イカの冷凍保存は少しかたくなるけど便利!食感にこだわるなら冷蔵。

投稿日:2021年1月18日 更新日:

イカの冷凍・解凍・冷蔵保存

イカは冷凍保存することができます。
日持ちは、1ヶ月ほどです。

イカの冷凍保存

イカを冷凍するとややかたくなる

イカを冷凍した場合、食感や味にそれほど大きな変化は見られませんが、厳密に食べくらべると、冷凍イカの方がやや食感がかたくなります。

そのため、イカの柔らかい食感にこだわるのなら、冷凍せずに、冷蔵保存までにとどめて使い切るのがおすすめです。

そうは言っても冷凍は便利

とは言いつつも、イカがたくさんあって食べ切れない時には、冷凍保存はやはり便利です。
解凍後の加熱しすぎに注意すれば、冷凍イカも十分美味しく食べられます。

イカの冷凍方法

イカを冷凍するにあたっては、そのまま冷凍庫に入れるのではなく、下処理が必要です。

イカの下ごしらえ まず、内蔵を取り出すなどして捌き、きれいに洗います。

そして、水気をしっかり拭き取り、吸盤を削ぎ落として使いやすい大きさに切ります。

イカのさばき方や吸盤の切り方は、下の動画を参考にしてください。

イカの捌き方(下処理・下ごしらえ)

レシピ動画

イカを保存袋に入れて冷凍 イカをさばいたら、小分けにしてラップで包み、保存袋に入れます。

お好みで、醤油やみりんといった調味料を加えて味付けしてから冷凍してもOKです。

イカわたも冷凍OK
イカわたの冷凍保存 ちなみに、イカわた(イカの肝:写真中央)やイカスミ(写真下)も、同じように冷凍保存することができます。

冷凍したイカは、1ヶ月ほど日持ちします。


冷凍イカの解凍

冷凍イカは、凍ったまま料理に使えないこともありませんが、加熱ムラができやすいので、あまりおすすめはしません。
そのまま火にかけると、表面を加熱しすぎたり、逆に中心部分の加熱が足りなかったりといったことになりがちです。

そのため、冷凍したイカは、ちゃんと解凍してから使うのがおすすめです。

解凍の方法は、冷蔵庫に移して自然解凍が一番。
急ぐ場合は、保存袋ごと流水にさらして解凍すると、はやく使えます。

イカの冷蔵保存

イカの冷蔵保存
ところで、イカは冷蔵保存では、あまり日持ちしません。
保存期間は、せいぜい2〜3日と考えてください。

丸ごとのイカは、内蔵を付けたままにしておくと傷みが早いです。

そのため、スーパーなどで買ってきたら、すみやかに内蔵を取り除くのがおすすめ。
きれいに洗い、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ってから、保存袋やタッパーなどに密閉して、冷蔵庫の中で一番温度が低いチルド室に入れます。

冷凍イカでも使えるレシピ

最後に、冷凍したイカでも作れる、簡単料理のレシピを6つご紹介します。

このうち、「イカの煮付け」と「イカのわた焼き」は、たったの5分で作れます。
「イカと里芋の煮物」が一番時間がかかりますが、それでも18分です。

どれもイカが柔らかい食感に仕上がるレシピになっているので、冷凍イカを使っても食べやすいです。
夕食のメインにもぴったりなお料理ばかりなので、リンク先のレシピもぜひ参考にしてください。

関連レシピ