洗わずに冷蔵!冷凍もできる。いちごの保存方法。保存食も紹介。

投稿日:2019年2月12日 更新日:

いちごの保存(冷蔵・冷凍)

イチゴの上手な保存方法をご紹介します。

イチゴは常温保存に適さないので、冷蔵庫に入れるか、冷凍します。

冷蔵する場合は、パックのまま入れるのではなく、重ならないようにタッパーなどに入れ替えると、比較的日持ちします。

イチゴジャムなどの保存食のおすすめレシピも合わせてお伝えします。

いちごの冷蔵

いちごの保存(冷蔵庫)

いちごの冷蔵保存期間:1週間

イチゴを生で食べる場合は、とりあえず、冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

いちごは洗わずに保存

その際の一番の注意点は、洗わないことです。

水分はイチゴの大敵なので、保存する前に洗うのではなく、食べる直前に洗います。


いちごの保存(冷蔵)

別容器に移すとgood

また、イチゴを買ってきたパックごと冷蔵するのも決して間違いではありませんが、できれば、上の写真のように先端を上向きにして、イチゴ同士が重ならないように別容器に入れ替えてラップをする(もしくはフタをする)と、比較的長持ちしやすいです。

イチゴは接触にとても弱く、先端部分は特にデリケート。
ですから、ヘタの方を下にして並べます。
また、重なっている部分から傷み始めるので、なるべくいちご同士がぶつからないように入れます。
そうすれば、イチゴは1週間くらい保存が利きます。

ちなみに、冷蔵庫から出したイチゴは、冷たいままだと舌が甘味を感じにくいため、常温に戻して食べるのがおすすめです。

いちごの冷凍

いちごの保存(冷凍)

いちごの冷凍保存期間:1ヶ月

イチゴをラクに長期保存したい場合は、冷凍がおすすめです。
イチゴが一度に大量に手に入って使い道に困ったという時にも、ひとまず冷凍しておくといいです。

冷凍の方法はとても簡単です。

まず、イチゴを水洗いし、水気をしっかり拭き取り、ヘタや傷んだ部分を取り除きます。
そして、保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に入れます。


いちごの保存(冷凍)
イチゴは、冷凍するだけでお手軽スイーツになります。

冷蔵庫(もしくは常温)に移して少し解凍すると、シャーベットのようなシャリシャリ食感のデザートのできあがり。
もう少し時間をかけて半解凍すれば、とろっとした食感に変わって1粒で2度楽しめます。

冷たいまま食べるので甘みはやや控えめになりますが、ハチミツや練乳などの甘みを補うとより美味しくいただけます。

冷凍いちごの全解凍はNG

ちなみに、冷凍イチゴをそのまま食べる場合は、完全に解凍するのはNGです。
水分が出てフニャフニャになってしまいます。

間違って解凍してしまったら、「冷凍いちごのジャム」に加工してしまうと、食感が気にならなくなり、美味しく食べられます。

また、冷凍いちごをそのまま食べるのに飽きたら、「冷凍いちごのスムージー」を作るのもおすすめです。
ジャムもスムージーも、冷凍イチゴの使い方としてイチオシですよ。


いちごの保存食のレシピ(いちご酢)

この記事では、イチゴの冷蔵と冷凍についてお伝えしましたが、もう一つの保存方法として、最初から保存食に加工してしまうという手もあります。

たとえば、イチゴを酢に浸しておくと、甘酸っぱいドリンク「いちご酢」が作れます。

材料は、イチゴと氷砂糖と酢の3つだけ。
これらを保存ビンに入れ、冷蔵庫に1〜2日入れた完成です。
冷蔵保存で1ヶ月ほど日持ちします。

この「いちご酢」は、イチゴの風味がじんわり溶けて美味しいだけでなく、栄養面でも優れています。
高血圧・中性脂肪・コレステロールの抑制効果があり、便秘の解消にも良いと言われています。

2分
イチゴ氷砂糖

作り方を見る

関連レシピ