やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

丸ごと使って風味良く!甘夏ジャムの作り方。苦味を抑えたマーマレード

投稿日:2017年5月22日 更新日:

甘夏みかんをほぼ丸ごと使った、甘さ控えめで風味の良いジャムの作り方をご紹介します。

外皮や薄皮も使う

この甘夏マーマレードのレシピは、甘夏の実だけでなく、外皮とその内側の白い部分、そして、房の薄皮も使うのが特徴です。

甘夏の皮はそのままの状態だと苦いですけど、サッと茹でたうえで水にさらすので、とても食べやすい味に仕上がります。

また、皮なしで作った場合とくらべると、甘夏の味と香りがしっかりと残るうえに、皮の柔らかい食感も加わるので、美味しさが格段にアップします。


甘夏(夏みかん)は、オレンジなど他の柑橘類とくらべると、味がこびておらず、野性味溢れる風味が魅力の果物です。

このレシピであれば、とても簡単に作れるうえに、旬の甘夏の味をたっぷりと堪能できますよ。

「丸ごと美味しい!甘夏マーマレード」のレシピです。

材料【700ml分:調理時間30分】
甘夏 2個
砂糖 使用する甘夏の重量の40〜50%



【工程1】
まず、甘夏(2個)の外皮をむきます。

外皮は、普通にざっくりと手でむいてもいいですけど、包丁で十字の切れ目を入れて、外皮が4等分になるようにむくと、あとで千切りにする時に長さが揃ってきれいです。



そして、甘夏の外皮を千切りにします。

外皮の内側の白い部分は、そのまま使います。
ただし、「ヘタ」と「ヘタのまわりにふわふわと浮いているワタ」(上の写真の)は、あらかじめ取り除いてください。

千切りの長さ

なお、千切りは、あまり長くすると食べにくいです。
外皮を縦に12等分くらいに分けて、それを横向きにして刻むと、適度な長さに仕上がります。

外皮の重量をはかる

千切りにしたら、外皮の重量をはかっておきます。

この重量は、あとで、砂糖の量を決める時に使います。



【工程2】
次に、たっぷりの湯(1.5Lくらい)を沸かし、外皮を3分ほど茹でます。

茹で上がったらザルに上げ、軽く水洗いします。


そして、たっぷりの水にさらし、30分ほど置きます。

外皮を丸ごと使う理由

甘夏に限らず、ほとんどの柑橘類は、「外皮」や「房に付いた白いワタの部分」に苦味があります。
ですから、ジャムにする場合は、こうした部分の一部を取り除くか、あるいは、茹でこぼしたり水にさらしたりして苦味を抜きます。

このレシピでは、「房に付いた白いワタの部分」は取り除きますが、「外皮の内側の白い部分」はそのまま使います。
その方が、ジャムの風味が良く、とろみも付きやすいためです。

甘夏の皮の苦味を抜く方法

また、このレシピでは、外皮の苦味を抑えるために、3分茹でてから水に30分さらします。

これだけでも十分に苦味が抜けますが、苦いのがとてもニガテという場合は、2時間から一晩くらい水にさらしてもいいです。
茹でたり水にさらしたりする時間を長くすると、より苦味が抜けやすくなります。

ただし、苦味を抜くということは風味を抜くということでもあるので、あまりやり過ぎると、甘夏らしくない、味気のないジャムになってしまいます。



【工程3】
続いて、甘夏の果肉を房から取り出し、種を除き、小さめに割きます。

果肉を取り出す時は、写真のように薄皮のつなぎ目を包丁で切るとラクチンです。


上の写真のが、果肉を取り出した後の薄皮です。

このから、薄皮の白い部分()を取り除きます。
この部分は、苦味があるので使いません。

そして、残った側面部分()だけを、みじん切りにします。

外皮と薄皮でとろみを付ける

甘夏みかんの外皮と薄皮には、ジャムのとろみのもとになるペクチン(食物繊維)が豊富に含まれているので、捨てずに使います。
また、果肉と一緒に皮も使うことで、風味も良くなります。

