えのきとツナのレシピ。酢醤油で格上げ!レンジで簡単和え物。

投稿日:2020年8月19日 更新日:

えのきツナ

レシピ動画

えのきとツナ(シーチキン)を使った、簡単な和え物のレシピをご紹介します。

えのきをレンジで2分ほど加熱した後に、ツナ・酢・醤油を混ぜるだけ。
仕上げに小ねぎをのせていただきます。

ツナ缶の油分がえのきと混ざり合い、優しいながらもコク旨な味わい。
えのきのシャキシャキとした食感も小気味よく、パクパク美味しく食べられますよ。

材料

2人分:調理時間3分
えのき 小1袋(正味100g程度)
ツナ 1/2缶(35g)
小さじ1
醤油 小さじ1
小ねぎ 適量
  • オイル入りのツナを使う。

作り方

えのきを切る

まず、えのき(小1袋)の石づきを切り落とし、長さを3等分にします。

使用するえのきの量は、正味(可食部分のみで)100g程度です。


えのきをほぐして耐熱容器に入れる

えのきを切ったら、ほぐして耐熱容器(レンジで使える器)に入れます。


えのきをレンジで加熱する

そして、ラップをしないで、電子レンジ(600W)で2分加熱します。

えのきは水分が多いので、ラップをかぶせずに加熱することができます。

参考:えのきをレンジで加熱する方法


えのきとツナに酢と醤油を混ぜる

加熱し終えたら、ツナ(1/2缶:オイルごと)・酢(小さじ1)・醤油(小さじ1)を混ぜます。

ツナ缶は、オイル漬けになっているものを使います。


えのきツナ

最後に、器に盛り、小口切りにした小ねぎ(適量)をのせたら完成です。

レンチンしたえのきは、柔らかくてシャキシャキとした食感。
ツナ缶のオイルがいい感じに染み込んでいて、たっぷりの旨味とともに美味しくいただけます。

一口食べるとクセになる、味わい深い和え物のレシピです。

ダイエット&作り置きにも

なお、このお料理は、糖質がとても少ないので、糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめです。

作り置きする場合は、ねぎをのせる前の状態で冷蔵保存。
日持ちは、2〜3日程度と考えてください。

関連レシピ