やまでら くみこ のレシピ

バックパッカーがすすめるローコストで快適な旅情報。

知床観光(五湖、ツアー&クルーズ)のおすすめの見どころ3選とホテル。

投稿日:2018年8月30日 更新日:


知床観光シリーズのラスト、第3弾です。

今回は知床(ウトロと羅臼)のおすすめホテルについてお伝えします。

知床観光シリーズ

第1弾知床1日ツアー編(知床五湖&絶景パノラマツアー)

第2弾知床クルーズ&ホエールウォッチング編

第3弾知床(ウトロ&羅臼)のおすすめホテル編

ウトロと羅臼をくらべると、ホテルが充実しているのはウトロです。
ウトロには大規模なホテルもありますが、羅臼には昔ながらのホテルや旅館しかありません。

私はどちらの町にも宿泊しましたが、知床を短期間で観光するのならウトロに宿をとるのがおすすめです。
ウトロから羅臼までは車で40〜50分程度。
ウトロを拠点とすれば、羅臼は日帰りも可能です。

この記事では、まずはウトロのおすすめの宿をご紹介します。

その後に、羅臼の宿。

今後の知床旅行の参考にしてください。


知床(ウトロ)のおすすめホテル「夕陽のあたる家」

ウトロのホテルだったら「夕陽のあたる家」がおすすめです。

安価なうえに、清潔。
至れり尽くせりの高級ホテルではありませんが、すごく居心地がいいホテルです。

客室やテラスからの眺望も素晴らしい。
夕陽に照らされたウトロの海はキラキラと輝いていて、とても綺麗です。

テラスのソファから海を眺めているだけでも癒やされます。
知床観光の拠点とするのにピッタリのホテルですよ。

夕陽のあたる家

「夕陽のあたる家」は、こういう方におすすめです。

  1. 車で旅行している。
  2. 宿泊費を節約しつつ、きれいなホテルに泊まりたい。
  3. 素泊まりしたい。
  4. 自分で料理を作りたい。
  5. たばこを吸わない。(全室禁煙。喫煙室あり。)

写真を交えながら詳しく説明します。

「夕陽のあたる家」は、観光スポットや飲食店が集中しているウトロの中心部から、車で3分くらい登った高台にあります。

ウトロは、海側のホテルだけではなく、高台のホテルもとても人気があります。
高台のホテルに泊まるメリットは、なんと言っても眺めの良さ。

「夕陽のあたる家」の眺望は、その中でもピカイチです。
部屋の窓から、ウトロの海を一望できます。

でも、一つだけ注意して欲しいことがあります。
それは移動。
坂道なので、徒歩ではちょっとシンドイです。
車で移動する方におすすめです。


暖炉付きの休憩スペース


ホテルのフロントの脇には、こんな暖炉付きの休憩スペースもあります。


テラス


ホテルのロビーを少し進むと、鮮やかなピンク色を基調とした広々としたソファーと、味のあるエゾシカの壁画が印象的なテラス。



このテラスの南側は全体がガラス張りになっていて、自然光がたっぷり入ります。



木陰越しに見えるのはウトロの港。



時間がある時はここで読書をしたり、軽食をとるのもいいです。


キッチン


テラスの脇には、宿泊者が自由に使えるキッチンがあります。
これは、このホテルならではの設備。

IH用の鍋やフライパンをはじめ食器など、料理に必要な道具は一通り揃っています。
旅先で料理をしたい方におすすめです。



またこのキッチンの脇には、朝食時と夕食時に無料で飲めるコーヒーと紅茶が用意されています。


コインランドリー


コインランドリーもとてもきれいです。

洗濯機は洗剤不要です。

ちなみに、コインランドリーの奥のスペースが喫煙所になっています。

客室


ホテル内は地上5階建て。

2階がフロント&共有スペースで、3階から5階までが客室です。
客室の数はワンフロアーごとに8室。小さくて静かなホテルです。



これは和室と洋室が半々になった2人用の部屋。

時期にもよりますが、予算は素泊まりで1人6,630円〜、1泊夕食付きで9,870円〜です。

私は素泊まりで宿泊しましたが、夏の観光シーズンであれば夜でも営業している飲食店がありますし、コンビニ(セブンイレブン)もあるので、まったく問題ありませんでした。

客室からの眺め


これは「夕陽のあたる家」の客室からの眺め。

全室オーシャンビューです。

ちなみに景色の左側に写っているのが、同じ系列の「北こぶしホテル」。
目の前が港なので、そちらも眺めはバツグンですが、高台から俯瞰する「夕陽のあたる家」の眺めの方がポイントが高いと私は思います。