砂糖の量

ここで砂糖の量を決めます。
砂糖の量は、「外皮」と「果肉」と「白い部分を取り除いた薄皮」を足した重量の40〜50%です。

外皮
果肉と薄皮

ごく一般的なサイズの甘夏を2個つかう場合、必要な砂糖の量は、250〜300gくらいになることが多いです。
とは言え、個体差もかなり大きいので、実際に計量してみてください。

なお、私は甘さ控えめが好みなので40%でよく作りますが、糖度が高い方が、ジャムらしいとろみが付きやすくなります。



【工程4】
甘夏の外皮を30分水にひたしたら、ザルに上げて水気を切ります。



そして、甘夏の外皮・果肉・薄皮を鍋に入れ、砂糖を加えて、ヘラでよく混ぜて火にかけます。



沸騰したら、アク(白い泡)を取ります。

アクをきれいに取ると、雑味の少ないクリアな味のジャムができます。



そして、たまに混ぜながら、10〜12分ほど煮詰めたら完成です。

ジャムの煮上がりはかなりサラッとしていますが、冷まして冷蔵庫に入れると、トロッと固まります。
ここであまり煮詰め過ぎると固くなってしまうので、10〜12分を目安にかなりゆるい状態で火からおろしてください。



外皮と薄皮を加えているので、甘夏の風味がしっかりと残っており、濃厚な味を楽しめます。

また、甘さが控えめなのも嬉しいところです。
味にしつこさがないので、パンにたっぷりのせても、ペロッと美味しく食べられます。

トロッとゆるめの舌触りとともに、皮の柔らかい食感をぜひ楽しんでみてください。

甘夏マーマレードの日持ち

なお、このジャムは、冷蔵保存で2ヶ月ほど日持ちします。
より長持ちさせたい場合は、冷凍保存すると、半年くらいは美味しく食べられますよ。

関連記事

ダブルの抗酸化力!甘夏(夏みかん)の栄養を解説。皮も食べると効能UP

甘夏(夏みかん)に含まれる栄養成分と、その効果効能について解説します。甘夏は、夏みかんの一種です。甘夏を含めた夏みかん全般は、果物…

長期なら冷蔵か冷凍!甘夏(夏みかん)の保存方法。保存食への加工も便利

甘夏(夏みかん)の保存方法と保存期間について解説します。甘夏は、オレンジやみかんなどの他の柑橘類と比べると、常温保存でもわりと日持…

甘酸っぱさが魅力の甘夏サラダ!人参を夏みかんドレッシングで美味しく。

甘夏は、春先に旬を迎えるフルーツ。甘夏が美味しい3月から5月くらいの季節は、甘みののった春人参がちょうど出回り始める頃でもあります…

甘夏の皮を美味しく!甘夏ピールの作り方。苦味抑えて食べやすい。

甘夏みかんを使ったピールのレシピをご紹介します。甘夏の皮を丸ごと活用するレシピになっていて、風味がとてもよいのが特徴です。甘夏の皮…

甘夏(夏みかん)の上手な食べ方。かんたんな剥き方や切り方を解説。

甘夏(夏みかん)の上手な食べ方を解説します。皮の剥き方や切り方、そして、果肉の取り出し方などについてです。甘夏を生食する場合は、外…

皮ごと使って風味良く!みかんジャムの作り方。マーマレード手作りレシピ

みかんジャムのレシピをご紹介します。外皮や薄皮も一緒に使った、風味豊かなみかんマーマレードのレシピです。みかんでジャムを作る際には…

外皮も使うと風味がアップ!みかんジュースの作り方。大量消費にも。

美味しいうえに栄養豊富な、みかんジュースのレシピをご紹介します。ポイントは、みかんの果肉だけでなく、房をおおう薄皮や外側の皮も一緒…

旬の風味を堪能!梅ジャムの作り方。酸味をおさえた食べやすいレシピ。

梅ジャムの簡単で美味しい作り方をご紹介します。梅ジャムと聞くと、もしかすると、かなり酸っぱい味を想像するかもしれません。でも、この…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…