サクサクで風味良し!いちごクッキーの作り方。生の苺を使った簡単レシピ

投稿日:2018年3月17日 更新日:

いちごクッキー(苺クッキー)
旬のいちごの風味を存分にいかした、いちごクッキーの作り方をご紹介します。

ジャムやいちごパウダーなどは使わずに、生のいちごだけで作る簡単お菓子のレシピです。

調理のポイントは、いちごを電子レンジで加熱して、あらかじめ水分を飛ばすこと。
水分をしっかりと蒸発させてから焼くことで、いちごの風味をクッキー生地に閉じ込めます。

いちごの甘酸っぱい風味と、バターの濃厚なコク。
サクサクした食感も加わって、とても美味しいスイーツに仕上がります。

いちごが数個あれば作れるので、余ったいちごの使い道としてもおすすめですよ。

レシピ動画

「サクサクで風味良し!いちごクッキー」のレシピです。

材料

10枚分:調理時間25分
いちご 80g
薄力粉 100g
砂糖 大さじ3
無塩バター※ 45g

※常温に戻しておく

作り方

イチゴをフォークで潰す
まず、いちご(80g)を耐熱容器に入れ、フォークできれいにつぶします。

いちごのかたまりがなるべく残らないように、きれいにつぶしてください。

また、次の工程でいちごをレンジでチンしますが、加熱するといちごがこんもりと盛り上がってくるので、器は、少し大きめのものを使ってください。


潰したいちごをレンジで加熱する
そして、ラップをしないで、電子レンジ(600w)で6分加熱します。

加熱後は、写真のように、いちごの水分がかなりしっかり蒸発します。

そのため、6分のうちの最後の1〜2分は、念のため、水分が完全に飛んでしまわないようにレンジの中を見張っていると安心です。
万が一、水分がすべてなくなって焦げてしまいそうになったら、そこでレンジを止めてください。


いちごに砂糖を混ぜて冷ます
いちごを加熱し終えたら、砂糖(大さじ1)を混ぜ、そのまま冷凍庫に10分入れて冷まします。

ちなみに、容器の側面に付着したいちごは、容器の底にたまったアツアツのいちごを塗ってしばらく置くと、ふやけてきれいに取れます。


バターと砂糖を混ぜる
次に、無塩バター(45g)と砂糖(大さじ2)をボールに入れ、白っぽくなるまでヘラですり混ぜます。


バターと砂糖を混ぜたものにイチゴを加える
バターと砂糖といちごを混ぜる

そして、冷凍庫に入れて冷ましたいちごを加え、よく混ぜます。


いちごクッキーの生地を手で混ぜる
続いて、ふるいにかけた薄力粉(100g)を加え、ヘラでさっくりと混ぜたあと、手早く手で折るようにまとめます。

薄力粉は、あらかじめ粉ふるいにかけたものを使うと、生地にきれいに混ざります。


いちごクッキーの生地を棒状にする
いちごクッキーの生地を薄く切る

そして、クッキーの生地を直径5センチくらいの棒状に整え、7〜8ミリくらいの厚さに切り分けます。

切りにくい場合は冷蔵庫へ

なお、このクッキーの生地は、まとめたらすぐに切り分けて焼くことができます。

いちごクッキーの生地を冷蔵庫に入れて固める ただ、生地をまとめるのに時間をかけ過ぎると、柔らかくなって切り分けにくくなる場合もあります。

そんなときは、ラップで包んで冷蔵庫に30分くらい入れると、固くなるので切りやすくなります。



いちごクッキーをオーブンで焼く
最後に、クッキングシートを敷いた天板の上に生地を並べ、180度に温めたオーブンで13〜15分焼いたら完成です。


いちごクッキー(苺クッキー)
いちごを電子レンジであらかじめ加熱することで、余計な水分が飛び、サクッとした軽快な口当たりに仕上がります。

そのうえ、いちごの果肉がギュッと凝縮されるので、風味豊かな味わいに。
いちごの味を楽しむのにぴったりなスイーツですよ。

関連レシピ