定番を風味良く。菜の花のおひたし。素材の味を楽しむ簡単レシピ。

投稿日:2021年1月27日 更新日:

菜の花のおひたし

菜の花を使ったおひたしのレシピをご紹介します。

サッと茹でた菜の花に、めんつゆと醤油を加え、かつおぶしを乗せたら完成です。

調理はとても簡単ですが、これがなかなかの美味。
茹で時間を短く抑えているので、菜の花の風味がしっかりと残っており、アブラナ科特有のほろ苦い味を存分に楽しめますよ。

菜の花のおひたし

レシピ動画

「菜の花のおひたし」のレシピです。

材料

4人分:調理時間5分
菜の花 1束(200g程度)
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
醤油 小さじ1
鰹節 適量

※他の濃度のめんつゆで代用する場合は下の文中参照。

作り方

菜の花の茎を茹でる

【工程1】
最初に、菜の花(1束:200g程度)を茹でます。

手順は、まず、鍋に湯(1.5リットル程度)を沸かし、塩(小さじ1と1/2:分量外)を加えます。
そして、菜の花の茎の太い部分(下半分)を湯に浸して、30秒ほど茹でます。

菜の花の茎の太い部分
「茎の太い部分(下半分)」というのは、写真で赤く囲ったところです。

茎がいくつも枝分かれして細くなっているところより下の、茎の太い部分だけを先に茹でます。


菜の花全体を茹でる

30秒経ったら、菜の花全体を湯に浸して、あと40秒ほど茹でます。

なお、茹で時間は、ものによって若干変わってきます。

スーパーで売られている菜の花
右の写真は、スーパーでよく売られている菜の花ですが、こうしたものと見た目がかなり異なる場合は、先に少し茹でてみて、様子を見るといいです。

より詳しく:菜の花の茹で方


菜の花を水にさらす

茹で上がったら、たっぷりの冷水にサッとさらします。


菜の花の水気を絞る

水にさらしたら、水気をキュッと手で絞ります。


菜の花を切る

そして、食べやすい長さに切ります。


菜の花にめんつゆと醤油を加える

続いて、菜の花をボールに入れ、めんつゆ(3倍濃縮:大さじ1)と醤油(小さじ1)を混ぜます。

他の濃度のめんつゆを使う場合

3倍濃縮ではないめんつゆを使う場合は、量を調整してください。

例えば、2倍濃縮のめんつゆが手元にあるのなら、3倍濃縮よりも薄いので、めんつゆの量を大さじ1と1/2に変更します。
反対に、4倍濃縮の場合は濃いので、大さじ3/4になります。


菜の花のおひたし

最後に、おひたしを器に盛り、鰹節をのせたら完成です。

菜の花は、サッと茹でることで、適度な柔らかさに仕上がるうえに、緑色がきれいに出て、見た目もよくなります。
また、風味もしっかりと残るので、それを邪魔しないような、シンプルな味付けがよく合います。

このお料理に使う調味料は、めんつゆと醤油の2つだけ。
菜の花の風味が引き立って、とても美味しくいただけますよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で3日ほど

関連レシピ