やまでら くみこ のレシピ

バックパッカーがすすめるローコストで快適な旅情報。

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

投稿日:2019年9月25日 更新日:

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコ・イスタンブールの新市街に立つ、きらびやかで美しい宮殿です。

建築されたのは1856年。
オスマン帝国の末期です。

スルタンが暮らした華やかな宮殿

宮殿の完成後、当時のスルタン(皇帝)はトプカプ宮殿からこの地に移り住み、その後、合計6代にわたってこの宮殿で暮らしました。
家族や女性たちが住むハレムも、もちろん併設されています。

オスマン帝国の年間税収の4分の1をつぎ込んで造られたという、超豪華な宮殿。
巨大な建築物に足を踏み入れると、そこには、金色に輝くド派手な装飾が一面に広がっています。

初代大統領が官邸として使用

オスマン帝国崩壊後は、トルコ共和国の建国の父 ムスタファ・ケマル・アタテュルクの大統領官邸として使用されました。

アタテュルクが亡くなったのは、この宮殿内の一室。
そして、その部屋の時計の針は、亡くなった9時5分を指したまま止められています。

なお、現在のドルマバフチェ宮殿は、トルコ共和国の迎賓館としても利用されているほか、一般の観光客にも開放されています。

この記事では、ドルマバフチェ宮殿の魅力をお伝えします。

ドルマバフチェ宮殿の基本情報

まずは、ドルマバフチェ宮殿の入場料や開園時間などの基本情報についてお伝えします。

開園時間 9:00〜16:00
定休日
その他の休日 1月1日、犠牲祭初日など
入場料 最新の料金はこちらで確認。
記事投稿時点では日本円換算で100リラ。
公式サイト http://www.millisaraylar.gov.tr
行き方 トルコ・イスタンブールの新市街内

ドルマバフチェ宮殿の敷地面積は約4万5千平方メートル。
東京ドーム1個分(約4万7千平方メートル)に迫る広さです。

全て見学するには2時間くらい必要

宮殿内は、男性用の区画「セラムルク(Selamlik)」と、女性用の区画「ハレム(Harem)」に分かれています。
オスマン帝国時代には、セラムルクでは政治的なことが行われ、ハレムではスルタンとその家族たちが暮らしていました。

部屋数は、合計で285室。
とてもたくさんの人間が、ここで暮らしていたことが分かります。

広いので、すべてを見学すると、2時間くらいかかります。

ドルマバフチェ宮殿の予約方法

ドルマバフチェ宮殿のチケットは、事前に予約しておくこともできます。
宮殿に1日に入場できる人数は制限されているので、心配な場合は予約をしておくのもありです。

ただし、予約は必須ではありません。
当サイトが実際に予約なしで訪れたところ、開園してすぐの時間だったこともあり、特に並ぶこともなく、すんなりとチケットを購入できました。

なお、当サイトでは試していませんが、チケットの予約は、公式サイト内のe-Reservationでできるようです。

ドルマバフチェ宮殿の内観

続いて、ドルマバフチェ宮殿の内部の様子をお伝えします。

写真とともにご紹介したいところですが、残念ながら、宮殿内部は写真撮影が禁止。
そこで今回は、twitterの画像とともにご紹介します。

クリスタル階段

こちらは、豪華絢爛な階段スペースです。
見上げるほど高い天井と、きらびやかな装飾。
中央には、巨大なシャンデリアが飾られています。

宮殿内にはシャンデリアがいくつもありますが、その中で、このシャンデリアが最大です。
天井の曇りガラスから差し込む日の光に照らされて、キラキラと輝いています。

また、階段の造りも笑ってしまうほど豪華で、手すりを支える柱がすべてクリスタルで出来ています。

これぞまさに宮殿。
インパクトが半端ないです。


儀式の間

こちらは、「儀式の間」。
高さ36メートルのドーム状の空間です。

中央に飾られた、ビクトリア女王から送られたというシャンデリアが圧倒的な存在感を誇ります。

twitterには、儀式の間を撮影した動画もアップされています。
照明は暗めですが、部屋の雰囲気はお分かりいただけると思います。


宗教的な儀式が行われたホール

この場所は、ズルベチェイン・ホール(Zülvecheyn Salonu)と呼ばれるホールで、主に宗教的な儀式が行われていたそうです。
天井や壁面が白色と金色をベースに装飾されていて、洗練された雰囲気を感じます。


図書室

宮殿内には図書室もあります。
書籍や新聞などの総数は1万4千点。
アブデュルメジト2世の蔵書が保管されています。

アブデュルメジト2世は、イスラム世界の指導者「カリフ」として承認された、歴史上最後の人物。
オスマン家の血を引く彼は、オスマン帝国解体直後の1922年に「カリフ」として選出されましたが、翌年に誕生したトルコ共和国が政教分離を採用したことから、わずか1年半ほどでその地位を追われてしまいました。


ハレム

宮殿の奥にはハレムがあります。

ドルマバフチェ宮殿は細長い造りをしていて、オスマン帝国時代には、手前側は、男性が出入りするセラムルクとして利用され、奥は、女性たちが暮らすハレムとして利用されていました。

上の写真は、ハレム内の2階部分にある、「青の間」と呼ばれるホールです。

こちらは、ハレムの天井部分。
中央にあるのは、フランスのバカラ製のシャンデリアです。


アタテュルクの執務室

トルコ共和国の初代大統領 ムスタファ・ケマル・アタテュルクの執務室は、宮殿の2階にあります。
南側に面した、居心地の良い執務室。
窓の外にはボスポラス海峡が広がっています。


