やまでら くみこ のレシピ

バックパッカーがすすめるローコストで快適な旅情報。

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

投稿日:

アヤソフィア

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、およそ1500年もの歴史を誇るドーム状の巨大な建築物です。

キリスト教とイスラム教が混在

中央に構える聖堂と、その四隅にそびえる4本のミナーレ(石塔)。
キリスト教とイスラム教の文化が融合したその姿には、イスタンブールの長い歴史が刻み込まれています。

下の写真をご覧ください。
こちらはアヤソフィアの内部を撮影した写真です。

アヤソフィアの画像
手前側の階段はイスラム教の祭壇。
そして、その奥の上部にはキリストと聖母マリアのモザイク画が描かれています。

アヤソフィアのモザイク画
2つの宗教が混在する、一大建築物。
これこそがアヤソフィア大聖堂の最大の魅力です。

この記事では、アヤソフィア大聖堂の見どころと、観光する際に役立つ情報を、豊富な写真とともに詳しくお伝えします。

アヤソフィア大聖堂の基本情報

アヤソフィア大聖堂

アヤソフィア大聖堂は、博物館・美術館として一般の観光客にも開放されています。
アヤソフィア大聖堂の入場料や営業時間などについては、下の表をご覧ください。

営業時間 4月から10月 9:00〜19:00
11月から3月 9:00〜17:00
定休日 なし
その他の休館日 ラマダンや犠牲祭の最初の数日間。
詳細はこちらで確認。
入場料 最新の料金はこちらで確認。
ミュージアムパスでも入場可。
公式サイト https://ayasofyamuzesi.gov.tr/en
行き方 トルコ・イスタンブールの旧市街内

アヤソフィア大聖堂の歴史

アヤソフィアの歴史

続いて、アヤソフィア大聖堂の大まかな歴史をお伝えします。

キリスト教の聖堂として建築

アヤソフィア大聖堂の建つイスタンブールは、歴代の3つの帝国の首都であった街です。

ローマ帝国からビザンツ帝国(東ローマ帝国)、そしてオスマン帝国へと続く時代の流れの中で、アヤソフィア大聖堂は、西暦537年、ビザンツ帝国の時代に、キリスト教の聖堂として建てられました。

アヤソフィアのモザイク画

キリスト教は、ビザンツ帝国の国教。
アヤソフィア大聖堂は、キリスト教(ギリシャ正教)の大本山に位置づけられていました。


なお、トルコ語のアヤソフィア(Ayasofya)は、ギリシャ語のハギア・ソフィア(Agia Sophia)が語源で、もともとは「聖なる叡智」という意味なのだそうです。

イスラム教のモスクとして改修
アヤソフィアのミナレット

時は流れて15世紀半ば、ビザンツ帝国はオスマン帝国に討ち滅ぼされ、イスタンブールは、イスラム教を信奉するオスマン帝国の首都になります。

オスマン帝国は、アヤソフィア大聖堂をモスクに改修することを宣言。
十字架が取り外されて、その代わりにメッカの方向を示すミフラーブが設置され、また、聖堂の脇には4本のミナーレ(石塔)が建てられました。

こうして、アヤソフィア大聖堂は、アヤソフィア・モスク(ジャミィ)に生まれ変わり、キリスト教とイスラム教の両方の特徴を受け継ぐことになります。

政教分離後は博物館

オスマン帝国は、20世紀初頭に倒れます。
トルコ共和国が樹立されてからは、アヤソフィアは宗教施設としての機能は失い、博物館として利用されることになりました。

1985年には、「イスタンブール歴史地区」の一部として世界遺産にも登録されています。

アヤソフィア大聖堂の見どころ

次に、アヤソフィア大聖堂の見どころをご紹介します。

ドームの天井

アヤソフィアの見どころ

アヤソフィアは大聖堂の名に恥じない巨大な建築物です。

中に入ったときにまず感じるのは天井の高さ。
一番高いところで55メートルあるそうです。

天井部分は、複数の大きなドームが連なった形状をしていて、それぞれのドームを囲むようにして設置された窓からは、自然光が柔らかく差し込んでいます。

建物自体の巨大さと、その内部を照らす日の光のまばゆさ。
その2つの要素がアヤソフィアの宗教的権威を更に高めていたのではないかと思います。


キリスト教のモザイク画

アヤソフィアのモザイク画

ビザンツ帝国時代に飾られていたキリスト教のモザイク画は、オスマン帝国時代には漆喰で塗りつぶされて隠されていたそうです。
現在では一部のモザイク画が修復されています。

