酢味噌の作り方。混ぜるだけで簡単、長ネギの酢味噌和えのレシピも紹介。

投稿日:2013年6月26日 更新日:

酢味噌の作り方

酢味噌の作り方2パターンと、ネギの酢味噌和えのレシピをご紹介します。

酢味噌は、時間のある時に作り置きしておくととても便利です。

甘みや酸味を少しずつ調整すれば、長ネギ・うど・きゅうりといった野菜や、ホタルイカや白身魚といった魚介類、また豚足やお肉など、いろいろな食材とよく合います。


酢味噌の作り方甘さ控えめ!

酢味噌の作り方

最初にご紹介するのは、甘さ控えめのシンプルな酢味噌。

材料は、酢と味噌と砂糖だけです。

材料【調理時間1分】
大さじ1と1/3
味噌 大さじ2と1/2
砂糖 小さじ1
作り方
  1. 材料すべてを混ぜたらできあがり。

ちなみに味噌は、少し甘めの赤味噌がおすすめです。

白味噌や合わせ味噌を使う場合は、お好みで酢や砂糖の量を調整してみてください。

調理は混ぜるだけなので、気軽に味見しながら作れます。


ネギの酢味噌和えの作り方

酢味噌の作り方
ところで、この酢味噌を使って「長ネギの酢味噌和え」を作るのなら、分量は、だいたい長ネギ3本分になっています。


酢味噌の作り方
作り方はとても簡単。

まず、長ネギ(3本)を1センチ幅の斜め切りにし、蒸します。
私はいつもセイロを使って蒸しています。


酢味噌の作り方
長ネギの粗熱を取り、酢味噌と和えたら完成です。

地味なお惣菜ですけど、冷蔵庫にストックしておくと箸休めにいいですよ。

日持ちは、冷蔵で2〜3日くらいと考えてください。


さて次に、フードコーディネーターのSHIORIさんが考案した、からしを少し使った、風味豊かな「酢味噌」のレシピをご紹介します。

当サイトでは、主にテレビで話題になったレシピを紹介していますが、このSHIORIさんの「酢味噌」は、NHKのあさイチで取り上げられました。
とても美味しいです。

からし酢味噌の作り方風味豊か!

酢味噌の作り方

からしを少し使った「酢味噌」のレシピです。

材料【調理時間1分】
大さじ1/2
味噌 大さじ1/2
砂糖 小さじ2
練りがらし 小さじ1/4
作り方
  1. 材料すべてを混ぜたらできあがり。

冒頭で紹介したレシピとくらべると、砂糖がやや多めで、からしで風味付けするのが特徴です。

甘みを少し効かせることで、酢の酸味も和らぐので、酢が苦手な方にもおすすめですよ。

ネギの酢味噌和えの作り方

酢味噌の作り方
最後に、SHIORIさんが考案した「長ネギの酢味噌和え」のレシピをご紹介します。

冒頭のレシピでは長ネギを蒸しましたが、こちらはレンジでチンするのでラクちんです。
また、長ネギだけでなく、チクワも使うのが特徴です。


酢味噌の作り方
まず、長ネギ(1本)を1センチ幅の斜め切りにします。

そして、チクワ(1本)を縦に半分に切り、5ミリ幅の斜め切りにします。


酢味噌の作り方
次に、長ネギを耐熱皿にのせ、ラップをして電子レンジ(600w)で3分加熱し、粗熱を取って、水気を手で絞ります。


酢味噌の作り方
最後に、長ネギとチクワと酢味噌(上のレシピで作った全量)を和えたら完成です。

ネギの自然な甘みとチクワの優しい旨味が、からし酢味噌の風味でぐっと引き立ちます。

さて、この記事では、酢味噌をネギと和えるレシピを2つ紹介しましたが、酢味噌は他のいろいろな食材とも良く合います。
わかめやイカやタコと和えてもいいですし、マグロの刺し身や蒸し鶏などとも相性がいいですよ。

関連レシピ