冷めた天ぷらをサクサクにする裏ワザ。水をかけて揚げ直す。

公開: 更新:2017/01/05

天ぷらをサクサクにする

冷めた天ぷらを、サクサクの食感に戻す裏ワザをご紹介します。

天ぷらは時間が経つと、フニャフニャになってしまいます。こうなると電子レンジでチンしても、サクサク感は蘇りません。

でも栄養士の佐藤秀美さんによると、天ぷらに水をかけて揚げ直すだけで、サクサク感が復活します。

(情報元:フジテレビ「発見!なるほどレストラン」まさか!?の楽うまレシピ 2015年6月2日放映)

スポンサーリンク

冷めた天ぷらをサクサクにする方法

天ぷらをサクサクにする

冷めた天ぷらをサクサクにする手順です。

手順
  1. フニャフニャになった天ぷらを、丸ごと水で洗う。
  2. キッチンペーパーなどで、余分な水分を拭き取る。
  3. 低温(160度くらい)の油で揚げ直す。

ポイントは、水で洗った後に、しっかりと水分を拭き取ること。
そうしないと、揚げている最中に跳ねるので要注意です。

この裏ワザで温めた天ぷらを試食したタレントのデヴィ夫人は、「サックサク!これは感心したわ。美味しいです。」と、その食感を絶賛していました。

実際に試してみたところ、作りたての天ぷらのようなサクサク感が、簡単に蘇りました。
超おすすめの裏ワザですよ。

なお天ぷらの揚げ直しが面倒だという方には、こちらの方法がおすすめです。
天ぷらに水を吹きかけ、オーブントースターで2分加熱するだけでも、衣のサクサク感は復活しますよ。

水をかけるとサクサク感が蘇る理由

天ぷらをサクサクにする

でもなぜ水をかけて揚げ直すだけで、天ぷらの衣にサクサク感が蘇ったのでしょうか。

佐藤さんによると、次のような理由が考えられます。

天ぷらの衣がフニャッとしているのは、食材から衣に水分が移動しているためです。
冷めた天ぷらは、中の食材は水分が多く、衣は水分が少ない状態になっています。そのため、揚げ直しても、衣の水分は均等に蒸発しません。

でも衣全体を水で濡らし、天ぷらの水分量を均一にすると、水分を均等に蒸発させることができます。そのため、サクサクとした食感が生まれるのだそうです。

食感の良い天ぷらを作るには、衣の水分を均等に蒸発させることが大切なんですね。

天ぷらをカラッと揚げる方法

ところで佐藤さんは、天ぷらをカラッと揚げるために、日本酒で衣を作るそうです。

ごく普通の天ぷらの衣は、小麦粉を水で溶いて作ります。
でも佐藤さんは、水を日本酒で代用するそうです。日本酒のアルコール効果で水分が飛びやすくなるために、天ぷらがカラッと揚がるのだとか。

なおアルコールは、揚げてしまうと蒸発するので、子供が食べても安心だそうです。

ちなみに私も、天ぷらの衣にアルコールを使います。日本酒以外にも、ブランデーやビールを加えるのもおすすめです。
カラッと揚がるだけでなく、肉や魚などは特に、旨みが増して美味しく仕上がりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像引用元:Tempura by OiMax

コロッケの上手な温め直し方。揚げたてのサクサク感を復活させる方法。

冷めてフニャフニャになったコロッケを、揚げたてのサクサクした食感に戻す裏ワザをご紹介します。水を吹きかけて、オーブントースターで焼きます。な...

天ぷらの温め方。オーブントースターでサクサクにする方法。

冷めたお惣菜の天ぷらを、揚げたてのようなサクサクの食感にする方法をご紹介します。天ぷらに水を吹きかけ、オーブントースターで2分加熱するだけで...

超一流の天ぷら職人が教える、天ぷらを美味しく作るコツ。

天ぷら職人の土阪幸彦さんがすすめる、家庭で天ぷらを美味しく作るコツと「卵黄の天ぷら」のレシピをご紹介します。土阪さんが腕を振るう日本料理店「...

水島弘史シェフの、冷めても美味しい唐揚げの作り方。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、冷めても美味しい唐揚げの作り方をご紹介します。水島さんは、科学的な側面からも美味しい料理をつくる方...

変わった揚げ物のレシピ。寿司・明太子・うどんを使った「揚げフード」の作り方。

テレビ番組で「揚げフード」という食べ物が話題になっていました。「揚げフード」とは、変わった食材を使った揚げ物のこと。普段はあまり揚げて食べる...