やまでら くみこ のレシピ

バックパッカーがすすめるローコストで快適な旅情報。

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

投稿日:

バシリカシスタン

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブールにある、巨大な地下貯水池です。
無数の石柱が林立するその姿から、「地下宮殿」とも呼ばれています。

イスタンブールで最大の地下貯水池跡

イスタンブール旧市街の地下には貯水池が複数ありますが、その中でこの「地下宮殿」が最大です。
奥行き140メートル、幅70メートル、高さ9メートルの直方体を、合計で336本もの円柱が支えています。

6世紀に建造され、ビザンツ帝国の人々の生活を潤してきた超大容量の水瓶。
現在では、博物館として一般の観光客にも開放されています。

暗闇の中に光る石柱群

バシリカ・シスタンは、ただの地下貯水池とは思えないほど豪華な造り。
薄明かりに照らされた石柱群が妖しく光る姿は、雰囲気満点です。

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタンの魅力をお伝えします。


イスタンブール地下宮殿の基本情報

トルコの地下宮殿の入り口

上の写真は、バシリカ・シスタンの入り口の建物。
行列が出来るほどの人気です。

まずは、バシリカ・シスタンの入場料や営業時間などの基本情報についてお伝えします。
ちなみに、バシリカ・シスタンはミュージアムパスでは入場できません。

営業時間 9:00〜18:30
イスラム教の祝日の初日は13:00から。
定休日 なし
入場料 最新の料金はこちらで確認。
記事投稿時点では20トルコリラ。
公式サイト https://www.yerebatan.com/en
行き方 トルコ・イスタンブールの旧市街内
バシリカシスタンの入場料
入場料はトルコリラの現金で支払います。

イスタンブール地下宮殿の歴史

イスタンブールの地下貯水池

名前の由来

バシリカシスタンを英語で書くと「Basilica Cistern」。
Basilicaは「聖堂」、Cisternは「貯水槽」という意味です。
かつてこの場所の上には聖堂が建っていて、その地下を掘って貯水池を造ったことから、こうした名前が付いています。

また、トルコでは、イェレバタン(Yerebatan)と呼ばれています。
Yereは「地面」、Batanは「沈んだ」という意味のトルコ語です。


歴史

冒頭でお伝えした通り、バシリカシスタンが完成したのは、6世紀。
ビザンツ帝国のユスティニアヌス1世の時代です。

10万トンの貯水量を誇るとも言われるこの貯水池は、コンスタンティノープル(イスタンブール)の人々に生活用水を供給してきました。

15世紀にオスマン帝国がこの街の支配者となってからは、スルタンが住むトプカプ宮殿のための水瓶として使われるようになります。
ところが、オスマン帝国が独自の水道施設を作り上げたことで、次第にこの貯水池は使われなくなっていきました。

西洋人による再発見

バシリカシスタンが再び注目されたのは、17世紀半ばです。
オランダ人旅行者のギリアスが、西洋人として地下宮殿を「再発見」し、それを旅行記として発表したことで、西洋の人々の関心を集めることになります。

世界的に有名なアヤソフィアのすぐ近くに隠された謎の地下施設。
そのミステリアスな雰囲気が、人々の好奇心をくすぐったのかもしれません。

ちなみに、ギリアスの旅行記によると、当時の地下宮殿の上には民家が建っていて、住民たちは井戸のような穴を開けて水汲みしたり、あるいは魚を釣ったりしていたそうです。


その後、バシリカシスタンは何度か修復され、現在でもイスタンブールの観光スポットとして高い人気を誇っています。

イスタンブール地下宮殿の見どころ

大理石の石柱

バシリカシスタンの石柱

バシリカシスタンの石柱は、そのほとんどが、古代の神殿で使われていた大理石を再利用しているそうです。

整然とならんだそれらの石柱が、アーチ状の天井を支えています。


2体のメデューサの首

バシリカシスタンのメデューサ

こちらは、メデューサの首。
神殿の奥に2体あり、1体は横向き、もう1体は上下逆向きになっています。

バシリカシスタンのメデューサ

なぜメデューサの首がこの場所に置かれているのか詳しいことは分かっていないそうで、魔除けの意味が込められているという説と、他の神殿で使われていたものがたまたまここに置かれただけという説があります。

ちなみに、メデューサとはギリシャ神話に登場する怪物で、目が合った者を石に変えてしまうと言われています。


泣いている石柱

バシリカシスタンのCrying Column

泣いている石柱(Crying Column)と呼ばれるこの柱は、バシリカシスタンの建設中に命を失った数百人の奴隷たちのために建てられたそうです。

この柱は、他の柱とは違って表面が少し濡れているんだとか。
暗いので分かりづらいですけど、眼をこらすとそう見えなくもありません。

また、表面の模様は涙のようにも見え、悲しげな印象を受ける石柱です。


【番外編】ヴァレンス水道橋

ヴァレンス水道橋

バシリカシスタンから外に出て、西に数キロ進んだところには、ヴァレンス水道橋があります。
ヴァレンス水道橋は、ローマ帝国の時代に建設が始まった巨大な水道橋で、郊外から引いてきた水を市内に供給するために作られました。

