柔らかくて旨い!イカの煮付けレシピ。定番の甘辛い煮物の作り方。

投稿日:2015年9月19日 更新日:

イカの煮付け

やわらか食感で食べやすい、イカの煮物の簡単レシピをご紹介します。

調理の一番のコツは、火をサッと通すことです。
イカは加熱しすぎるとかたくなるので、1分ほどのごく短時間で煮ます。

また、イカの胴体を短冊切りにするのもポイントです。
グルッと輪っか状につながった輪切りにするのではなく、4〜5センチ程度の長さに切り分けることで、少ない調味料でも味を染みやすくしつつ、食べやすさもアップさせることができます。

イカの煮付け

レシピ動画

「柔らかくて人気!イカの煮付け」のレシピです。

味付けの黄金比は、砂糖:みりん:酒:醤油=1:2:1:2です。

材料

2人分:調理時間5分
イカ 200g
生姜 1かけ
砂糖 大さじ1/2
みりん 大さじ1
大さじ1/2
醤油 大さじ1
小ねぎ 好みで少々

※内臓などを取ったイカ1杯程度。内臓付き丸ごとだと250g程度。さばく場合は「イカのさばき方」を参照。

カロリー
1人分138kcal

作り方

イカの煮物の下ごしらえ
生姜を薄切りにする

まず、イカ(正味200g:1杯程度)の胴体を1センチ幅の短冊切りにし、足の吸盤を削いで2本ずつに分け、食べやすい長さに切ります。

そして、生姜の皮をむいて薄切りにします。

イカの切り方

イカの胴体は、輪切りではなく、短冊切りにします。
切り方が分からない場合は、上の動画をご覧ください。

また、内臓付きのイカを使う場合は、「イカのさばき方」を参考に、わたを取るなどの下処理をしてから使ってください。


生姜と調味料を入れて煮立てる
イカをさっと煮る

次に、小さめのフライパン(もしくは鍋)に生姜・砂糖・みりん・酒・醤油を入れて火にかけ、沸騰したら、弱めの中火で30秒ほど煮立てます。

続いて、イカを加え、返しながら1分ほどさっと煮て火を通します。

イカを柔らかく

イカを柔らかい食感に仕上げるコツは、とにかく加熱しすぎないことです。

イカはかなり短時間で火が通ります。
余熱でも火が入りますので、まだちょっと生かなと思うあたりで、火を止めるといいです。


イカに火を通す
イカを煮汁に浸してしばらく置く

煮汁に浸してしばらく置き、味を馴染ませたら完成です。

煮物は、冷めていく間に味が染みて美味しくなりますので、火を止めたらそのまま少し置くのがおすすめです。


イカの煮付け

イカは、弾力がありつつも柔らかな食感。
甘辛いおつゆといい感じに絡み、旨味たっぷりに仕上がります。

また、薄切りにした生姜も良いアクセントになっていて、お料理全体の味をキュッと引き締めてくれています。

夕食の献立のメインおかずにぴったりのお料理ですよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で2〜3日

関連レシピ