白いホテルの脇には、「ゴジラ岩」と呼ばれて親しまれている、この港町のシンボルとなっている岩も見えます。

ゴジラは首をくっと持ち上げながら、あたりを見回しているように見えます。


同系列の北こぶしホテルも利用できる

夕食

「夕陽のあたる家」には食堂やレストランなどの食事スペースが併設されていません。

夕食ありのプランの場合は、同じ系列のホテルの「北こぶしホテル」で夕食をとります。

「北こぶしホテル」までの移動は無料の送迎巡回車を利用します。
夕食の時間帯に複数回往復しています。

朝食

「夕陽のあたる家」には朝食付きのプランはありません。
朝食は、車で3分程度の距離にあるセブンイレブンで買うのがいいと思います。

温泉

「夕陽のあたる家」に宿泊すると、「北こぶしホテル」の大浴場も無料で利用できます。
「夕陽のあたる家」にも露天風呂付きの温泉がありますが、より大きいお風呂に入りたい方は、「北こぶしホテル」の大浴場を利用するといいと思います。


じゃあ最初から「北こぶしホテル」に泊まればいいのにという声が聞こえてきそうですが、ネックは宿泊費です。

「北こぶしホテル」は、ウトロの中心部にある大きなホテルで、港に隣接していて眺めも良いので、宿泊代もそれなりにします。
ホテル代をケチらなくても良い方は、「北こぶしホテル」に泊まるのもアリだと思います。

でも、宿泊代を節約してたくさん旅行したいという方には、「夕陽のあたる家」がおすすめです。


知床第一ホテルとの比較


ところでウトロには、「北こぶしホテル」とならぶ大きなホテル、「知床第一ホテル」があります。

口コミの評価も高く、人気のあるホテルのようなので、実際に見に行ってきました。

宿泊客も多く繁盛しているようでしたが、私の印象では「北こぶしホテル」の方が立地もよく、また、眺めがいいように思いました。

「知床第一ホテル」は「夕陽のあたる家」と同じ高台に建っており、また、「夕陽のあたる家」よりも更にウトロの中心部から距離が離れています。

一方「北こぶしホテル」が建っているのは海の目の前、しかもウトロの中心部です。
向かいにはコンビ二もありますし、見どころも近いですから、とても便利です。

もし私が宿泊費をケチらずにウトロに泊まるなら、「北こぶしホテル」を選びます。
「知床第一ホテル」もいいホテルなんですけどね。
立地と眺望は「北こぶしホテル」の方が上です。


さて、今回ご紹介した「夕陽のあたる家」は、利便性で言えば、これらのホテルにはかないません。

でも、素泊まりで宿泊代が抑えられるうえに、きれいなところに泊まれるというメリットがあります。
また眺めが美しく、ホテル内も静かでゆったりくつろげます。

そういうホテルがお好みの方におすすめです。

夕陽のあたる家

住所:斜里町ウトロ香川189
電話:0152−24−2764
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
予算:素泊まり6630円〜、1泊夕食付き9870円〜(時期による)
全24室(全室禁煙)
夕食:北こぶしホテル波音にてブッフェ 18:00〜21:00
夕食送迎巡回車:17:30〜19:30まで30分おき 19:30〜21:30予約制


