小松菜の味噌汁レシピ。具は豆腐&油揚げと組み合わせるのがおすすめ!

投稿日:2020年9月14日 更新日:

小松菜の味噌汁

レシピ動画

小松菜を使った味噌汁のレシピをご紹介します。

組み合わせる具材は、豆腐と油揚げ。
油揚げは、キッチンペーパーで軽く押さえて油抜きするだけなので、調理はとても簡単です。

調理のポイントは、小松菜にさっと火を通すこと。
そうすると、食感がほどよく残り、美味しく仕上がります。

小松菜に豆腐を組み合わせた味噌汁

「豆腐とあげが好相性!小松菜の味噌汁」のレシピです。

材料

2人分:調理時間5分
小松菜 1/4袋(60g程度)
絹豆腐 1/4丁(100g程度)
油揚げ 1/2枚
だし汁 350ml
味噌 大さじ1と1/4程度
  • 水(350ml)に顆粒だしの素(小さじ1弱)を溶いて使ってもOK。

作り方

小松菜を切る

まず、小松菜の根元を少し切り落とし、根元の部分をある程度バラバラにしてから、食べやすい長さに切ります。

根元をあらかじめバラしておくと、火の通りが均一になるうえに、食べやすくなります。

参考:小松菜の洗い方・下ごしらえ


油揚げの油抜きをする

油揚げ(1/2枚)は、キッチンペーパーで挟み、手で押さえて軽く油を抜きます。

油揚げは、ごく一般的には湯をかけて油抜きしますが、最近の油揚げは良質な油を使って揚げていますし、油揚げの油のコクがそのままいかせるということもあり、ここでは、キッチンペーパーで軽く拭き取る程度にとどめます。

参考:油揚げの油抜きのやり方


油揚げを細切りにする

そして、油揚げを5ミリくらいの幅の細切りにします。


豆腐をさいの目に切る

豆腐(1/4丁:100g程度)は、さいの目(1センチ角)に切ります。

参考:豆腐の切り方


だし汁と豆腐と油揚げを鍋に入れる

次に、だし汁(350ml)・豆腐・油揚げを鍋に入れ、火にかけます。

だし汁について

だし汁はかつおだしがおすすめですが、お好みで、煮干しだしなどを使っても美味しいです。
市販のだしパックを使うと、手軽に本格的なだしがとれます。

ほんだしで作ってもOK

また、だしを取るのが面倒な場合は、水(350ml)に顆粒和風だし(ほんだし:小さじ1弱)を溶かして使ってもいいです。


小松菜の茎をさっと煮る

沸騰したら、小松菜の茎を加え、30秒ほどさっと煮ます。


小松菜の葉を加えて弱火にする

続いて、小松菜の葉を加え、菜箸を使って葉を湯に完全に浸したら、弱火にします。


味噌を溶かす

そして、すぐに味噌(大さじ1と1/4程度)を溶かし入れます。

味噌を溶かし終えたら、すぐに火を止めて完成です。


小松菜の味噌汁

サッと火を通した小松菜には、風味がほど良く残っていて、油揚げとも好相性。
油揚げのしっかりめのコクがアクセントになって、とても美味しくいただけます。

小松菜は、ほうれん草と違ってアク抜きする必要がないので、調理がとても簡単ですし、そのうえ、栄養もとても豊富です。

カルシウムの含有量は、ほうれん草の約3倍。
それ以外にも、抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンCも多く含まれています。

味噌汁の具材にすれば手軽に美味しく食べられるので、ぜひお試しください。

関連レシピ