やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

いちご酢のレシピ。飲みやすさが人気!作り方と効果、飲み方。

投稿日:2019年2月6日 更新日:

いちご酢

いちご酢のレシピをご紹介します。
TBSテレビの「教えてもらう前と後」で話題になったレシピで、とても飲みやすいのが特徴です。

いちご酢は、そのままストレートで飲んでも美味しいですし、いろいろな料理の調味料としても使えます。

いちご酢の作り方はとても簡単。
イチゴと砂糖を酢に漬けて、1日から2日寝かせるだけで完成です。

出来上がったいちご酢には、イチゴの風味がしっかりと溶け出しています。
甘酸っぱいので、抵抗なく飲めますよ。

石原クリニック副院長の石原新菜さんによると、いちご酢は、高血圧・中性脂肪・コレステロール・便秘などを改善する効果が期待できます。

  • 高血圧
  • 中性脂肪
  • コレステロール
  • 便秘
  • ダイエット

イチゴには、ポリフェノール・ビタミンC・カリウムなどの成分が多く含まれ、血管を強化し、血圧を下げる効果が期待できるとのこと。
そして、酢には、これらの栄養素の吸収を高める働きがあるそうです。

また、イチゴの食物繊維と酢の整腸作用で、腸内環境改善の効果も期待できるので、ウエストがダウンする方も多いようです。
ダイエットにも良いようですよ。


  • 風邪予防

さらに、東大ママドクターの伊藤明子さんによると、いちご酢は、風邪予防にも良いようです。

(一部情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年2月5日放映、テレビ東京「ソレダメ」2019年2月27日放映)

イチゴ酢の作り方

イチゴ酢

「いちご酢」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【調理時間2分/冷蔵1〜2日】
イチゴ 250g
氷砂糖 250g
500ml
作り方
  1. イチゴを洗ってヘタを取る。
  2. イチゴ・氷砂糖・酢を保存ビンに入れ、フタをして軽く振り、冷蔵庫に1~2日入れたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

いちご酢のレシピ

イチゴ酢
【工程1】
まず、イチゴ(250g:1パック)を洗い、ヘタを取り、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ります。

ちなみに、ちょっとした事ですが、イチゴは洗ってからヘタを取る方がいいです。
イチゴと言えば、抗酸化作用のあるビタミンCがとても豊富ですが、イチゴの専門家 太田富久さんによると、ヘタを取ってから洗うと、イチゴのビタミンCが半分くらい流れ出してしまうそうです。
ビタミンCは、ヘタのすぐ下に多く含まれているそうですよ。


イチゴ酢
【工程2】
次に、イチゴと氷砂糖(250g)をビンに入れ、酢(500ml)を注ぎます。

この時、イチゴを氷砂糖の下にした方が、イチゴが浮きにくくなるので、短時間で美味しく漬かります。

酢の種類

酢の種類は、穀物酢で良いようですが、米酢でも作れますし、りんご酢にすれば、他の酢よりもややまろやかな味に仕上がります。

砂糖の種類

砂糖は、氷砂糖を使います。

氷砂糖を使うと、じわじわと時間をかけて砂糖が溶けるので、イチゴのエキスを抽出しやすくなります。
そのうえ、すっきりとした甘さなので、いちごの風味が引き立ちます。

でも、普通の砂糖やきび砂糖、またはちみつなどでも、出来ないことはありません。(各適量)
これらで代用する場合は、まめにかき混ぜるといいです。


イチゴ酢
そして、フタをしてビンを軽く振り、冷蔵庫に入れます。

漬けている間は、1日に1回くらい瓶ごと軽く振るのがおすすめです。
そうすることで、イチゴがしっかり漬かります。


イチゴ酢
1〜2日後には、氷砂糖がきれいに溶けて、飲み頃になります。

もう少し辛抱して合計1週間くらい置くと、酢の色がほのかなイチゴ色になり、イチゴの風味もよりはっきり感じられるようになります。
1週間経ったあとの写真(下)と見比べていただくと、色の変化が分かります。


イチゴ酢
これは、漬けてから1週間経ったいちご酢。
この状態になったら、そろそろイチゴを引き上げてもいいです。

ただ、置けば置くほどイチゴの風味が増して、まろやかな味になります。
イチゴは、1年ほど浸ったままでも大丈夫です。

完成したいちご酢は、イチゴの風味が豊かですし、砂糖も入っているので飲みやすいです。

甘酸っぱくて美味しいですよ。

いちご酢のいちごの使い道

ちなみに、漬け終わって引き上げたイチゴは、食べられます。

そのまま食べてもけっこう美味しいですし、細かく刻んでサラダの具材にしたり、はちみつを混ぜてヨーグルトにトッピングするのもおすすめです。

いちご酢の日持ち

1年冷蔵保存したいちご酢 いちご酢の日持ちは、冷蔵保存で1年くらいと考えてください。

写真は、ちょうど1年経ったいちご酢です。

いちごのエキスが存分に溶け出していて、いちご酢の味が、とてもまろやかに変化しています。
また、いちごの中まで十分に馴染んでいて、いちご自体もぺろっといただけます。

