バター醤油で美味しさ底上げ!小松菜とえのきの簡単炒めのレシピ。

投稿日:2021年3月22日 更新日:

小松菜えのき

小松菜とえのきを使った、コク旨な炒め物レシピをご紹介します。

小松菜&えのきをバターで炒め、だしの素と少し焦がした醤油をプラスした一品。
小松菜とえのきと聞くと、少し地味目な味を想像しがちですが、バター醤油の存在感が加わることで、満足度の高い味に仕上がります。

子どもでも食べやすい、風味豊かなおかずレシピです。

小松菜とえのきのバター醤油炒め

レシピ動画

「バター醤油が旨い!小松菜とえのき炒め」のレシピです。

材料

2人分:調理時間5分
小松菜 1束(200g)
えのき 小1袋
バター 15g
顆粒だしの素 小さじ1/2
醤油 大さじ1/2

※石づきを取って100g程度。

作り方

小松菜とえのきを切る

【工程1】
まず、小松菜(1束:200g)を食べやすい長さに切り、えのき(小1袋:石づきを取って100g)の長さを3等分してほぐします。


えのきをバターで炒める

【工程2】
次に、フライパンを中火にかけ、バター(15g)を溶かします。
そして、えのきを広げ、水分を飛ばすように2〜3分炒めます。

えのきを少しじっくりと炒めて、旨味を引き出すのがポイントです。


えのきに小松菜の茎を加えて炒める

続いて、小松菜の茎を加え、1分ほど炒めます。


小松菜の葉も加えて炒める

小松菜の茎にある程度火が通ったら、小松菜の葉を炒め合わせます。


えのきと小松菜にだしの素と醤油を加える

小松菜の葉がしんなりしたら、火を弱め、だしの素(小さじ1/2)を加え、醤油(大さじ1/2)をフライパンのふちに回し入れます。

醤油をフライパンにじかに加えると、少し焦げて香ばしい風味が加わります。
完全に焦げてしまわないように、火を十分に弱めてから加えてください。


えのきと小松菜にだしの素と醤油を絡める

そして、軽く炒め合わせたら完成です。


小松菜えのき炒め

えのきにはバター醤油がしっかりと染み込んでいて、噛むと、コク旨な風味が広がります。
また、小松菜はしんなりとしていて柔らかく、こちらも、バターの風味とともにとても美味しくいただけます。

切って炒めるだけの簡単レシピ。
ぜひ気軽にお試しください。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で3〜4日程度

関連レシピ