酢味噌でめちゃ旨!わけぎのぬた和えレシピ。分葱だけでこんなに美味しい

投稿日:2011年4月16日 更新日:

わけぎのぬた(酢味噌和え)

わけぎ(分葱)の人気料理、わけぎのぬた和えのレシピをご紹介します。

わけぎの風味を堪能するには、やはり、酢味噌と合わせるのがベストです。
わけぎだけを使ったシンプルな食べ方ですが、マイルドな酸味と甘みが加わって、深みのある味に仕上がります。

調理のコツは、根元の白い部分だけでなく、葉の部分も、ややしっかりめに茹でることです。
シャキシャキ感をほど良く残しつつも、全体がくたっとなるまで茹でることで、酢味噌がしっとりと馴染みます。

なお、わけぎはレンジで加熱することもできますが、それだと少しエグミが残りやすいので、鍋で茹でる方がおすすめです。

できあがったぬた和えは、ご飯との相性が抜群なのはもちろんのこと、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

レシピ動画

「わけぎのぬた和え」のレシピです。

材料

2人分:調理時間5分
わけぎ 100g
小さじ1と1/2
酢味噌
西京味噌 大さじ1
大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
醤油 小さじ1/3
練りからし 小さじ1/4

作り方

わけぎの根元を切る

【工程1】
まず、わけぎ(100g:2/3〜1袋程度)の根元を少し切り落とします。


わけぎの根元を茹でる

次に、大きめのフライパンにたっぷりの湯(1.5リットル程度)を沸かし、塩(小さじ1と1/2)を加えます。
そして、わけぎの葉の方を手で持って、根元だけを湯に浸して30秒茹でます。

わけぎは湯に浮くので、トングや菜箸などでおさえて、根元がなるべくしっかり湯に浸かるように茹でてください。


わけぎの葉を少し長めに茹でる

30秒経ったら、全体を湯に浸しながら、あと1分30秒茹でます。

葉の破裂音は問題ない

ちなみに、葉の部分を湯にひたす際に、葉の中の空気が温まって膨張して、破裂音が「パン」と軽く鳴ることがあります。

でも、その音が鳴ったとしても、ちゃんと問題なく茹でられているので大丈夫です。

わけぎの葉が破裂しない方法(切れ目を入れる)
もし、破裂音がするのが嫌な場合は、茹でる前に葉の先の方にキッチンバサミで少し切れ目を入れておくと、空気の逃げ道ができるので、音がしなくなります。

わけぎを水に浸す

【工程2】
茹で上がったら、すぐにわけぎを冷水に軽くさらします。


わけぎの切り方

そして、根元をそろえて3センチくらいの長さに切ります。


わけぎの水気を絞る

続いて、水気を手でしっかり絞ります。


わけぎを酢味噌で和える

【工程3】
わけぎをボールに入れ、西京味噌(大さじ1)・酢(大さじ1/2)・砂糖(小さじ1/2)・醤油(小さじ1/3)・練り辛子(小さじ1/4)を加えて、和えたら完成です。


わけぎ(分葱)のぬた(酢味噌和え)

わけぎを軽く加熱することで、わけぎ自体の甘みもアップして、とても食べやすい味に仕上がります。

また、西京味噌と酢をベースにしたタレも丁度いいあんばいで、まったり濃厚な味を楽しめます。

わけぎを主役にしたシブいお料理ですが、クセになる美味しさですよ。

関連レシピ