ヴァレンス水道橋を流れてきた水は、バシリカシスタンを含む複数の地下貯水池に貯められていたそうです。

ヴァレンス水道橋

ヴァレンス水道橋自体も、なかなか見応えがあります。

全長971メートル、最大高さ29メートルの巨大な橋が、旧市街のど真ん中を横断しています。
橋の下には、多くの車が行き交うアタテュルク通り。
歴史の街・イスタンブールならではの光景です。

Googleマップ


地下宮殿の水源

ちなみに、当時の水源は、イスタンブールの北側にあるベオグラードの森です。
その距離は直線で20キロメートル。

かなり遠くから水を引いていたようです。

地下宮殿
ベオグラードの森


以上、イスタンブールの地下宮殿「バシリカ・シスタン」についてお伝えしました。

イスタンブールの地下宮殿

バシリカ・シスタンは、地下貯水池という実用的な施設でありながら、同時に宗教的な厳かな雰囲気も感じる、とても興味深い空間です。

また、観光するうえでとても便利な場所にあるのも嬉しいところ。
イスタンブールの見どころが密集する、旧市街の中心エリアに位置しています。

イスタンブールに訪れた際には、ぜひバシリカ・シスタンにも立ち寄ってください。


ところで当サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコの観光スポットやトルコ料理について、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコ・イスタンブールの新市街に立つ、きらびやかで美しい宮殿です。 建築されたの…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、およそ1500年もの歴史を誇るドーム状の巨大な建築物です。 キリスト教…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブールの旧市街中心部に位置する巨大な市場のこと。 イスラム世界の熱気と喧噪…

トルコ紅茶「チャイ」の作り方や飲み方を解説!グラスやポットも紹介。

トルコの紅茶は、トルコ語で「チャイ(çay)」と言います。 チャイと言えば、インドのミルクティーを思い出す方も多いかもしれません。 でも、ト…

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海峡クルーズがおすすめです。 ボスポラス海峡(Bosporus)とは、イ…

おすすめ記事

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、…

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコ・イ…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は…

イスティクラル通りの見どころ!イスタンブール新市街のお洒落な繁華街。

イスティクラル通り(Istiklal Avenue)は、トルコ・イスタ…

ガラタ塔からの眺めは最高!イスタンブール新市街の歴史的背景も解説。

ガラタ塔(Galata Kulesi)は、トルコ・イスタンブールにある…

ヒエラポリス遺跡は古代の温泉街!トルコ・パムッカレにある世界遺産の魅力。

トルコのパムッカレにある、ヒエラポリス遺跡(Hierapolis)をご…

ガラタ橋からイスタンブールの街並みを観光!サバサンドのおすすめ店も紹介。

ガラタ橋は、トルコのイスタンブールの旧市街と新市街を結んでいる橋で、観…

エジプシャン・バザールでお土産選び!イスタンブールのスパイス市場。

トルコ・イスタンブールのおすすめ観光スポット、エジプシャン・バザール(…

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブール…

テオドシウスの城壁の歴史と見どころ!イスタンブールの頑強な防御壁。

テオドシウスの城壁とは、ビザンツ帝国の首都であったコンスタンティノープ…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブー…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をも…

ギリシャのおすすめのお土産22品!ばらまき用お菓子から人気雑貨まで。

ギリシャ土産のおすすめ22品を現地からご紹介します。 ギリシャといえば…

サントリーニ島・フィラの観光情報を現地からお届け!地図も掲載。

サントリーニ島のフィラ(Fira)を観光するうえで役立つ情報を、実体験…

サントリーニ島・イアの観光ガイド!夕日スポットや行き方も紹介。

サントリーニ島の人気観光スポット、イア(Oia)の魅力を写真ともにご紹…

ウルワツ寺院でケチャダンスとサンセット。バリ観光のクライマックス!

ウルワツ寺院は、バリ島南端の断崖絶壁の上に建つお寺。 垂直に切り立った…

世界遺産・タマンアユン寺院の魅力を一挙紹介!行き方や地図なども。

インドネシアのバリ島中部にある、世界遺産のタマンアユン寺院。 バリ島で…

タナロット寺院の魅力!行き方や夕日の時間などお役立ち情報も。

タナロット寺院は、バリ島の南西部にある、観光客に大人気のスポットです。…

きっとプランバナン寺院に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式14問。

インドネシアにある世界屈指のヒンドゥー教遺跡、「プランバナン寺院」の魅…

バリ・レギャンのホテルはAdy’s Innがおすすめ。癒やされる格安宿。

バリ島のレギャン地区にある、素晴らしいホテルをご紹介します。 Ady'…

きっとボロブドゥール遺跡に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式15問。

千年もの間ジャングルに眠っていた巨大遺跡、ボロブドゥールの魅力をご紹介…

釧路湿原観光のおすすめ3選。カヌー、展望台、ノロッコ号を解説!

釧路湿原を観光するうえで、おすすめのスポット&アクティビティは3つあり…

知床観光(五湖、ツアー&クルーズ)のおすすめの見どころ3選とホテル。

知床半島の観光の見どころ&おすすめポイントを豊富な写真とともにご紹介し…

ニューヨークで年越しカウントダウンをラクに楽しむ方法。

ニューヨークのタイムズスクエアで大晦日に行われるカウントダウンをラクし…

ミャンマーのバガン遺跡を1日で観光。おすすめプラン。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」の1日観光プランをご紹介します。 …

バガンのおすすめホテル。ミヤンマーの遺跡観光に便利。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」のおすすめホテルをご紹介します。 …