やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

トルココーヒーを徹底解説!本場の作り方からコーヒー占いまで。

投稿日:2019年9月1日 更新日:

トルココーヒー(ターキッシュコーヒー)の入れ方や飲み方、またコーヒー占いの方法などを、現地よりお伝えします。

トルコの伝統的なコーヒーは、無形文化遺産にも登録されており、トルコ語で「テュルク・カフヴェスィ(Türk Kahvesi)」と言います。

トルココーヒーの味

トルココーヒーは、コーヒーの粉を煮出して作るのが特徴で、苦味が強くて濃い味がしますが、砂糖を多めに加えると、味に丸みが出て飲みやすくなります。

また、小さめのカップに注いで、甘いお菓子と一緒にいただくのがトルコ流。
少量でも満足できる濃厚な美味しさです。

イブリックという専用の小鍋を使う
トルココーヒーは、「イブリック(Ibrik)」という真鍮製の長い柄のついた小鍋を使って作ります。

細かく挽いたコーヒー豆と水を鍋に入れ、沸騰させて細かい泡を立て、フィルターなどで濾さずに、そのままカップに注ぎます。

コーヒーを淹れる道具については、後ほど詳しく解説します。

砂を使った伝統的な淹れ方も紹介
また、トルココーヒーはごく一般的なガスコンロでも作れますが、この記事では、伝統的な熱した砂を使った作り方をご紹介します。
コーヒー占いや現地の人気店も紹介
さらに、この記事では、トルココーヒー占いの方法や結果の見方、また、現地トルコで大人気のコーヒー豆店や老舗カフェの様子もお伝えします。

トルココーヒーの歴史

トルコの飲み物のなかで、世界的に最もよく知られているもの、それはきっと「トルココーヒー」です。
先にお伝えしたように、トルココーヒーは、ユネスコの無形文化遺産にも指定されています。

どのカフェやレストランにもある定番メニュー。
トルコでは、コーヒーでのもてなしが正式とされていて、客には食後にコーヒーを出すことが多いです。

煮出すコーヒー

トルコにコーヒーを飲む習慣が定着したのは、16世紀の中頃のこと。
オスマン帝国のちょうど最盛期の頃に、シリア人の商人がコンスタンティノープル(現イスタンブール)にコーヒーを持ち込み、その後、宮廷でのさまざまな儀式に取り入れられるようになったと言われています。

現在のトルココーヒーは、その頃に飲まれていたコーヒーの淹れ方を踏襲していて、水から煮立てて淹れ、濾さずに飲む方法を採用しています。

ちなみに、トルコのイスタンブールにある「トプカプ宮殿」には、トルコにコーヒーが広まった当時の道具が展示されています。
コーヒー豆を煎るための金属製の器や、焙煎したコーヒー豆を挽くすり鉢のような道具などが見学できます。
コーヒー豆は輸入している

ただ、現在のトルコは、コーヒーの生産国ではありません。
そもそもトルコの地はコーヒー栽培にはあまり適していないようで、今はもっぱら輸入に頼っているようです。

また、現地のトルコ人を見ていると、普段はコーヒーではなくチャイ(紅茶)を飲んでいる方が多いです。

日常的にはチャイ、特別な時にはトルココーヒー。
もしかすると、そういう風に切り分けているのかも知れません。

トルココーヒーの入れ方・作り方

ここからは、トルココーヒーの挽き方や淹れ方をご紹介します。

トルココーヒーのコーヒー豆

トルココーヒーに使われるコーヒー豆は、深煎りしたうえで、かなり細かく挽くのが特徴です。

トルコのコーヒー好きは、30分ほど時間をかけて焙煎するのだとか。
コーヒー豆を深煎りすると味は濃くなりますが、カフェインは少なくなるそうです。

また、トルココーヒーは、上の写真のように、コーヒー豆の粒が分からなくなるくらいのパウダー状にミルで挽きます。



コーヒー豆と言えば、トルコのイスタンブールには、連日行列ができるほどの人気店があります。

1871年創業の老舗コーヒー店「メフメット エフェンディ(KURUKAHVECİ MEHMET EFENDİ)」。
エジプシャン・バザールの隣にあり、コーヒー豆とそれを細かく挽いたコーヒー粉を販売しています。
お店の場所は、リンク先で紹介していますので、合わせてご覧ください。

ちなみに、「メフメット エフェンディのコーヒー」は、アマゾンなどのネット通販でも入手できます。
また、トルココーヒー専用小鍋「イブリック」もネット通販で買えますよ。


