油揚げのメンチカツ!ひき肉の洋風肉詰めレシピ。旨みたっぷりな作り方。

投稿日:2016年2月3日 更新日:

油揚げメンチカツ(油揚げの洋風ひき肉肉詰め)

油揚げを使った、洋風の肉詰めレシピをご紹介します。
油揚げを衣に見立てて、その中にひき肉(豚のミンチ肉)を詰め込んだ、揚げないメンチカツのレシピです。

調理のポイントは、コンソメで肉だねを味付けすること。
パン粉を使わず、またフライにもせずに作るお料理ですが、コンソメのパンチのきいた旨みが加わることで、とても満足度の高い味に仕上がります。

冷めてもしっとりしているので、お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

レシピ動画

「旨味たっぷり!油揚げメンチカツ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間14分
油揚げ 2枚
豚ひき肉※ 200g
玉ねぎ 150g(3/4個)
顆粒コンソメ 小さじ1と1/2
醤油 小さじ1と1/2
片栗粉 小さじ1と1/2
塩こしょう 少々

※合挽き肉でもOK

作り方

袋状にしやすい油揚げがおすすめ

このお料理で使用する油揚げは、ふんわりとしていて袋状にしやすいタイプ(写真右)がおすすめです。

肉詰めに使えない油揚げ 油揚げの中には、ずっしりとした重みがある、袋状にできないタイプ(左)もあります。


キッチンペーパーで油揚げの油を取って半分に切る
【工程1】
まず、油揚げ(2枚)をキッチンペーパーで挟み、手で軽く押さえて油を抜きます。

油揚げを袋状に開く そして、半分に切り、切れ目から手で少しずつ開いて、中を袋状にします。

油揚げの油抜きは、キッチンペーパーでぬぐう程度に軽く済ませます。
その代わりに、フライパンで焼く時には油を引かず、油揚げに残った油をいかします。


玉ネギをみじん切りにする
玉ねぎ(150g:3/4個)はみじん切りにします。

より詳しく:玉ねぎのみじん切りのやり方


ひき肉の肉だねを作る
【工程2】
次に、玉ねぎ・豚ひき肉(200g)・顆粒コンソメと醤油と片栗粉(小さじ1と1/2ずつ)・塩こしょう(少々)をボールに入れ、手でよく混ぜてタネを作ります。


ひき肉の肉だねを油揚げに詰める
そして、タネを4等分して油揚げに詰めます。


ひき肉を油揚げに詰めて平らにする
タネを詰めたら、平らにならします。

油揚げの角までタネを詰めて平たくすると、火が均一に入りやすくなります。


ひき肉詰めした油揚げをフライパンに並べる
ひき肉詰めした油揚げを並べたフライパンにフタをする

【工程3】
続いて、肉詰めした油揚げをフライパンに並べ、フタをして火にかけます。
そして、フライパンが温まったら弱めの中火にし、10分ほどかけて両面をこんがりと焼きます。

肉詰め油揚げをひっくり返す 5分が経過したくらいのタイミングで途中で1回フタを取り、ひっくり返してください。

油揚げメンチカツ(肉詰め油揚げ)
半分に切って、お皿に盛り付けたら完成です。

揚げずに焼いて作るので、しつこさは全くなく、とても食べやすいのが特徴です。

食感は、ふんわりとしていて柔らかで、噛むと、肉だねの旨みがジュワッと広がります。
そのままでも美味しく食べられますが、お好みでソースをかけてもよく合います。

また、一般的なメンチカツと違って、揚げ油を処理する必要がないのも嬉しいところです。
手軽に作れるので、夕食のおかずとしてはもちろんのこと、お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で3〜4日

関連レシピ