羅臼のホテル まるみ


最後に羅臼のホテルについて簡単にご紹介します。

知床半島の東側に位置する「羅臼」のホテルは、同じ知床半島の街「ウトロ」とくらべると、大きなホテルはなく、数も少ないです。
古い老舗旅館が数件ある程度。

ただ長く続いている旅館の良さもあって、羅臼周辺の伝統料理に触れることができます。


まるみ旅館の食事


例えば私は「羅臼の宿 まるみ」に泊まったのですが、同旅館の夕食は、珍しい伝統料理のオンパレードでした。


上の写真で一番目立つのは「イバラガニ」。
これは伝統料理ではなく、普通に蒸してあるカニです。
1部屋につき1杯ずつ出ますので、カニをお腹いっぱい食べられます。

他のおかずは殆どバイキング。
珍しいお料理の筆頭は「トドの大和煮」や「めふん(鮭の血合い)の塩辛」や「ちゅう(鮭の胃袋)の塩辛」など。
他にも「サメガレイの煮付け」や「ホヤの塩辛」、そして「つぶ貝の煮付け」や「鮭の飯ずし」などもあります。

また「スモークサーモン」や「たらこ」(塩漬け)といったメジャーな食品も、この旅館ではすべて手作りしています。
おそらく羅臼あたりでは自家製が普通なのだと思われます。

珍しいお料理のお味は、食べ慣れないものなので賛否両論です。

ただ羅臼周辺は、冬になると雪が積もって野菜も育たない地域なので、海で捕れるトドや魚のあらゆる部位は、貴重なビタミン源でもあったようです。
旅館の食事を通じて、この辺りの食文化に触れてみるのも有意義だと思います。


知床観光のまとめ

3回にわたって知床観光シリーズをお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか。

もう一度整理すると、知床観光でぜひ体験していただきたいアクティビティは3つです。

日程については、少なくとも3泊4日をおすすめします。
観光に丸3日あてることができれば、3つとも体験できます。

宿は、基本的にはウトロにとるのがおすすめです。
ウトロのおすすめホテルは、「夕陽のあたる家」です。

羅臼の昔ながらの料理を味わいたいのなら、羅臼に宿泊してもいいと思います。


知床の手付かずの自然は本当にダイナミックです。
この興奮をぜひ味わってほしいです。

それでは、よい旅を!

知床観光シリーズ

第1弾知床1日ツアー編(知床五湖&絶景パノラマツアー)

第2弾知床クルーズ&ホエールウォッチング編

第3弾知床(ウトロ&羅臼)のおすすめホテル編

関連記事

世界遺産・タマンアユン寺院の魅力を一挙紹介!行き方や地図なども。

インドネシアのバリ島中部にある、世界遺産のタマンアユン寺院。バリ島では珍しい木造の寺院で、しかも屋根は昔懐かしい茅葺きです。その茅葺き屋根が…

釧路湿原観光のおすすめ3選。カヌー、展望台、ノロッコ号を解説!

釧路湿原を観光するうえで、おすすめのスポット&アクティビティは3つあります。最もおすすめで、ぜひ体験してもらいたいのがカヌーです。初心者でも…

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海峡クルーズがおすすめです。ボスポラス海峡(Bosporus)とは、イス…

タナロット寺院の魅力!行き方や夕日の時間などお役立ち情報も。

タナロット寺院は、バリ島の南西部にある、観光客に大人気のスポットです。海に浮かぶ大岩に建てられており、潮が引いたときにだけ渡れる神秘的な場所…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をもとに詳しくお届けします。島の歴史的背景や、見どころを網羅した地図、島へ…

おすすめ記事

黒島観光のすすめ。石垣島からフェリーで30分!多くの生き物に会える島

黒島は、沖縄の八重山諸島にある離島で、牧畜が盛んなのどかな島です。人口…

波照間島観光の見どころ!日本最南端の島の魅力を豊富な写真で紹介。

波照間島は、日本にある有人島(人が住んでいる島)の中で、最南端に位置す…

御神崎は石垣島のおすすめ夕日スポット。白い灯台と青い海。最高の眺め!

石垣島の景勝地、御神崎(うがんざき)の魅力をご紹介します。御神崎は、石…

イスタンブール観光のおすすめスポット12選!旅行者が実体験をもとに案内。

トルコのイスタンブールのおすすめ観光スポットを、12ヵ所に絞って詳しく…

カッパドキアの気球ツアーの魅力!乗る前に知っておきたい情報も一挙紹介。

カッパドキアの気球ツアーの魅力を豊富な写真とともにご紹介します。空のう…

トプカプ宮殿はイスタンブール観光の目玉スポット!見どころや歴史を解説。

トプカプ宮殿(Topkapi Sarayi)は、トルコのイスタンブール…

デリー観光のおすすめスポットを動画で紹介。インドの首都の見どころ!