トルココーヒーの作り方

ここからは、現地のコーヒー好きのトルコ人に教わった、トルココーヒーの淹れ方をご紹介します。
熱した砂を使った、本格的な方法です。

ちなみに、お店によっては、熱した砂の代わりに炭火を使うこともあり、やり方は一つではないようです。

もちろん、普通のガスコンロで代用することもできます。

材料【1人分:調理時間7分】
トルココーヒーの粉 ティースプーン山盛り1杯半〜2杯くらい
砂糖 好みの量
60〜100ml
作り方
  1. イブリック(専用の小鍋)にコーヒの粉と砂糖を入れ、水を注ぐ。
  2. イブリックを火にかけ、混ぜながら煮立たせる。
    沸騰して泡が立ってきたら火からおろし、再び火にかけて混ぜながら沸騰させる。これを2〜3回繰り返し、細かい泡を立てる。
  3. 泡が消えないようにカップに注いだらできあがり。
    上方の泡が消え、コーヒーの粉がカップの底に沈むのを待ってから、上澄みを飲む。

写真をもとにレシピを説明します。


トルココーヒー作りには、真鍮製の長い柄のついた小鍋を使います。

この小鍋は「イブリック(Ibrik)」と呼ばれていて、ジェズべ(cezve)、もしくはジェズヴェとも言われることもあります。

日本で作る場合は、普通の小鍋やポットで代用できます。



【工程1】
まず、イブリックに水を注ぎ、コーヒーの粉(ティースプーン山盛り1杯半〜2杯くらい)を入れます。

コーヒーの粉はたっぷり使います。
お好みで量を調整してもOKです。



続いて、砂糖を入れます。

砂糖の量はお好みです。
トルココーヒーは、苦味が強くて濃いので、砂糖を多めに加えると、飲みやすくなります。

トルココーヒーの砂糖の量

トルココーヒーは、もともと砂糖をたっぷり入れて甘くして飲むのが一般的ですが、最近は、砂糖なしで飲む方も増えているようです。

トルコのカフェでコーヒーをオーダーすると、砂糖入りか無しか、必ず聞かれます。



【工程2】
次に、イブリックを火にかけ、混ぜながら煮立たせます。

熱した砂でコーヒーを温める

イブリックの下に敷いてあるのは砂です。
熱した砂の上で加熱するスタイルは、今でもトルコの飲食店などで見られます。

自宅で作る場合は、普通のガスコンロを使ってください。



そして、このまま2〜3分かけて温めます。



しばらくすると、イブリックの中が沸騰して、泡が立ち始めます。

このようになったら、少し火を弱めます。
沸騰が落ち着いたら、再び火にかけて混ぜながら沸騰させます。

そして、この作業を2〜3回繰り返し、細かい泡を立てます。


【工程3】
最後に、泡が消えないようにカップに注いだら完成です。

表面が細かな泡で覆われていれば、トルココーヒーが上手に淹れられた証拠。
上方の泡が少し消え、コーヒーの粉がカップの底に沈むのを待ってから、上澄みだけを飲みます。


トルココーヒーの飲み方


トルココーヒーは、コーヒーの粉がカップの底に沈むのを待ってから、上澄みだけを飲みます。
カップの底に沈殿したコーヒーの粉は、飲み干さずに残します。

そうは言っても、コーヒーの粉が口の中に少し入ってしまうこともありますよね。
そんな場合は、ざらざらした粉っぽさが口に残るので、水を飲んで洗い流します。
トルココーヒーには、そのための水が一緒に添えられているのが一般的です。

コーヒー1杯の量はかなり少ないですけど、味がとても強いので、時間をかけてゆっくりと楽しめます。

ちなみに、トルココーヒーをカフェで頼むと、トルコで人気のロクムという甘いお菓子も一緒に出されることが多いです。
トルココーヒーとロクムの相性もバッチリですよ。

トルココーヒー占いと結果

ところで、コーヒー占いというのをご存知ですか。

コーヒー占いとは、オスマン帝国時代から伝わる占いのこと。
カップに残ったコーヒーの粉の形から運勢を占います。
コーヒー占いは、トルコに限らず、ヨーロッパやロシアなどでも昔から親しまれています。

コーヒー占いのやり方は、次の通りです。


まず、トルココーヒーの上澄みだけを飲み、カップの底に沈殿したコーヒーの粉を残します。



次に、カップにソーサー(受け皿)をかぶせ、ソーサーごとひっくり返します。

そして、このまま3分ほど待ちます。



最後に、カップの中を見て、残った粉の模様をもとに占います。

コーヒー占いは、模様によって何を意味するかが決まっていて、カップを覗き込みながらパターンにあてはめてきます。
カップの下半分は過去、上半分は将来を表すと言われているそうです。


コーヒー占いの結果は、見る人によってさまざま。
トルコにはコーヒー専門の占い師もいらっしゃるようですが、ほとんどのトルコ人は、遊び感覚で気軽に自分で自分の運勢を見ているようです。

