更新日:

玉ねぎを使ったホワイトソース(ベシャメルソース)のレシピご紹介します。

ごく一般的なホワイトソースは小麦粉・バター・牛乳で作りますが、このレシピは、これら3つの食材に加えて、玉ねぎを使うのが特徴です。

かなり失敗しにくいレシピなので、料理初心者にもおすすめです。

玉ねぎを使うとダマにならない
玉ねぎを加える最大のメリットは、ホワイトソースがダマになりにくいこと。

玉ねぎを加えると、玉ねぎに小麦粉がまとわりつくので、小麦粉同士がくっついてダマになるのを防いでくれます。

また、たとえ多少ダマになったとしても、玉ねぎの食感にまぎれて、気になりません。

そのうえ、玉ねぎの風味が加わることで、コクがアップ。
食べ応えが増しますよ。

玉ねぎを使ったホワイトソースの作り方

ホワイトソースの玉ねぎを使ったレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【500ml分:調理時間8分】
玉ねぎ 1個(200g)
バター 40g
小麦粉※ 40g
牛乳 400ml
塩こしょう 適量

※薄力粉でも強力粉でもOK。

作り方
  1. 玉ねぎをみじん切りにする。(スライスしても良い。)
  2. フライパンにバターを入れ、バターを溶かす。
    玉ねぎを加え、透明になるまで弱火で炒める。
  3. 小麦粉を加え、粉っぽさが無くなるまで、焦げないように弱火で炒める。
  4. 牛乳を少しずつ加え、その都度ヘラでよく混ぜてなめらかにする。塩こしょうで味を整え、全体がとろっとしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。



【工程1】
まず、玉ねぎ(1個:200g)をみじん切りにします。

みじん切りが面倒な場合は、お好みでスライスしてもOKです。
どちらでも同じように作れます。

玉ねぎのみじん切り(動画)
玉ねぎの薄切り(動画)



【工程2】
次に、フライパンにバター(40g)を入れ、バターを完全に溶かします。



続いて、切った玉ねぎを加え、透明になるまで炒めます。

玉ねぎは、焦がさないように弱火で炒めてください。



【工程3】
玉ねぎが透明になったら、小麦粉(40g)を加えます。



そして、粉っぽさが無くなり全体が馴染むまで、焦げないように弱火で炒めます。

焦げそうになったら、フライパンをいったん火から下ろすといいです。
この工程で大事なのは、小麦粉と玉ねぎとバターをしっかり馴染ませること。
弱火で加熱しながら、よく混ぜてください。



【工程4】
全体が馴染んだら、牛乳を少し加えます。

写真の量を参考に、牛乳を少し注いでください。
この工程も弱火です。



牛乳を少し加えたら、すぐにヘラでよく混ぜます。



全体が均一になったら、再び牛乳を少し加えます。



続いて、またヘラでよく混ぜて均一にします。

そして、加える牛乳の量を少しずつ増やしながら、その都度ヘラでよく混ぜることを繰り返します。



牛乳をすべて(合計で400ml)加えたら、全体がとろっとするまで、ヘラで混ぜながら、弱火で軽く加熱します。

フライパンの底が焦げないように注意してください。

最後に、塩こしょう(各適量)で味を整えたら完成です。



このホワイトソースは、玉ねぎのみじん切りが入っているので、一見するとダマになっているように見えますが、ソース自体はなめらかです。

玉ねぎのコクと風味が加わった、美味しいホワイトソースですよ。

玉ねぎホワイトソースの使い方

このホワイトソースは、ごく一般的なホワイトソースとまったく同じように使えます。

たとえば、炒めたお肉や野菜を加え、塩こしょうなどで味を整えたら、ホワイトシチューの出来上がり。
また、そのホワイトシチューを耐熱皿に入れ、パン粉やチーズをふりかけ、オーブントースターで焼けば、グラタンが簡単に作れます。
ちなみに、このホワイトソースは、いちおう、ごく普通のホワイトソースと同様に冷凍保存ができます。
保存期間は1ヶ月です。

ただ、玉ねぎが入っている分、普通のホワイトソースとくらべると、冷凍&解凍した際にやや水っぽくなります。
ですから、なるべく冷凍せずに、使い切ることをおすすめします。
冷蔵での保存期間は、3〜4日くらいと考えてください。