インドの首都デリーのおすすめ観光情報を動画でご紹介します。デリーは、イ…

マドゥライのおすすめ観光スポット。南インド最大級のヒンドゥー寺院!

マドゥライ観光の見どころを動画とともにご紹介します。マドゥライ(マドラ…

ジャイプル観光の見どころを動画で紹介!旧市街の喧噪と豊富な観光名所。

ジャイプル観光のおすすめの見どころを動画とともにご紹介します。私は3ヶ…

ムンバイのおすすめ市場を動画で紹介!食材市場&お土産マーケット。

インドのムンバイ(ボンベイ)で是非訪れたいおすすめの市場を、現地からご…

ラーメシュワラムの魅力!ラーマーヤナの舞台。南インドのヒンドゥー教聖地。

南インドにある人気観光スポット、「ラーメシュワラム(Rameswara…

ボスポラス海峡クルーズの見どころ!料金・地図・時刻表も紹介。

トルコのイスタンブールの街並みを海上から観光したいのなら、ボスポラス海…

アヤソフィアの見どころ!イスタンブールの歴史が詰まった大聖堂。

アヤソフィア大聖堂(ハギアソフィア)は、トルコのイスタンブールにある、…

ドルマバフチェ宮殿の魅力。イスタンブールの宮殿ならここが一番!

ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Palace)は、トルコのイ…

トルコのお土産図鑑!定番お菓子やアクセサリーなど、人気おすすめ土産。

トルコのおすすめのお土産をご紹介します。トルコのお土産は、バリエーショ…

スルタン・アフメット・ジャミィ。6本の尖塔を持つ格式高いブルーモスク!

スルタン・アフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)は…

イスティクラル通りの見どころ!イスタンブール新市街のお洒落な繁華街。

イスティクラル通り(Istiklal Avenue)は、トルコのイスタ…

ガラタ塔からの眺めは最高!イスタンブール新市街の歴史的背景も解説。

ガラタ塔(Galata Kulesi)は、トルコのイスタンブールにある…

ヒエラポリス遺跡は古代の温泉街!トルコ・パムッカレにある世界遺産の魅力。

トルコのパムッカレにある、ヒエラポリス遺跡(Hierapolis)をご…

ガラタ橋からイスタンブールの街並みを観光!サバサンドのおすすめ店も紹介。

ガラタ橋は、トルコのイスタンブールの旧市街と新市街を結んでいる橋で、観…

エジプシャン・バザールでお土産選び!イスタンブールのスパイス市場。

トルコのイスタンブールのおすすめ観光スポット、エジプシャン・バザール(…

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン。ミステリアスな巨大貯水池!

バシリカ・シスタン(トルコ語:イェレバタン)は、トルコのイスタンブール…

テオドシウスの城壁の歴史と見どころ!イスタンブールの頑強な防御壁。

テオドシウスの城壁とは、ビザンツ帝国の首都であったコンスタンティノープ…

グランドバザールを写真で紹介!トルコ・イスタンブールの伝統ある巨大市場。

グランドバザール(Grand Bazaar)とは、トルコのイスタンブー…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をも…

ギリシャのおすすめのお土産22品!ばらまき用お菓子から人気雑貨まで。

ギリシャ土産のおすすめ22品を現地からご紹介します。ギリシャといえば、…

サントリーニ島・フィラの観光情報を現地からお届け!地図も掲載。

サントリーニ島のフィラ(Fira)を観光するうえで役立つ情報を、実体験…

サントリーニ島・イアの観光ガイド!夕日スポットや行き方も紹介。

サントリーニ島の人気観光スポット、イア(Oia)の魅力を写真ともにご紹…

ウルワツ寺院でケチャダンスとサンセット。バリ観光のクライマックス!

ウルワツ寺院は、バリ島南端の断崖絶壁の上に建つお寺。垂直に切り立った崖…

世界遺産・タマンアユン寺院の魅力を一挙紹介!行き方や地図なども。

インドネシアのバリ島中部にある、世界遺産のタマンアユン寺院。バリ島では…