コーヒーで占いをしてみたいという方に、参考として、日本の人気レストラン「カフェロシア」のコーヒー占いの見方をご紹介します。

同店は、東京・吉祥寺にある、ロシアとジョージア(旧グルジア)料理の専門店。
すでにお伝えした通り、コーヒー占いは、トルコに限らず、ロシアやヨーロッパなどでも昔から親しまれています。

カップの底に残った模様からシンボルを探します。

シンボル 結果
仕事がらみのお金
カメラ あなたを想う人がそばに
コイン 大金が転がり込む
ダイヤ プロポーズ
しあわせ
結び目 健康に注意
もうひとつ上のレベルに
仕事のチャンス

トルココーヒーはカフヴェハネで飲む

こちらは、トルコのイスタンブールにある老舗カフェ。
グランド・バザールの中にある、1959年創業の老舗カフェ「シャルク・カフヴェシ(Sark Kahvesi)」です。

このお店では、伝統的なトルココーヒーだけでなく、トルコの紅茶「チャイ」を楽しむこともできます。

伝統的なトルコ式カフェは、「カフヴェハネ(Kahvehane)」もしくは略して「カフヴェ(Kahve)」と呼ばれており、かつては男性の社交の場として栄えてきました。
現在では、男女問わず、日々のくつろぎの場になっています。

ちなみに、トルコではインスタントコーヒーも普通に飲まれていて、「ロカンタ」と呼ばれる大衆食堂では、メニューに「ネスカフェ」と書かれていることも多いです。
また、トルコのホテルでも、インスタントコーヒーも置いているところが一般的です。

トルココーヒーの道具いろいろ

最後に、トルココーヒーで使われる器具を写真で紹介します。


こちらは、トルココーヒー専用のデミスタカップ。

フタつきで、繊細な装飾が施されているのが特徴です。
この金属製のカップの中には、セラミックの白い小さいカップがはめ込まれていて、取り外して洗えるようになっています。



こちらは、市場で売られているトルココーヒーのカップ。

コーヒーカップのデザインはいろいろな種類があって見飽きません。
トルコらしい花柄をあしらったセラミック製や、精緻なデザインが施された金属製やガラス製と、材質もさまざまです。



こちらは、金と銀のピカピカなトルココーヒーセット。

イスタンブールの「グランド・バザール」では、旅行者のお土産にぴったりの道具も見つかります。



こちらは、トルココーヒー専用の小鍋「イブリック」。

イブリックは、こんなふうに無造作に、食材店の軒先に吊るされて売られていることが多いです。

トルコ人の生活必需品であることがよく分かります。


以上、本場トルコより、トルココーヒーについてお伝えしました。
無形文化遺産にも登録されているコーヒーの作り方、ぜひ参考にしてください。

ところで当サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコ料理やトルコの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてぜひご覧ください。

関連記事

トルコ紅茶「チャイ」の作り方や飲み方を解説!グラスやポットも紹介。

トルコの紅茶は、トルコ語で「チャイ(çay)」と言います。チャイと言えば、インドのミルクティーを思い出す方も多いかもしれません。で…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

アイランの作り方!トルコのヨーグルト飲料のレシピを現地から紹介。

トルコの国民的飲み物「アイラン(Ayran)」の作り方を、現地からご紹介します。アイランは、トルコで親しまれているヨーグルトドリン…

トルコヨーグルトを徹底解説。肉料理のソースにも合う!特徴や作り方。

トルコヨーグルトの作り方や料理に使う方法などを、現地トルコから詳しくお伝えします。トルコでは、ヨーグルトは、日々の生活に欠かせない…

バクラヴァのレシピ!トルコやギリシャで大人気のお菓子の作り方。

バクラヴァ(バクラバ:Baklava)の超簡単レシピをご紹介します。バクラヴァとは、トルコやギリシャなどの地中海の国々をはじめ、中…

キョフテの本場風レシピ!人気トルコ料理の作り方を現地より紹介。

キョフテ(köfte)のレシピを本場トルコよりご紹介します。キョフテとは、羊肉を、玉ねぎ・パセリ・スパイスとともに練った小型ハンバ…

ドルマのおすすめレシピ!人気トルコ料理、ピーマンドルマの作り方。

ドルマ(Dolma)のおすすめレシピを本場トルコからご紹介します。ピーマンを使ったドルマ、「ビベル・ドルマス(Biber Dolm…

トルコのチーズを徹底解説!種類や食べ方などを現地からお届け。

トルコで人気のチーズの種類やその食べ方、またチーズを塩抜きする方法や保存方法などを、現地よりお伝えします。トルコで最もよく食べられ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…