キョフテの本場風レシピ!人気トルコ料理の作り方を現地より紹介。

投稿日:2019年8月26日 更新日:

キョフテ

キョフテ(köfte)のレシピを本場トルコよりご紹介します。

キョフテとは、羊肉を、玉ねぎ・パセリ・スパイスとともに練った小型ハンバーグのこと。
ミートボール風に小さく丸めて作る場合もあり、中東や南アジアでよく食べられています。

トルコ料理のキョフテ 日本のハンバーグや肉団子とくらべると、ほんのりスパイシーで、食感がかなりしっかりめ。
肉々しく、肉の旨味が存分に堪能できるのが特徴です。
トルコのキョフテの作り方

キョフテの調理法はグリルや鉄板で焼くのが最も一般的です。
他にも、炭火焼きにする方法、オーブンで焼く方法、油をたっぷり使って揚げる方法、鍋で煮込みにする方法などがあります。

キョフテのスパイス また、キョフテには、唐辛子(プル・ビベール)・クミン・シナモン・オールスパイス・ナツメグ・クローブ・タイム(ケキッキ)などのスパイスがよく使われます。

加えるスパイスの量は、ほんのりと感じる程度。
トルコを含めた中東では、基本的に、インドや東南アジアの料理ほどたくさんのスパイスは使いません。

キョフテの簡単レシピ
キョフテのレシピ これからご紹介するレシピは、フライパンを使うのでとても簡単です。
それでいて味は本格的。

また、羊肉の代わりに牛肉を使っても美味しいです。

本場のキョフテと合わせて、キョフテの仲間「イチリキョフテ」や「イズミルキョフテ」も紹介します。


キョフテのレシピ

キョフテの作り方

「キョフテ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【6個分:調理時間15分】
たね
牛ひき肉(赤身)※ 300g
1個
パン粉 40g
牛乳 大さじ2
玉ねぎ 1/4個(50g)
おろしにんにく 1かけ分
パセリ(みじん切り) 大さじ4
クミンパウダー 小さじ1/4
小さじ3/4
こしょう 小さじ1/4
その他
オリーブオイル 適量

※羊肉を使うと、より本場風に仕上がる。

作り方
  1. 玉ねぎをみじん切りにし、パン粉に牛乳を混ぜる。
  2. ひき肉と塩をボールに入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
    他のたねの材料を加え、よく混ぜる。
  3. 2を小判型に整形し、オリーブオイルを引いたフライパンに並べる。
    フライパンを中火にかけ、片面を3分くらい焼いて焼き目を付ける。
    ひっくり返してフタをし、弱めの中火で5〜7分ほど焼き、完全に火を通したらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

キョフテの材料
【工程1】
まず、玉ねぎ(1/4個:50g)とパセリをみじん切りにして、大さじ4用意します。

そして、パン粉(40g)に牛乳(大さじ2)を混ぜます。
ちなみに、牛乳の量は少ないので、パン粉に混ぜても完全には湿りません。


キョフテの材料の牛ひき肉を混ぜる
【工程2】
次に、牛ひき肉(赤身:300g)と塩(小さじ3/4)をボールに入れ、粘りが出るまでよく混ぜます。


キョフテの材料を混ぜる
続いて、他のたねの材料すべてを加え、よく混ぜます。

他のたねの材料は、卵(1個)・パン粉と牛乳を混ぜたもの・玉ねぎ・おろしにんにく(1かけ分)・パセリ・クミンパウダー(小さじ1/4)・こしょう(小さじ1/4)です。

これで、キョフテのたねができました。


キョフテをフライパンに並べる
【工程3】
続いて、たねを小判型に整形し、オリーブオイル(適量)を引いたフライパンに並べます。

そして、フライパンを中火にかけ、片面を3分くらい焼いて焼き目を付けます。


キョフテにフライパンで焼き目を付ける
焼き目が付いたら、ひっくり返します。


フタをしたフライパンでキョフテを焼く
そして、今度はフタをして、弱めの中火で5〜7分ほど焼き、完全に火を通します。


フライパンで焼いたキョフテ
これで完成です。


キョフテ
日本の普通のハンバーグとくらべると、お肉がぎっしり詰まっています。

肉の旨味が存分に堪能できる肉々しいハンバーグ。
ほんのり使ったスパイスで、肉の旨味がより引き立ちますよ。

付け合わせは、トマトなどの野菜とバターライスがおすすめです。

次に、本場トルコのキョフテのバリエーションを写真をもとに紹介します。

本場トルコのキョフテ

本場トルコのキョフテ
こちらは「ウズガラ・キョフテ(Izgara Köfte)」。
トルコのキョフテの中で最もシンプルかつポピュラーな一品で、冒頭で紹介したレシピもこれに当たります。

