やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

セロリの常備菜の簡単レシピ。葉もムダなく使います。

投稿日:2018年4月20日 更新日:

セロリで作る常備菜の簡単レシピをご紹介します。

料理研究家の藤井恵さんが考案した「セロリの塩漬け」です。

セロリを葉ごと使ったシンプルな塩漬けで、箸休めとしてそのままいただくだけなく、サラダや和え物やスープなど、いろいろなお料理に使えて便利です。

この塩漬けを使った、春巻きの簡単レシピも合わせてお伝えします。

(一部情報元:NHK「きょうの料理」2017年4月18日放映)

セロリの塩漬けの作り方

「セロリの塩漬け」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【調理時間8分/置く時間除く】
セロリ 4〜5本(800g)
小さじ2強(12g)
作り方
  1. セロリの茎は筋を取り、2〜3ミリ幅の斜め薄切りにする。葉は細かく刻む。
  2. 1に塩をまぶし、常温に1時間ほど置いてしんなりさせたらできあがり。冷蔵庫で1週間保存できる。

写真をもとにレシピを説明します。

セロリの塩漬けを写真で解説


【工程1】
まずセロリ(4〜5本:800g)の筋を取ります。

ちなみに筋というのは、茎の表面の盛り上がった部分のことで、硬いところは食べにくいので取り除きます。
上の写真のように包丁で削ぐか、ピーラーで削ります。



次に茎を2〜3ミリ幅の斜め薄切りにし、葉を細かく刻みます。

【調理のポイント】
セロリは繊維を断ち切るように斜めに切ると、食感が良くなります。
また2〜3ミリくらいの薄切りにすると、歯当たりが優しくなります。

葉も細かく刻むと、美味しくいただけます。



【工程2】
最後にセロリの茎と葉を合わせ、塩(小さじ2強:12g)をまぶし、常温に1時間ほど置いてしんなりさせたら完成です。

セロリの葉は、セロリが苦手というわけでなくても、意外と捨ててしまいがちだと思います。かく言う私も、セロリ好きですがけっこうな確率でポイしてしまいます。
でもこんな風に茎と一緒にザクザク刻んで塩漬けにするだけで、案外さっぱり美味しくいただけます。
ただセロリの葉は、独特の風味が茎よりも少し強いことは確かで、この塩漬けもそれは分かるので、セロリがそれほど好きではないという方は、葉の量を少なめにするか、茎の部分だけで作ることをおすすめします。

この塩漬けは、冷蔵庫で1週間保存が効きます。作り置きしておくと、サラダや和え物にしたり、また肉魚料理に添えたりと、幅広く料理に使えて便利です。


ちなみにこの塩漬けで作る料理の1番のおすすめはスープです。

藤井さんが「この塩漬けから出た汁気を、セロリと一緒にスープにすると美味しい」とおっしゃっていたので、作ってみたところ、セロリの風味が豊かな食べ応えのあるスープが出来ました。
ちなみに上のスープは、セロリの塩漬け(汁ごと)に水を足し、少量のコンソメとこしょうで味付けし、仕上げに卵をちらしました。
温める程度の加熱で十分なので、思い立ったらすぐに作れますよ。

最後に藤井さんが考案した、このセロリの塩漬けを使った春巻きのレシピをご紹介します。

セロリの春巻きの作り方

「セロリの春巻き」のレシピです。

具材の包み方は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間15分】
セロリの塩漬け(※) 1/4量
ハム 2枚
プロセスチーズ 4切れ(40g)
春巻きの皮 4枚
片栗粉 小さじ2
揚げ油 適量
水溶き小麦粉
小麦粉 大さじ1
大さじ1

※冒頭で紹介したレシピで作ったもの。

作り方
  1. セロリの塩漬けの水気を軽く絞り、片栗粉をまぶす。ハムは縦に4等分し、チーズは縦半分に切る。
  2. 春巻きの皮のツルツルした面を下にして置き、中央にハム・チーズ・セロリの塩漬けの順にのせ、巻き終わりを水溶き小麦粉(小麦粉と水を混ぜたもの)を塗って止める。(下の写真参照)
  3. 170度に温めた油で4〜5分かけてこんがり揚げたらできあがり。

調理のポイントは、セロリの塩漬けにあらかじめ片栗粉をまぶすことです。

片栗粉をまぶすと、セロリの水気をしっかり抑えることができます。


この春巻きの具材の包み方を写真をもとに説明します。

まず春巻きの皮のツルツルした面を下にして置きます。ツルツルした面が表になります。

そして上の写真のように、春巻きの皮(1枚)の角が手前に来るように置き、ハム(2切れ)・チーズ(2切れ)の順にのせます。

藤井さんによると、この春巻きは、ハムやチーズのような塩気のある食材を組み合わせると、調味料いらずで手軽に食べられるそうです。



次にハムとチーズの上に、片栗粉をまぶしたセロリの塩漬けをのせ、春巻きの皮のフチ(奥側の2辺)に水溶き小麦粉を塗ります。

そして普通に包みます。包み方は、写真の右側を参考にしてください。

【包み方のポイント】
チーズは皮から流れ出やすいので、ハムとセロリで挟むように真ん中に入れ、水溶き小麦粉を少ししっかりめに塗って止めます。


あとは170度に温めた油で、4〜5分かけてこんがり揚げたら完成です。



チーズやハムといった風味の強い食材とセロリを合わせて加熱調理すると、セロリ独特の香りが和らいで食べやすくなります。

おやつ感覚で食べられるあっさりとした春巻きですよ。

関連記事

セロリの葉とベーコン炒めのレシピ。セロリの葉っぱの美味しい食べ方!

セロリの葉っぱの簡単で美味しい食べ方をご紹介します。ベーコンをこんがりと炒めて、細かく刻んだセロリの葉をプラス。軽く炒め合わせて、こしょうを…

セロリの葉のレシピ。洋風スープが旨い!溶き卵を使った簡単な作り方。

セロリの葉を使った、簡単に作れるスープのレシピをご紹介します。セロリの葉っぱは食感がしっかりしているので、細かく刻んでから加えるのがポイント…

セロリのピクルスレシピ。玉ねぎで風味UP!シンプル酢漬けの作り方。

セロリを使ったシンプルなピクルス(酢漬け)のレシピをご紹介します。セロリの茎をすこし太めに切り分けて、薄切りにした玉ねぎを加え、甘酢をかける…

セロリ炒めのレシピ。ベーコンの旨みが好相性!簡単オリーブオイル炒め。

セロリとベーコンを使ったシンプルな炒め物のレシピをご紹介します。セロリとベーコンをオリーブオイルでさっと炒め、ベーコンがこんがりとしたところ…

セロリの筋の取り方。下ごしらえ(下処理)の方法を動画で解説。

セロリの下ごしらえ(下処理)の方法を動画でご紹介します。包丁を使った、セロリの筋の簡単な取り方です。セロリの筋は、茎の表面に縦方向に走ってい…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…