焦がし味噌が旨い!イカのわた焼きレシピ。おつまみにも合う肝焼き

投稿日:2020年12月24日 更新日:

イカわた焼き(イカ肝焼き)

イカわたを使った簡単で美味しいレシピをご紹介します。

イカわたに味噌やショウガをくわえて焦がし味噌をつくり、サッと焼いたイカに絡めた濃厚な味のお料理です。

味噌の風味のおかげで、イカわたのコクと旨みがさらにアップ。
とても味わい深く仕上がります。

夕飯のおかずとしては勿論のこと、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

イカのわた焼き

レシピ動画

「焦がし味噌が旨い!イカのわた焼き」のレシピです。

材料

2〜3人分:調理時間5分
イカ 190g(1杯分程度)
イカわた 15g(1杯分程度)
ごま油 大さじ1
小ねぎ 適量
A
味噌 小さじ1と1/3
おろし生姜 小さじ1
小さじ2
少々

※内臓などを取ったイカを使用。さばく場合は「イカのさばき方」を参照。

作り方

イカの内臓
イカわた

イカわたは、なるべく新鮮なものを使う方が美味しくできます。

イカわたを絞り出す際には、一緒に付いている墨袋(いかすみが入った袋)を破かないようにそっと引っ張って取り除いてから、左の写真のように足を切り離します。

ちなみに、イカわたの量は、同じ大きさのイカでもかなりマチマチなので、やや少なめ(15g)を使うレシピにしています。


まず、イカ(正味190g程度)の胴体を1センチ幅に切り、足の吸盤を削ぎます。
そして、足を2本ずつに切り分け、半分の長さに切ります。

イカの切り方は、冒頭の動画か下の写真を参考にしてください。

イカの胴体を切る
① 胴体を切る
イカの胴体を1センチ幅に切る
② 1cm幅に切る
イカのエンペラを1センチ幅に切る
③ エンペラを切る
イカの足を2本ずつに切る
④ 足を切り分ける
イカの吸盤を取り除く
⑤ 吸盤を削ぐ
イカの足の長さを半分にする
⑥ 足を半分に切る

フライパンでイカを炒める
炒めたイカを取り出す

次に、フライパンにごま油(大さじ1)を引き、イカを広げて火にかけます。

そして、弱めの中火でイカをさっと炒め、写真左のように表面が白っぽくなってきたら、いったん火を止めて取り出します。

イカはさっと炒める

イカは加熱しすぎると硬くなります。
ごく短時間で火が通るので、半透明の身が白っぽくなってきたら、すぐに取り出してください。

あとで調味料と軽く炒め合わせるので、完全に火が通る寸前に取り出すくらいがちょうどいいです。


イカわたを火にかける
イカわたを少し焦がす

続いて、空いたフライパンにイカわた(15g)と調味料Aを加え、弱めの中火にかけます。
調味料Aは、味噌(小さじ1と1/3)・おろし生姜(小さじ1)・酒(小さじ2)・塩(少々)です。

そして、ヘラで混ぜながら炒め、右の写真のように少し焦がします。


イカわたとイカを炒める

調味料が少しこんがりとしたら、イカを戻し入れ、軽く炒め合わせます。


イカわたレシピ(わた焼き)

器に盛り、小口切りにした小ねぎ(適量)をのせたら完成です。

イカわたと味噌の組合せが、かなりの好相性。
マッタリとしつつも濃厚な味わいで、クセになる美味しさです。

また、軽めに火を通したイカは食感が柔らかく、噛むほどに旨味が広がります。

大人向けの滋味深いおかずレシピです。
日本酒や焼酎のお供にぜひどうぞ。

関連レシピ