トルコでキョフテと言えば、羊肉が使われるのが一般的です。
羊肉を使った現地のキョフテはクセがなく、どのお店で食べてもほぼ外れがありません。

写真のキョフテも感動レベルの美味しさでした。
塩気をしっかり効かせた味付けで、お肉の味がすごく濃く感じられます。

付け合わせは、焼いたトマト&ピーマン・フライドポテト・野菜サラダ・キャベツの酢漬け、そしてピラウです。

キョフテの定番付け合わせ
ピラウ ピラウとは、スープストックとバターで米を炊いた、味付きのご飯のことです。

トルコでは、キョフテにピラウを合わせるのが定番スタイル。
またピラウは、キョフテ以外にも、ドルマや肉料理の付け合わせとして使われます。

ちなみに、写真に写っている茶色いのは、米粒くらいの大きさのパスタ。
トルコのピラウには、このパスタが混ぜられていることが多いです。

レストラン「istanbul anatolian cuisne」のキョフテ
@トルコ イスタンブール


イチリキョフテ
こちらは、ちょっと変わったキョフテ。
「イチリ・キョフテ(İçli Köfte)」と言います。

キョフテというメニュー名は、手で握って作ったお料理の総称としても用いられます。

イチリ・キョフテは、肉だねをピロシキのように皮で包んで揚げるのが特徴です。
皮は、「ブルグル」と呼ばれるひき割り小麦を練って作ります。

もともとは、レバノンがルーツとされ、トルコ南東部のシリア国境に近いシャンルウルファの名物料理。
トルコでは、家庭で作るよりも、レストランで食べるのが一般的です。

「Can Can Cafe Restaurant」のイチリキョフテ
@トルコ カッパドキア


イチリキョフテ
こちらは、トマトソースがかかった「イチリキョフテ」です。

中には、羊肉を使ったタネがたっぷり入っていて、濃厚な味。
また、皮には、ブルグルの粒々食感が少し残っています。

トルコに行ったら、是非、イチリ・キョフテも食べてみてください。
とても美味しいですよ。

「Turkish Ravioli Restaurant」のイチリキョフテ
@トルコ カッパドキア


トルコ料理のキョフテ
こちらは、肉を一切使わないキョフテ。
トルコのホテルの朝食のメニューでした。

「ブルグル」というひき割り小麦に加え、玉ねぎやハーブを練り込み、フライパンで焼き上げた一品です。
やや弾力のある食感で、さっぱりしています。

手で握った跡をそのまま残し、ざっくりとした形に仕上げるのがポイントです。

「Ada Hotel Istanbul」のブルグルキョフテ
@トルコ イスタンブール


日本のトルコ料理店のキョフテ
最後にご紹介するのは、日本の人気トルコ料理店のキョフテです。

トマトソースとヨーグルトソースがたっぷりかかっていて、ディルが添えられています。

羊肉は弾力があり、塩気をややしっかり効かせた味付け。
クミンのほんのりとした風味が感じられて、とても美味しいです。

トルコでは、このお料理のような、ソースをかけたキョフテも食べられています。

また、じゃがいもなどの野菜と一緒にトマトソースで煮込んで作る、「イズミル・キョフテ(Izmir Köfte)」というお料理もあります。
こちらは、トルコ西部にある第三の都市「イズミル」の名物料理として知られています。

「ジェイハン」のキョフテ
神奈川 横浜


以上、本場トルコより、キョフテのレシピや種類をご紹介しました。
キョフテは日本でも人気のトルコ料理。
簡単に作れるうえに美味しいのでおすすめですよ。

ところで当サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコ料理やトルコの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてぜひご覧ください。

関連レシピ