柔らかくて旨い!牛肉のしぐれ煮レシピ。シンプルな甘辛煮の簡単な作り方

投稿日:2020年10月22日 更新日:

牛肉のしぐれ煮(甘辛煮)

牛肉のしぐれ煮(時雨煮)のレシピをご紹介します。

しぐれ煮とは、しょうがの入った佃煮のこと。
生姜の風味をプラスして、醤油や砂糖で甘辛く煮付けたお料理です。

ご飯に乗せて丼にしても美味しいですし、お弁当おかずとしても人気があります。

牛肉を柔らかく仕上げるコツ

今回お伝えするしぐれ煮は、牛肉がとても柔らかく仕上がるレシピになっています。

ポイントは、牛肉に火が通ったら、いったん取り出すこと。

甘辛い煮汁を煮詰める
煮汁だけを追加で煮詰め、牛肉を戻し入れたら完成です。

牛肉は、安い牛切り落としでOK。
牛こま切れ肉でも、美味しく仕上がりますよ。

牛肉のしぐれ煮(甘辛煮)

レシピ動画

「柔らか旨い!牛肉しぐれ煮」のレシピです。

材料

2人分:調理時間7分
牛切り落とし 200g
生姜 1かけ(15g)
砂糖 小さじ2
みりん 大さじ1と1/2
大さじ1
醤油 大さじ1

※牛こま切れ肉でもOK。

作り方

牛薄切り肉を食べやすい大きさに切る

まず、牛切り落とし(200g)を食べやすい大きさに切ります。

牛肉は、切り落としや細切れ肉を使いますが、大きい場合のみ切ってください。


生姜を千切りにする

生姜(1かけ:15g)は、皮をむいて千切りにします。


牛肉と生姜と調味料をフライパンに入れて混ぜる

次に、牛肉と生姜をフライパンに入れ、砂糖(小さじ2)・みりん(大さじ1と1/2)・酒(大さじ1)・醤油(大さじ1)を加え、よく混ぜます。


牛肉に火を通す

そして、フライパンを弱火にかけ、牛肉を返しながら火を通します。

弱めの火でゆっくり火を通すと、牛肉が柔らかい食感に仕上がります。


牛肉をフライパンから取り出す

牛肉の色が完全に変わったら、いったん火を止め、牛肉を取り出します。


甘辛い煮汁を煮詰める

そして、煮汁だけになったフライパンを再び中火にかけ、煮汁を煮詰めます。

1分くらいを目安に、煮汁が少なくなるまで煮詰めてください。
煮汁をしっかり煮詰めると、牛肉の臭みが飛んで、美味しく仕上がります。


甘辛い煮汁を牛肉に絡める

最後に、火を止めて牛肉を戻し入れます。

そして、よく混ぜたら完成です。


牛肉のしぐれ煮(甘辛煮)

牛肉の食感は、とても柔らか。
適度に甘みのある味付けも手伝って、とても食べやすく仕上がります。

また、しょうがの風味も良い感じです。
お料理全体の味が引き締まり、たっぷりの牛肉を最後まで飽きずに美味しくいただけます。

牛肉を使った和風料理の、超おすすめレシピです。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で3日ほど

関連レシピ