いちご酢の飲み方・食べ方

いちご酢の飲み方

いちご酢は、食事の時に大さじ1杯ずつ摂ることで、冒頭でお伝えしたような健康効果が期待できるそうです。

おすすめはストレート

いちご酢の飲み方・食べ方は色々ありますが、当サイトのおすすめはストレートです。

スプーン1杯のいちご酢を食前、もしくは食後のデザート代わりに舐める。
イチゴの風味をしっかりと楽しめますし、そのうえ調理の手間もかかりません。
美味しくて簡単なので、続けやすいですよ。


ただ、いちご酢をそのまま飲むことに抵抗がある方もいらっしゃると思います。
そういう場合は、調味料として料理に使うこともできます。

また、石原さんによると、サラダのドレッシングにしてもいいとのことです。
いちご酢の味がしっかりしているので、醤油や塩の量を減らせるそうです。

他にも、番組では次の組み合わせが紹介されていました。

いちご酢 炭酸水
牛乳
甘酒
ヨーグルト
アイスクリーム

いちご酢の水割り

こちらは、いちご酢の水割りです。
酸味のある、スッキリとした味のドリンク。
いちご酢と水の割合は、1:2から1:4くらいが目安です。
お好みで調整してください。


いちご酢の牛乳割り

いちご酢の牛乳割りです。
お酢と牛乳を合わせるとヨーグルトみたいにトロっと固まります。
甘酸っぱいデザートの出来上がり。
いちご酢と牛乳の割合は、上と同じく、1:2から1:4くらいが目安です。


いちご酢とヨーグルト

こちらは、いちご酢とヨーグルト。
爽やかな酸味に甘みも加わるので、美味しくいただけます。
いちご酢の量は適量です。

いちご酢の効果

番組では、タレントの遼河はるひさんが1週間のいちご酢生活にチャレンジしていました。
大さじ1杯のいちご酢を毎食の料理に使う生活です。

その結果、頑固な便秘が改善したそうです。
しかも、ウエストがなんと、8cmもダウン。
体重はマイナス1kg。
花粉症の症状まで和らいだそうです。

また、番組内の別の検証では、高血圧に悩んでいる方5人がいちご酢生活を続けたところ、そのうち4人に血圧の改善が見られたそうです。
−4から−22ポイントの血圧の低下です。
そのうえ全員がウエストがダウン。

このように、いちご酢を飲み続けることで、一定の効果がみられたようです。

美味しいイチゴの選び方

いちごの選び方

ところで、当サイトでは、美味しいイチゴの選び方も紹介しています。

「いちご酢」のレシピはとてもシンプルなので、次のような特徴のイチゴで作るといいですよ。

ポイントは次の7つです。

  • サイズが大きい
  • つぶつぶまで赤い
  • ヘタが反り返っている
  • 先端が広い
  • つやがある
  • 産毛が際立っている
  • 粒の間が離れている

詳しくは、「いちごの栄養と健康効果。今でしょ講座で話題の選び方と食べ方。」をご覧ください。
リンク先では、イチゴの選び方のほかに、イチゴの栄養と健康効果についても解説しています。

人気レシピ集食材

いちごの人気レシピ(12品)

関連記事

酢ピーナッツのレシピ。ダイエットや高血圧予防に効果あり。

ダイエットや高血圧予防に効果があると言われている「酢ピーナッツ」のレシピをご紹介します。作り方はとても簡単。ピーナッツを酢に3日間漬けるだけ…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介します。最初にご紹介するのは、料理研究家の村上祥子さんが考案した、氷砂糖を…

いちごの保存方法。冷蔵&冷凍方法からイチゴジャムの作り方まで。

イチゴの上手な保存方法をご紹介します。イチゴは常温保存に適さないので、冷蔵庫に入れるか、冷凍します。冷蔵する場合は、パックのまま入れるのでは…

酢納豆(納豆酢)のレシピ。健康に良いふわとろ納豆2パターン。

酢納豆(納豆酢)のレシピを2パターンご紹介します。健康に良いと話題の酢納豆。実は酢納豆には、「酢納豆」という呼び方と「納豆酢」という呼び方の…

いちごの栄養と健康効果。今でしょ講座で話題の選び方と食べ方。

イチゴに含まれる「栄養」と「健康効果」、そしてイチゴの「選び方」と体に良い「レシピ」をご紹介します。イチゴは、実は栄養が豊富。金沢大学名誉教…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー196品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ196品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理220品。

作り置きにおすすめの人気レシピを220品ご紹介します。当サイトでは、テ…

最新記事

大葉サラダのレシピ。豆腐&しらすと好相性!風味豊かな青じそサラダ。

大葉(紫蘇)をたっぷりと使ったサラダのレシピをご紹介します。豆腐を食べ…

みょうがの保存方法。冷凍は食感がイマイチ!短期なら冷蔵、保存食で長期

みょうが(茗荷)の上手な保存方法をご紹介します。みょうがは、一応、冷凍…

大葉(紫蘇)おにぎりのレシピ。青じそ&ごま油!風味豊かな簡単おむすび

大葉(紫蘇)を使ったおにぎりのレシピをご紹介します。おにぎりの具は、た…

みょうがの卵とじのレシピ。めんつゆで甘辛!ミョウガの人気おかず。

みょうがの卵とじのレシピをご紹介します。ミョウガを薄切りにして、めんつ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…