年越しそばのレシピ。大晦日の蕎麦はこれ!定番具材たっぷりの作り方。

投稿日:2016年12月31日 更新日:

年越しそば

レシピ動画

大晦日に食べたい!年越しそば

年越しそばのレシピ・作り方をご紹介します。

大晦日にふさわしい、定番の具材をたっぷりのせた温かい蕎麦のレシピ。
つゆは、だし汁に追い鰹をして、風味豊かに仕上げます。

材料

2人分:調理時間15分
そば 2人分
海老天ぷら 4本
長ねぎ 1/2本
茹でたほうれん草 1/3束分
かまぼこ 4切れ
わかめ 適量
柚子の皮 少々
かけつゆ
だし汁 600ml
みりん 60ml
醤油 60ml
鰹節 2パック(8g)
  • 水600mlに顆粒だしの素小さじ1と1/3を溶かして使っても良い。

作り方

ネギを小口切りにしてゆずの皮を千切りにする
茹でたほうれん草とわかめを食べやすい大きさに切る

まず、長ねぎ(1/2本)を小口切りにして、柚子の皮(少々)を千切りにします。
茹でたほうれん草(1/3束分)とわかめ(適量)は、食べやすい大きさに切ります。

参考:ほうれん草の茹で方


海老天ぷらを耐熱皿にのせてレンジで加熱する
海老天ぷらをアルミホイルの上に乗せてトースターで焼く

次に、海老天ぷら(4本)を耐熱皿にのせ、ラップをかぶせずに、電子レンジ(600w)で30秒加熱して温めます。
軽く触ってみて冷たい場合は、あと30秒を上限に加熱時間を追加してください。

そして、くしゃくしゃにしたアルミホイルの上に海老天ぷらを並べ、尻尾にアルミホイルを巻き、あらかじめしっかり温めておいたトースターで2分ほど焼いてサクサクにします。

天ぷらの温め方について

海老天は、レンジとトースターを併用して温めると、サクサクの食感が蘇ります。
トースターで焼く際に尻尾の部分が焦げやすいので、尻尾だけをアルミホイルで覆います。

参考:天ぷらの温め直し方


そばのかけつゆを沸騰させる
かけつゆに鰹節を加える

続いて、だし汁(600ml)・みりん(60ml)・醤油(60ml)を鍋に入れ、1分ほど沸騰させてアルコール分を飛ばします。
そして、火を止めて、鰹節(2パック:8g)を加えて1分置きます。

追い鰹でかけつゆを美味しく

かけつゆに鰹節を加えることで、大晦日にふさわしい、旨味たっぷりのリッチな味に仕上げます。


蕎麦を茹でる
そばつゆを茶こしでこして器に入れる

鍋にたっぷりの湯を沸かし、そば(2人分)を茹でて、ザルに上げて水気を切ります。
そして、そばを器に入れ、かけつゆを茶こしなどで濾しながら注ぎます。

参考:そばの茹で方


年越しそば

そばの上に、海老天ぷら・長ねぎ・茹でたほうれん草・かまぼこ(4切れ)・わかめ・柚子の皮を飾ったら完成です。

おつゆには鰹節の旨味がしっかりときいていて、柚子の爽やかな香りとともに、深みのある味を楽しめます。
また、海老の天ぷらなどの具材がたっぷり乗っているので、特別感があり、一年のシメにぴったりの一品です。

とても美味しく作れるので、ぜひ試してみてください。

関連レシピ