ふわっと旨い!親子丼のめんつゆレシピ。濃度ごと人数ごとの作り方も解説

投稿日:2019年4月21日 更新日:

親子丼のめんつゆレシピ

めんつゆを使った、親子丼の簡単でおいしい作り方をご紹介します。

味付けに使うのは、めんつゆとみりんの2つだけ。
だしを使わないシンプルなレシピですが、優しいコクと旨味があり、また鶏肉にもたれの味がしっかり馴染むので、十分な満足感を得られます。

ふわふわ食感の卵とともに、絶品の味を楽しめますよ。

めんつゆはどの種類でもOK

使用するめんつゆは、2倍でも3倍でもストレートでも、何でもOKです。
めんつゆの濃度に応じた割合も解説していますので、お手元にあるめんつゆで手軽に作れます。

また、レシピの分量は、一人前と二人前を掲載しましたので、ケースバイケースで選んでみてください。

レシピ動画

「ふわっと旨い!親子丼」のレシピです。

調理時間は7分ほど。
作り方は、1人分も2人分も、まったく同じです。

材料 1人分 2人分
鶏もも肉 100g 200g
玉ねぎ 50g
(1/4個)
100g
(1/2個)
めんつゆ
(3倍濃縮
大さじ1と1/2 大さじ3
大さじ3
(45ml)
大さじ4と2/3
(70ml)
みりん 大さじ1/2 大さじ1
1個 2個
ご飯 1人分 2人分
三つ葉 好みで少々 好みで少々

※他の濃度のめんつゆを使う場合は、下の文中を参考にめんつゆと水の分量を変更。

作り方

鶏もも肉と玉ねぎを切る

まず、玉ねぎを縦5ミリ厚に切り、鶏肉を2センチくらいの大きさに切り、卵を溶いておきます。


めんつゆと鶏肉とみりんをフライパンに入れる

次に、小さめのフライパン(もしくは鍋)に鶏肉・玉ねぎ・めんつゆ・水・みりんを入れます。

他の濃度のめんつゆで代用する場合

めんつゆを他の濃度のもので代用する場合は、めんつゆと水の量を変更します。
濃度に応じた分量については、下の表をご覧ください。

ストレートのめんつゆ
材料 1人分 2人分
めんつゆ 大さじ4と1/2 大さじ9
なし なし
2倍濃縮のめんつゆ
材料 1人分 2人分
めんつゆ 大さじ2と1/4 大さじ4と1/2
大さじ2と1/4 大さじ3と1/6
4倍濃縮のめんつゆ
材料 1人分 2人分
めんつゆ 大さじ1強 大さじ2と1/4
大さじ3と1/2弱 大さじ5と1/2弱

なお、ストレートのめんつゆで2人分の親子丼を作る場合は、水分の量が大さじ1程度多くなります。
そのため、次の工程でやや長めに加熱して、水分を飛ばしてみてください。


めんつゆと鶏肉とみりんを火にかける

そして、フタをして中火にかけ、沸騰してから3分ほど煮ます。

途中で1回混ぜる
親子丼の具に片栗粉を加える
3分煮ている間に、途中で1度フタを取って、軽く混ぜてください。

親子丼の具に卵を加える

続いて、混ぜておいた溶き卵を回し入れます。


親子丼の具が入ったフライパンを弱火で加熱する

そして、再びフタをして、卵が半熟に固まるまで、弱火で30秒〜1分煮ます。

火を弱めて卵を固めると、ふんわりとろっとした食感に仕上がります。


親子丼の具の出来上がり

仕上がりは、卵がふわふわ&とろとろの半熟状です。


親子丼の具をご飯にのせる

最後に、ご飯を丼に盛り、フライパンの中身をすべらせるようにして丼に移します。

2人分の場合は、具材を半分にして、丼2杯分にそれぞれのせてください。


めんつゆ親子丼

三つ葉(適量)を添えたら完成です。
三つ葉の代わりに小ネギやカイワレ大根をのせても合います。

めんつゆにも甘みがありますが、みりんを少し加えたことで、甘みとコクがアップして、より味わい深く仕上がります。

鶏肉にも味がしっかりと馴染んでいて、噛むほどに美味しさが広がります。
親子丼の超おすすめレシピですよ。

関連レシピ