黒島観光のすすめ。石垣島からフェリーで30分!多くの生き物に会える島

投稿日:2020年8月10日 更新日:

黒島観光

黒島くろしまは、沖縄の八重山やえやま諸島にある離島で、牧畜が盛んなのどかな島です。

人口およそ220人に対して、牛の数は3,000頭以上。

黒島の牛
島内のいたる所で牛が牧草をんでいて、それらは「石垣牛」などのブランド牛として出荷されていきます。

黒島研究所も必見

こうした牧場の風景も黒島観光の見どころですが、それ以外にも、島の西側にある黒島研究所は外せません。

黒島研究所は、ウミガメや珊瑚などの研究をしている民間の施設。

黒島のウミガメ
研究所内ではウミガメや近海の魚の飼育もされていて、それらは一般の観光客にも開放されています。

シュノーケリングの際に出会った、見覚えのある魚たちもたくさんいて、それらを眺めているだけでも楽しめます。

この記事では、黒島の観光スポットを写真とともにご紹介します。

黒島への行き方(アクセス)

黒島のフェリー

まずは、黒島へのアクセスから。

黒島には飛行機が飛んでいないので、島を訪れる際には、石垣島からフェリーで行くことになります。

石垣島の離島ターミナルから船に乗って、所要時間はだいたい30分くらい。
結構近いです。

出発時刻は季節によって変わるので、フェリーの最新の時刻表と料金については、安栄観光のホームページで確認するのがおすすめです。


なお、黒島と石垣島との位置関係は、下の地図を参考にしてください。

黒島
石垣島離島ターミナル

黒島での移動手段

黒島は、離島とは言えそれなりに広いので、徒歩での観光はけっこうシンドイと思います。
急に天気が悪くなってスコールが降ることもあるので、できればレンタカー、それがムリな場合は、レンタサイクルを利用するのがおすすめです。

レンタカーの独特な借り方

ちなみに、私がレンタカーを借りた時のシステムは、なかなか面白かったです。

黒島のフェリーターミナルの目の前にレンタカー用の車が停まっていて、フロントガラスに電話番号が書かれたステッカーが貼られています。

その番号にかけると、レンタカー屋さんに繋がって、利用する時間を聞かれ、それに応じた料金を教えてもらえます。

そして、実際に借りる場合は、目の前の車に乗り込めばOK。
その車には鍵がかかっておらず、ハンドル近くに置いてあるキーを使ってそのまま利用できるようになっています。

返却する際は、指定された料金を、車内に置いておくだけで、支払い完了。
なかなか斬新なシステムになっています。

黒島観光の見どころ

それでは、ここからは、黒島のおすすめの観光スポットをご紹介します。

黒島展望台

黒島の展望台

こちらは、黒島展望台です。

高さは10メートルほど。

黒島の展望台からの眺め
展望台のすぐ横には小中学校があり、それ以外は、一面の牧草地帯となっています。

島の様子を俯瞰するのにぴったりの場所なので、最初に立ち寄っておくといいですよ。


日本の道100選

黒島の日本の道100選

黒島展望台は、県道沿いに建っています。

この県道は、正式名称を「県道213号黒島港線」と言いますが、実はこの道、「南海の島の景観道」として日本の道100選に選ばれているんです。

牧草地に囲まれたのどかな道路ですが、そうした権威付けをされると、写真の一枚でも撮っておきたくなるのが人情です。

ちなみに、この道は、日本最南端の県道でもあります。


黒島研究所

黒島研究所

黒島研究所は、個人的に、黒島のなかで最もおすすめのスポットです。

研究所の中には、黒島にゆかりのある沢山の生き物が飼育されています。

黒島のウミガメ
なかでも、一番の見どころは、やはりウミガメ。

ゆったりと泳ぐその姿は、とても愛らしいです。


黒島研究所の展示室
展示室
黒島研究所のウミガメの標本
ウミガメの標本
黒島研究所のヤシガニ
ヤシガニ
黒島研究所の魚
愛嬌のある魚
黒島研究所のカサゴ
カサゴの仲間
黒島研究所のサメ
庭の池を泳ぐサメ

研究所の規模はあまり大きくないものの、飼育されているウミガメの数はかなり多いです。
ざっと見渡すと、少なくとも20〜30匹はいそうな感じ。

西表島でお世話になった船長さんに聞いた話ですが、その方は、傷ついて弱ったウミガメを海で見つけたら、黒島研究所に連絡するようにしているそうです。

実際に、その方の連絡がきっかけとなって、ウミガメの保護に繋がったこともあるのだとか。
お礼として、ウミガメの手ぬぐいを貰ったそうですよ。


伊古桟橋

伊古桟橋(黒島)

こちらは伊古桟橋いこさんばし
むかし使われていた船着き場です。

桟橋の全長は354mもあり、黒島の透き通った海に向かって、まっすぐに伸びています。

周りの海は遠浅で、桟橋の下には、色とりどりの魚が泳いでいます。

黒島の伊古桟橋
また、桟橋の先端から後ろを振り返ると、黒島の豊かな自然が一面に広がっています。

視界を遮るものが何もなく、開放感たっぷりの場所です。


黒島の伊古桟橋の休憩所

浜への入り口付近には南国風の東屋あずまやがあるので、その場所で潮風を浴びながら休憩するのもおすすめです。

東屋の中にあるのは、牛をかたどったベンチ。
黒島らしい遊び心です。


黒島の観光スポット【番外編】

黒島のおすすめの見どころをいくつかご紹介しましたが、ここからは、黒島の観光スポットの番外編をお伝えします。

黒島灯台

黒島灯台

こちらは、黒島灯台。
島の南端にあるこぢんまりとした灯台です。

この灯台はガイドブックで紹介されていることもありますが、わりと普通の灯台なので、スケジュールがタイトな場合は、ムリして訪れる必要はないように思います。


仲本海岸

黒島の仲本海岸

こちらは、仲本海岸。
黒島のシュノーケリング・スポットとして知られているビーチです。

黒島の仲本海岸に漂着したゴミ
ただ、浜自体は、漂着したゴミが散乱しており、あまり綺麗ではありません。

ダイビングやシュノーケルならともかく、波打ち際でチャプチャプ遊んでいるだけだと、ゴミが視界に入ってちょっとテンションが落ちるかも。

こちらも、スケジュールに余裕がない場合は、省略してもいいと思います。


以上、黒島の観光情報についてお伝えしました。

黒島は、とてもたくさんの生き物が暮らしている島です。

黒島のクイナ
一番目立つのは牛ですが、それ以外にもウミガメの産卵場所でもあり、また、他の八重山諸島の島々と同様に、可愛らしいクイナの生息地でもあります。

加えて、道を歩けば、インドクジャクと出会うことも。
こちらは、生態系を壊す害鳥ではありますが、初めて見かけるとやはりテンションが上がります。

運がよければ、牛と孔雀のツーショット写真も撮れるかもしれませんよ。

黒島の牛とクジャク