アタテュルクが亡くなった部屋

アタテュルクは、執務室の隣の部屋で亡くなりました。

アタテュルクは、トルコの近代化の道筋を作ったトルコ国民の英雄。
ベッドにはトルコの国旗がかけられており、ベッドの脇に置かれた時計は、死亡時刻の9時5分で止まっています。

ちなみに、「アタテュルク」という呼び名は、名前ではなく称号です。
この言葉の意味は「トルコ人の父」というもの。

彼への尊敬をこめて、トルコ議会が、生前にこの称号を贈ったそうです。



ここまで、ぐるっと観光してだいたい2時間くらいです。
開園時間の9時に合わせて訪れれば、お昼前には十分見終わります。
見学し終えたら、敷地内のカフェで一休みするのもいいと思います。

ドルマバフチェ宮殿を一言で表現すると、豪華絢爛。
イスタンブールの宮殿と言えば、ドルマバフチェ宮殿とトプカプ宮殿の2つが有名ですが、比較すると、華やかさではドルマバフチェ宮殿の方が圧倒的に上です。

きらびやかな装飾が至る所に施されており、しかもトプカプ宮殿よりも新しいので、保存状態も良好です。
イスタンブールに訪れたからには、ぜひドルマバフチェ宮殿を観光してください。

ところで当サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコの観光スポットやトルコ料理について、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海峡クルーズがおすすめです。 ボスポラス海峡(Bosporus)とは、イ…

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブールにある、巨大な地下貯水池です。 無数の石柱が林立するその姿から、「地下…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、およそ1500年もの歴史を誇るドーム状の巨大な建築物です。 キリスト教…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は、トルコのイスタンブールにある巨大なモスク。 同じくイスタンブール旧市…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブールの旧市街中心部に位置する巨大な市場のこと。 イスラム世界の熱気と喧噪…

おすすめ記事

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、…

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコ・イ…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は…

イスティクラル通りの見どころ!イスタンブール新市街のお洒落な繁華街。

イスティクラル通り(Istiklal Avenue)は、トルコ・イスタ…

ガラタ塔からの眺めは最高!イスタンブール新市街の歴史的背景も解説。

ガラタ塔(Galata Kulesi)は、トルコ・イスタンブールにある…

ヒエラポリス遺跡は古代の温泉街!トルコ・パムッカレにある世界遺産の魅力。

トルコのパムッカレにある、ヒエラポリス遺跡(Hierapolis)をご…

ガラタ橋からイスタンブールの街並みを観光!サバサンドのおすすめ店も紹介。

ガラタ橋は、トルコのイスタンブールの旧市街と新市街を結んでいる橋で、観…

エジプシャン・バザールでお土産選び!イスタンブールのスパイス市場。

トルコ・イスタンブールのおすすめ観光スポット、エジプシャン・バザール(…

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブール…

テオドシウスの城壁の歴史と見どころ!イスタンブールの頑強な防御壁。

テオドシウスの城壁とは、ビザンツ帝国の首都であったコンスタンティノープ…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコ・イスタンブー…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をも…

ギリシャのおすすめのお土産22品!ばらまき用お菓子から人気雑貨まで。

ギリシャ土産のおすすめ22品を現地からご紹介します。 ギリシャといえば…

サントリーニ島・フィラの観光情報を現地からお届け!地図も掲載。

サントリーニ島のフィラ(Fira)を観光するうえで役立つ情報を、実体験…

サントリーニ島・イアの観光ガイド!夕日スポットや行き方も紹介。

サントリーニ島の人気観光スポット、イア(Oia)の魅力を写真ともにご紹…

ウルワツ寺院でケチャダンスとサンセット。バリ観光のクライマックス!

ウルワツ寺院は、バリ島南端の断崖絶壁の上に建つお寺。 垂直に切り立った…

世界遺産・タマンアユン寺院の魅力を一挙紹介!行き方や地図なども。

インドネシアのバリ島中部にある、世界遺産のタマンアユン寺院。 バリ島で…

タナロット寺院の魅力!行き方や夕日の時間などお役立ち情報も。

タナロット寺院は、バリ島の南西部にある、観光客に大人気のスポットです。…

きっとプランバナン寺院に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式14問。

インドネシアにある世界屈指のヒンドゥー教遺跡、「プランバナン寺院」の魅…

バリ・レギャンのホテルはAdy’s Innがおすすめ。癒やされる格安宿。

バリ島のレギャン地区にある、素晴らしいホテルをご紹介します。 Ady'…

きっとボロブドゥール遺跡に行きたくなる観光ガイド。Q&A形式15問。

千年もの間ジャングルに眠っていた巨大遺跡、ボロブドゥールの魅力をご紹介…

釧路湿原観光のおすすめ3選。カヌー、展望台、ノロッコ号を解説!

釧路湿原を観光するうえで、おすすめのスポット&アクティビティは3つあり…

知床観光(五湖、ツアー&クルーズ)のおすすめの見どころ3選とホテル。

知床半島の観光の見どころ&おすすめポイントを豊富な写真とともにご紹介し…

ニューヨークで年越しカウントダウンをラクに楽しむ方法。

ニューヨークのタイムズスクエアで大晦日に行われるカウントダウンをラクし…

ミャンマーのバガン遺跡を1日で観光。おすすめプラン。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」の1日観光プランをご紹介します。 …

バガンのおすすめホテル。ミヤンマーの遺跡観光に便利。

ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」のおすすめホテルをご紹介します。 …