上のモザイク画の中央に描かれているのはキリストです。
向かって左が聖母マリア、右側が大天使ガブリエル。
キリストに跪いているのは、ビザンツ帝国の皇帝と言われています。

アヤソフィアのモザイク画
こちらは、中央がキリストで、左が聖母マリア、右が洗礼者ヨハネです。

アヤソフィアのモザイク画
かなり劣化が進んでいますが、もともとは右の写真のような構図だったそうです。

アヤソフィアのモザイク画
このモザイク画の両脇に描かれているのは、皇帝ジョン2世コネヌスとアイリーン皇后です。

キリストとマリアと皇帝と皇后。
当時の権力者たちは、その4人を一つの絵に描くことで、自分自身もキリスト教の権威を纏おうとしていたのかもしれません。

アヤソフィアのモザイク画
こちらのモザイク画の両脇は、皇帝コンスタンティヌス9世と皇后ゾーイです。

上の絵と同様にキリストを囲んでいます。


イスラム教のミフラーブ

アヤソフィアのミフラーブ

壁面に設置された、イスラム教のミフラーブです。
壁の一部が大きく窪んでいて、その周りに豪華な幾何学模様の装飾が施されています。

アヤソフィアのミフラーブ
イスラム教徒の方々は、ミフラーブの先にある、聖地メッカに向かって礼拝をします。

イスラム教の円盤

アヤソフィアのイスラム教の円盤

黒字に金色の文字が描かれた円盤。
アッラーやムハンマド、聖職者の名前が書いてあるそうです。

アヤソフィアのイスラム教の円盤
字自体はまったく読めませんが、デザインが洗練されていて、とても格好いいです。

聖母マリアの手形

アヤソフィアの柱

アヤソフィアの内部には多数の柱がありますが、その中の1本に、ありがたい柱があります。

直径数センチの丸い穴が柱に空いていて、その穴に親指を突っ込んで、残り4本の指を柱から離さないようにしてぐるっと一周。
成功すると、願いごとが叶うと言われています。

こういう言い伝えは、万国共通でみんな大好き。
穴のまわりのすり減り具合が半端ないです。

アヤソフィアの願いが叶う柱
アヤソフィアの願いが叶う柱
指を突っ込んで
ぐるっと回転

なるべく手のひらを下に向けてからスタートするのが、成功のコツです。


以上、アヤソフィアの見どころについてお伝えしました。

アヤソフィアの猫
アヤソフィアは、イスタンブールの長い歴史を今に伝える、貴重な観光スポットです。

ビザンツ帝国時代にはキリスト教の大聖堂、オスマン帝国時代にはイスラム教のモスク、そしてトルコ共和国になってからは政教分離され、多くの観光客が訪れる博物館になりました。

そうした歴史の流れを踏まえてこの場所を観光すると、とても面白いですよ。

ちなみに、上の写真は、アヤソフィアの看板猫グリちゃんです。
運が良ければ、アヤソフィアの中を散歩しているグリちゃんに会えるかもしれません。


ところで当サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコの観光スポットやトルコ料理について、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブールにある、巨大な地下貯水池です。 無数の石柱が林立するその姿から、「地下…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブールの旧市街中心部に位置する巨大な市場のこと。 イスラム世界の熱気と喧噪…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は、トルコのイスタンブールにある巨大なモスク。 同じくイスタンブール旧市…

