やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

イカの栄養と効果効能。タウリンが豊富!低カロリー&低脂肪で高タンパク

投稿日:2020年12月22日 更新日:


いかに含まれる栄養と効果効能について解説します。

いかの栄養面での特徴としては、次の3つが挙げられます。

  • タウリンが豊富に含まれる。
    ⇒肝臓の働きを活発にする。
  • 低カロリー・低脂肪・高タンパク。
    ⇒ダイエット中の方にもぴったり。
  • DHA・EPAが含まれる。

いかの栄養価

タウリン

イカにはタウリンが豊富に含まれています。

タウリンは、肝臓の働きを活発にするなど、身体の健康を維持するのに役立つ成分。
含有量の多い食材としては、イカやタコや貝類などが挙げられます。

厚生労働省によると、タウリンには次のような効果があるとされています。(※1)

  • コレステロールを減らす。
  • 心臓や肝臓の機能を高める。
  • 視力の回復。
  • インスリン分泌促進。
  • 高血圧の予防など。

このタウリンは、熱に弱く、水に溶けやすいという性質があるので、イカを調理する際には注意が必要です。

たとえばイカを炒めるのであれば、サッと火を通す程度にとどめると、それだけタウリンが失われにくくなります。

加えて、薄皮をむかずに炒めることで、タウリンが失われる量をさらに減らすことが可能です。

また、鍋やスープにする場合は、汁ごと飲み干すことで、タウリンをムダなく摂ることができます。

低カロリー

イカは、カロリーが低いです。

生のするめいかのカロリーは、100gあたり83kcal。
たとえば、生のさんまは318kcalなので、それと比べるとかなり低めです。

また、ヘルシーな食材として注目されている鶏ささみと比較しても、イカの方が低カロリーとなっています。

カロリー(100gあたり)
カロリー
(kcal)
さんま 318
鶏ささみ 109
するめいか 83
日本食品標準成分表2015年版(七訂)
低脂肪

加えて、イカは脂肪も低いです。

生のするめいかに含まれる脂質は、100gあたり0.8g。
この数字は、鶏ささみと同じです。

高たんぱく

さらに、イカには、たんぱく質が十分に含まれています。

生のするめいかの場合、含まれるたんぱく質は、100gあたり17.9g。
鶏ささみには少し及びませんが、先ほどの生さんまと同程度となっています。

低カロリーで低脂肪で高タンパク。
こうした点から、イカは、ダイエットにもぴったりの食材と言えます。

たんぱく質(100gあたり)
たんぱく質
(g)
鶏ささみ 23.9
さんま 18.1
するめいか 17.9
日本食品標準成分表2015年版(七訂)
EPA・DHA

イカには、ほかの魚介類と同様にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。

水産庁によると、これらの成分には、次の健康効果が期待できます。(※2)

EPAに期待される効果
  • 血栓予防
  • 抗炎症作用
  • 高血圧予防等
DHAに期待される効果
  • 脳の発達促進
  • 認知症予防
  • 視力低下予防
  • 動脈硬化の予防改善
  • 抗がん作用等

含まれるEPAとDHAの量は、マグロやサバなどには及びませんが、イカを食べることでもこれらの成分を十分に摂取することができます。

EPAとDHA(100gあたり)
EPA
(mg)
DHA
(mg)
くろまぐろ
(脂身)
1,400 3,200
まさば 690 970
するめいか 310 450
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

イカの栄養を逃さないレシピ

続いて、イカの栄養を逃さない調理法についてお伝えします。

刺身で食べると栄養を逃さない

先ほど、タウリンは熱に弱く水に溶けやすいとお伝えしましたが、タウリンだけでなく、EPAとDHAも熱に弱い成分です。

そのため、これらの栄養成分を逃さないためには、生のままイカを食べるのが手っ取り早いです。

加熱するなら短時間

ただ、そうは言っても、毎回お刺身だと飽きてしまいますし、加熱調理したイカもやはり美味しいものです。

イカを加熱するのであれば、加熱時間を短めにするのがおすすめです。
たとえば、ほかの具材と一緒に炒め物をつくるなら、先にイカだけを軽く炒め、いったん取り出して、ほかの具材を炒めてから最後に再びイカを加えると加熱しすぎを防げます。

そうすることで、栄養が損なわれにくいですし、イカの食感がかたくならないというメリットもあります。

当サイトでは、この手順に沿った炒め物のレシピを2パターン紹介しているので、リンク先のレシピをぜひ参考にしてください。

イカとキャベツの炒め物
イカとほうれん草の炒め物

イカとキャベツ炒め
イカとほうれん草炒め

また、イカで煮物をつくる場合も、同様に、加熱しすぎないことが大切です。
ほかの具材に先に火を通してから、終盤でイカを加える。

イカの煮物」のレシピもあわせてご覧ください。

※1 e-ヘルスネット
※2 平成29年度水産白書

関連記事

りんごの栄養と健康効果。毎日のりんごで医者いらず!栄養成分を解説。

りんごに含まれる栄養と、その健康効果についてお伝えします。「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるほど、りんごは栄養価が高い食べ物です…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

里芋の栄養成分と効果効能。栄養を逃さないおすすめレシピも紹介。

里芋に含まれる栄養成分とその効果効能についてお伝えします。里芋の栄養面での特徴としては、次の4つが挙げられます。でんぷん(炭水化物)を多く含…

いわしの栄養と健康効果。DHA・EPA・カルシウムなどを逃さず摂る方法

いわしには、健康に良い成分が豊富に含まれています。中でも特に大事なのは、青魚全般に含まれているDHAとEPA。さらには、カルシウムやタンパク…

人参の栄養と健康効果。加熱・すりおろし・皮ごと調理で栄養アップ!

人参には、カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に注目すべき栄養素は、βカロテン。人参に含まれる…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

大根の煮物レシピ。柔らかくて濃厚な味わい!シンプルで美味しい作り方。

大根の煮物のシンプルレシピをご紹介します。美味しく作るコツは、大根の皮…

イカわたパスタのレシピ。まったり濃厚!ニンニクでさらに美味しさUP。

イカわたを使った、手軽なパスタのレシピをご紹介します。イカのはらわたを…

鶏もも肉の茹で方と茹で時間。余熱でじっくり!柔らか茹で鶏の作り方。

鶏もも肉の上手な茹で方と、茹で鶏にぴったりなネギソースのレシピをご紹介…

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…