イカとほうれん草の炒め物。バター醤油でコク旨!簡単おかずレシピ。

投稿日:2020年12月11日 更新日:

イカほうれん草

イカとほうれん草を使った、バター醤油炒めのレシピをご紹介します。

バターの風味が食欲をそそる、コク旨な一品。

調理のポイントは、イカをバターでさっと炒めてから、ほうれん草を加える前に一旦取り出すことです。
そうすると、イカを加熱しすぎないので、柔らかい食感に仕上がります。

ご飯との相性が良く、また、冷蔵で2〜3日ほど日持ちするので、作り置きしておくと重宝しますよ。

イカとほうれん草

レシピ動画

「バター醤油でコク旨!イカとほうれん草炒め」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間12分
イカ 1杯(正味190g程度)
ほうれん草 1束(200g程度)
バター 20g
醤油 大さじ1/2
塩こしょう 少々

※内臓などを取ったイカを使用。丸ごとの場合は250g程度。さばく場合は「イカのさばき方」を参照。

作り方

使用するイカは、あまり新鮮でない方が、柔らかい食感に仕上がりやすいのでおすすめです。

白い柔らかいイカ
茶色っぽい新鮮なイカではなく、写真のような、鮮度が少し落ちた白っぽいイカの方が調理しやすいです。

丸ごとのイカをさばいて使う場合は「イカの下処理」を参考にしてください。
さばき方を動画で詳しく解説しています。


イカの切り方

イカの胴体を縦に切る
① 胴体を切る
イカの胴体を短冊切りにする
② 1cm幅に切る
イカのエンペラを短冊切りにする
③ 1cm幅に切る
イカの足を2本ずつに分ける
④ 足を切り分ける
イカの吸盤を取る
⑤ 吸盤を削ぐ
イカの足を半分に切る
⑥ 足を切る

まず、イカ(正味190g程度)の胴体を1センチ幅に切り、足の吸盤を削ぎます。
足を2本ずつに切り分け、長さを半分にします。

イカの切り方は、上の写真とともに、冒頭の動画も参考にしてください。


ほうれん草を切る

そして、ほうれん草(1束:200g程度)をざく切りにします。

ほうれん草の根元の部分は、あらかじめ、手である程度裂いてから切ります。


イカの炒め方

イカをバターでさっと炒める
① さっと炒める
塩コショウと醤油を加える
② 塩胡椒と醤油
醤油をからめる
③ 絡める
イカをフライパンから取り出す
④ 取り出す

次に、フライパンにバター(20g)を溶かし、弱火でイカをさっと炒めます。
そして、塩こしょう(少々)を振り、醤油(大さじ1/2)を絡め、フライパンからいったん取り出します。

イカを柔らかくするコツ

イカは加熱しすぎると硬くなります。
ごく短時間で火が通るので、半透明の身が白っぽくなってきたら、すぐに味付けして取り出します。

あとでほうれん草と軽く炒め合わせるので、完全に火が通る寸前に取り出すくらいがちょうどいいです。


フライパンにほうれん草の茎を入れて炒める
ほうれん草の葉をしんなりするまで炒める

続いて、空になったフライパンに、ほうれん草の茎を入れ、弱めの中火で軽く炒めます。

そして、ほうれん草の葉を加え、しんなりするまで炒めます。


イカを加えて塩コショウをする

弱火にして、イカを戻し入れ、塩こしょう(少々)で味を整えたら完成です。


イカとほうれん草のバター醤油炒め

ほうれん草は、バター醤油の風味がたっぷりと染み込んでいて、コクのある味わい。
イカと一緒に口に入れると、魚介独特の旨味と合わさって、濃厚な味を楽しめます。

また、イカは、加熱時間を抑えているので、適度に柔らかな口当たり。
味と食感、どちらも食べやすく仕上がるので、パクパクと箸が進みますよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で2〜3日程度

関連レシピ