変色したりんごを、むきたての色に蘇らせる裏ワザ。食感もサクサクになります。

公開: 更新:2016/06/22

りんごの色が復活

リンゴの皮をむいてしばらく置くと、身が茶色く変色し、パサパサとした食感になってしまいます。

でもそんなリンゴを、むきたてのように美味しく蘇らせる方法があるそうです。

オレンジジュースに浸すだけで、色も食感も元通りになるとのこと。

その方法をご紹介します。

(情報元:TV「あのニュースで損する人得する人」坂上忍の家庭で試せるお役立ちテクを判定 2015年5月28日放映)

スポンサーリンク

茶色くなったリンゴを元通りにする方法

りんごの色が復活

変色してパサパサになったリンゴを、オレンジジュースを使って元に戻す手順です。

手順
  1. 茶色くなったリンゴを、オレンジジュースに漬ける。
  2. そのまま5分ほど置く。

オレンジジュースに、リンゴを5分浸すだけです。簡単ですね。

情報元のテレビの映像で確認したところ、オレンジジュースに漬けた後のリンゴは、きれいな淡い黄色に戻っていました。
漬ける前とくらべると、別物と思えるほどの違いがあります。

色が蘇ったリンゴを試食したタレントの坂上忍さんによると、オレンジの味はまったく付いておらず、ちゃんとリンゴらしい味がする上に、心なしかサクサク度が増しているとのこと。

リンゴの色が復活するだけでなく、食感も元通りになり、なおかつ漬ける時間が5分程度と短いので、味も変わらないようです。

リンゴの色が元通りになる理由

でもなぜオレンジジュースに漬けるだけで、リンゴが元に戻ったのでしょうか。

同番組の解説によると、次のようなことが考えられます。

そもそもリンゴが茶色く変色するのは、リンゴに含まれるポリフェノールが酸素と結びつき、茶色く変色するためです。
オレンジジュースの中に含まれるビタミンCには、このポリフェノールと酸素の結びつきを外す効果があるため、酸化した茶色の部分が元に戻るというわけです。

なおリンゴの変色を防止する方法として、塩水に漬ける方法がよく知られていますが、変色してしまった後に塩水に漬けても、まったく効果はないようです。

変色してしまったリンゴのために、わざわざオレンジジュースを用意するのは、果たして得なことなのか。この辺りは、意見が分かれるところだと思います。

リンゴの色止めは、あらかじめ塩水でしておくことに越したことはありません。

でも、とても美味しいリンゴが変色してしまった時や、冷蔵庫にオレンジジュースのストックがある時には、覚えておくと便利な裏ワザだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Pomme Braeburn by Frédérique Voisin-DemeryDSC_0706a by ewan traveler

冷凍りんごのレシピ。リンゴを凍らせただけの絶品スイーツ。

リンゴは、凍らせるだけで絶品スイーツになるとのこと。今ネットで話題になっています。実はこの「冷凍リンゴ」、1970年代から福島県の学校給食で...

りんごの飾り切り。プロがすすめる、フルーツカット。

フルーツカッティングのスペシャリスト、村上しずかさんがすすめる、リンゴの飾り切りをご紹介します。用意するものは、ペティーナイフ1本だけ。5分...

コロッケの上手な温め直し方。揚げたてのサクサク感を復活させる方法。

冷めてフニャフニャになったコロッケを、揚げたてのサクサクした食感に戻す裏ワザをご紹介します。水を吹きかけて、オーブントースターで焼きます。な...

ヨーグルトプリンのレシピ。牛乳の代わりにヨーグルトを使いました。

ベーシックなプリンのレシピをアレンジして、プリンを作りました。プリンの基本的な材料の1つである牛乳を、ヨーグルトで代用してみました。また食感...

天ぷらの温め方。オーブントースターでサクサクにする方法。

冷めたお惣菜の天ぷらを、揚げたてのようなサクサクの食感にする方法をご紹介します。天ぷらに水を吹きかけ、オーブントースターで2分加熱するだけで...