下味をつけて冷凍OK!鮭の漬け焼きレシピ。作り置きやお弁当におすすめ

投稿日:2021年12月29日 更新日:

鮭の下味冷凍(鮭漬け焼き)

作り置きやお弁当おかずにも便利な、鮭の漬け焼きのレシピをご紹介します。

下味を付けた状態で鮭を冷凍しておけば、あとは、焼くだけで美味しく食べられます。
そのうえ、1ヶ月ほど日持ちするので、忙しい時の食事作りに重宝します。

もちろん、冷凍せずに、すぐに食べてもOKです。
その場合は、調味料に一晩漬け込んでから、フライパンで焼きます。

臭みをおさえて美味しく

調理のポイントは、鮭の水気をきれいに拭き取ってから、酒や生姜を少し加えた調味料に漬け込むこと。
そうすると、鮭の臭みをしっかりと抑えられ、とても食べやすく仕上がります。

醤油ベースの甘辛い味付けで、ごはんとの相性も抜群ですよ。

レシピ動画

「冷凍もOKで旨い!鮭の漬け焼き」のレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
生鮭 2切れ
おろし生姜※ 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
みりん 大さじ1
大さじ1/2
醤油 大さじ1と1/2

※生姜チューブでもOK。

作り方

生鮭の水気を拭く
【工程1】
まず、生鮭(2切れ)の水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

水気を拭くと臭みが取れる

鮭に付着した臭みのある水分をきれいに取ることで、生臭さが大幅に抑えられます。

また、水分をきっちり取ったあとに、酒や生姜などを使って下味を付けるので、さらにしっかりと臭みが取れ、美味しく仕上がります。


袋に入れた鮭に調味料を加える
【工程2】
次に、生鮭を保存袋に入れ、おろし生姜(小さじ1)・砂糖(小さじ1/2)・みりん(大さじ1)・酒(大さじ1/2)・醤油(大さじ1と1/2)を加えます。


鮭に下味を付ける
そして、袋の上から手でよく揉んで、調味料を全体に馴染ませ、袋の中の空気を抜いて口を閉じます。

冷凍する場合

冷凍する場合は、そのまま10分ほど常温に置いてから、冷凍庫に入れます。
なお、冷凍した場合の保存期間は1ヶ月ほどです。

冷凍しない場合

冷凍しない場合は、そのまま冷蔵庫に一晩入れます。


下味を付けて冷凍した鮭を解凍する
冷凍した鮭を解凍する際には、冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめです。

冷蔵庫で解凍するメリット

冷蔵庫での解凍は、常温やレンジでの解凍とくらべると時間がかかりますが、メリットが2つあります。

  • 解凍している間に調味料の味がさらにしっかりと染みるので、美味しさがアップする。
  • 解凍したあとに多少放置したとしても、冷蔵庫の中であれば鮭が傷みにくい。

冷蔵庫での解凍にかかる時間は、7〜8時間(一晩)ほど。
たとえば、鮭をお弁当のおかずにするのであれば、一晩かけて解凍しておけば、翌日の朝にはすっかり溶けているので、そのまますぐに焼くことができます。

ただ、どうしても急ぐという場合は、常温に移したりレンジで解凍しても、もちろん問題ありません。


解凍した鮭をフライパンの上に並べる
【工程3】
鮭の焼き方は、冷凍して解凍した場合も、冷蔵庫に一晩置いた場合も、どちらも同じです。

手順は、まず、フライパンにクッキングシートを敷きます。
そして、鮭を袋から取り出して水気を切り、皮目を下にして並べて、火にかけます。

クッキングシートがない場合

クッキングシートは、フライパン用ホイルで代用することもできます。

クッキングシートとフライパン用アルミホイル このいずれかを敷いて焼くと、料理初心者でも鮭がきれいに焼けますし、後片付けも簡単です。

ただ、どちらもない場合は、フライパンに薄く油を塗って、鮭をフライパンの上に直に並べて焼くこともできます。


鮭の漬け焼きをひっくり返す
続いて、弱めの中火〜弱火で3〜4分ほど焼き、少し焦げ目が付いたらひっくり返します。

漬け焼きは少し焦げやすいので、弱めの火で様子を見ながら焼いてみてください。


フタをして鮭の漬け焼きに火を通す
鮭をひっくり返したら、すぐにフタをして、もう片面も3〜4分焼いて火を通します。

裏面を焼く時には、フタをして蒸し焼きにするのがおすすめです。
そうすると、鮭の切り身に厚みがある場合でも火が通りやすく、しっとりふっくらと焼き上がります。


下味を付けて冷凍した鮭の漬け焼き
甘辛い漬けだれが鮭にしっかりと染み込んでいて、コクのある味を楽しめます。

また、生姜の控えめな存在感もかなりいい感じです。
全体の味がきゅっと引き締まり、飽きのこない味に仕上がります。

そのまま食べても美味しいですし、焼き上がった鮭を自宅で食べる場合は、お好みで大根おろしと醤油を添えてもよく合います。
ご飯のお供にぴったりの一品です。

下味を付けて冷凍した漬け焼き鮭のお弁当 なお、お弁当のおかずにする場合は、粗熱を取ってからお弁当箱に詰めるといいですよ。

関連レシピ