ガラタ塔からの眺めは最高!イスタンブール新市街の歴史的背景も解説。

ガラタ塔(Galata Kulesi)は、トルコ・イスタンブールにある、超おすすめのビュースポットです。 塔の高さは約67メートル。 塔自体…

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海峡クルーズがおすすめです。 ボスポラス海峡(Bosporus)とは、イ…

おすすめ記事

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、…

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコ・イ…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は…

イスティクラル通りの見どころ!イスタンブール新市街のお洒落な繁華街。

イスティクラル通り(Istiklal Avenue)は、トルコ・イスタ…

ガラタ塔からの眺めは最高!イスタンブール新市街の歴史的背景も解説。

ガラタ塔(Galata Kulesi)は、トルコ・イスタンブールにある…

ヒエラポリス遺跡は古代の温泉街!トルコ・パムッカレにある世界遺産の魅力。

トルコのパムッカレにある、ヒエラポリス遺跡(Hierapolis)をご…

ガラタ橋からイスタンブールの街並みを観光!サバサンドのおすすめ店も紹介。

ガラタ橋は、トルコのイスタンブールの旧市街と新市街を結んでいる橋で、観…

エジプシャン・バザールでお土産選び!イスタンブールのスパイス市場。

トルコ・イスタンブールのおすすめ観光スポット、エジプシャン・バザール(…

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブール…

テオドシウスの城壁の歴史と見どころ!イスタンブールの頑強な防御壁。

テオドシウスの城壁とは、ビザンツ帝国の首都であったコンスタンティノープ…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブー…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をも…

ギリシャのおすすめのお土産22品!ばらまき用お菓子から人気雑貨まで。

ギリシャ土産のおすすめ22品を現地からご紹介します。 ギリシャといえば…

サントリーニ島・フィラの観光情報を現地からお届け!地図も掲載。

サントリーニ島のフィラ(Fira)を観光するうえで役立つ情報を、実体験…

サントリーニ島・イアの観光ガイド!夕日スポットや行き方も紹介。

サントリーニ島の人気観光スポット、イア(Oia)の魅力を写真ともにご紹…

ウルワツ寺院でケチャダンスとサンセット。バリ観光のクライマックス!

ウルワツ寺院は、バリ島南端の断崖絶壁の上に建つお寺。 垂直に切り立った…

世界遺産・タマンアユン寺院の魅力を一挙紹介!行き方や地図なども。

インドネシアのバリ島中部にある、世界遺産のタマンアユン寺院。 バリ島で…

タナロット寺院の魅力!行き方や夕日の時間などお役立ち情報も。

タナロット寺院は、バリ島の南西部にある、観光客に大人気のスポットです。…

きっとプランバナン寺院に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式14問。

インドネシアにある世界屈指のヒンドゥー教遺跡、「プランバナン寺院」の魅…

バリ・レギャンのホテルはAdy’s Innがおすすめ。癒やされる格安宿。

バリ島のレギャン地区にある、素晴らしいホテルをご紹介します。 Ady'…

きっとボロブドゥール遺跡に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式15問。

千年もの間ジャングルに眠っていた巨大遺跡、ボロブドゥールの魅力をご紹介…

釧路湿原観光のおすすめ3選。カヌー、展望台、ノロッコ号を解説!

釧路湿原を観光するうえで、おすすめのスポット&アクティビティは3つあり…

知床観光(五湖、ツアー&クルーズ)のおすすめの見どころ3選とホテル。

知床半島の観光の見どころ&おすすめポイントを豊富な写真とともにご紹介し…

ニューヨークで年越しカウントダウンをラクに楽しむ方法。

ニューヨークのタイムズスクエアで大晦日に行われるカウントダウンをラクし…

ミャンマーのバガン遺跡を1日で観光。おすすめプラン。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」の1日観光プランをご紹介します。 …

バガンのおすすめホテル。ミヤンマーの遺跡観光に便利。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」のおすすめホテルをご紹介します。 …