ホワイトソースの簡単な作り方

最後に、初心者でも失敗せずに作れる、ホワイトソースの簡単レシピをあと5品ご紹介します。

簡単手作りホワイトソース

手作りホワイトソース

1品めは、牛乳・バター・小麦粉を使ったシンプルなホワイトソース。
ダマになりにくいのが特徴で、初めての方にもぴったりな簡単レシピです。

調理のポイントは次の2つです。

1つは、火にかける前に小麦粉と牛乳をよく混ぜること。
もう1つは、弱火で加熱しながら丁寧にかき混ぜることです。

手軽なうえに、ダマになりにくさが格段にアップ。
家庭料理として十分合格点のホワイトソースが作れます。

10分
小麦粉バター牛乳塩こしょう

作り方を見る

電子レンジでホワイトソース

レンジでホワイトソース

2品めは、レンジを使ったホワイトソースの作り方。

こちらは、小麦粉・バター・牛乳に加え、コンソメを味付けに使います。

まず、薄力粉とバターをボールに入れ、レンジでチン。
そのあとによく混ぜて、今度は牛乳やコンソメを混ぜます。
そして、再びチンしたら完成です。

おうち料理研究家のみきママのレシピ
薄力粉バター牛乳顆粒コンソメナツメグ

作り方を見る

豆腐ホワイトソース

豆腐ホワイトソース

3品めは、豆腐を使ったホワイトソース。

木綿豆腐は水切り不要。
牛乳とコンソメと塩とともにフードプロセッサーに入れ、撹拌したら完成です。

豆腐のほんのりとした味がする飽きのこないホワイトソースです。

2分
木綿豆腐牛乳コンソメ

作り方を見る

冷やご飯ホワイトソース

冷ご飯のホワイトソース

続いては、ご飯を使ったホワイトソース。

材料は、冷やご飯と牛乳だけ。
小麦粉もバターも使いません。
バターの代わりに、ご飯に含まれるデンプンでコクを出します。

作り方は、ご飯と牛乳をさっと煮て、ミキサーにかけるだけです。

クセのない優しい味わいで、そのまま食べても美味しいです。

節約アドバイザーの武田真由美さんのレシピ
5分
冷やご飯牛乳こしょう

作り方を見る

お餅ホワイトソース

餅で作るホワイトソース

最後にご紹介するのは、お餅を使ったホワイトソース。

材料は、餅・牛乳・コンソメ。
バターなしで作れます。

作り方は超簡単。
餅を細かく切り、牛乳やコンソメと一緒に鍋に入れ、とろとろになるまで煮るだけ。

ごく一般的なホワイトソースと比べると、とろっとした食感が際立っていて新鮮ですよ。

7分
牛乳顆粒コンソメ

作り方を見る

関連記事

ホワイトソースの作り方。ダマを防いで失敗しない簡単手作りレシピ!

ホワイトソース(ベシャメルソース)の簡単手作りレシピをご紹介します。ホワイトソースは、ちゃんと手順を踏んで調理すれば、小麦粉がダマ…

豆乳ホワイトソースの作り方。小麦粉でも米粉でもOK!簡単レンジレシピ。

豆乳を使ったホワイトソース(ベシャメルソース)の簡単レシピをご紹介します。牛乳の代わりに豆乳を使うことで、あっさりとした優しい味わ…

玉ねぎの辛味の抜き方2パターン。水にさらす、もしくはそのまま放置。

玉ねぎの辛味の抜き方を2パターンご紹介します。1つ目の方法は、「玉ねぎをスライスして水にさらす」です。水にさらすことで特有の辛味成…

ホワイトソースの牛乳なしレシピ!さっぱり味の簡単ソースの作り方。

牛乳を使わないホワイトソースのレシピをご紹介します。小麦粉とバターと洋風だしだけで作るシンプルなレシピ。洋風だしは、市販のコンソメ…

玉ねぎの冷凍保存。みじん切りでも丸ごとでもOK!保存期間も紹介。

玉ねぎを冷凍保存する方法をご紹介します。切ってしまった玉ねぎは、冷蔵だと、せいぜい3〜4日くらいしか日持ちしません。でも冷凍なら、…

玉ねぎのみじん切り!包丁を使った切り方と、道具を使った簡単なやり方。

玉ねぎのみじん切りの仕方を動画でご紹介します。包丁を使った基本のみじん切りと、機械(フードプロセッサー)を使った一瞬でできる超簡単…

飴色玉ねぎの作り方。冷凍や電子レンジで簡単時短!保存方法も紹介。

飴色玉ねぎの簡単な作り方をご紹介します。飴色玉ねぎとは、飴色になるまで炒めた玉ねぎのこと。隠し味として料理に加えるだけでコクと旨味…

玉ねぎの上手な保存方法。健康効果をアップさせる保存方法も紹介。

玉ねぎの理想的な保存の仕方をご紹介します。玉ねぎは、常温保存が基本で、風通しの良い冷暗所に置きます。ただ新玉ねぎや夏場の保存は、冷…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…