そばの茹で方と茹で時間。乾麺・生そば・ゆでそばを美味しく茹でる!

投稿日:2016年3月16日 更新日:

乾麺でも生でも!そばの茹で方と茹で時間

レシピ動画

蕎麦の茹で方と茹で時間を解説します。
乾麺・生そば・ゆでそばを美味しく茹でる方法についてです。

そばの茹で時間

そばは、袋に記載された時間通りに茹でるのが基本です。
茹で時間は商品によって異なりますが、乾麺は4〜7分、生麺は2〜3分、ゆで麺は30秒〜1分のものが平均的です。

もし、袋を捨ててしまって時間がわからない場合は、これくらいの時間を目安に、少し食べてみて、好みの食感になるまで茹でるといいです。

そば一人前の重さ

なお、そば一人分の分量は、乾麺は80〜100g、生麺は110〜140g、ゆで麺は170gくらいとなっています。

材料

そば 2人分
2〜3リットル
  • そばの量を変える場合は、湯の量も微調整すれば、同じように茹でられます。
作り方
乾麺
  1. 鍋に湯を沸かし、そばをパラパラと入れ、軽く混ぜる。
    袋の表示時間通りに茹でる。
  2. ザルに上げて水気を切り、流水で洗ってぬめりを落とす。
  3. 【冷たいそばにする場合】
    水気を切る。

    【温かいそばにする場合】
    そばをたっぷりの熱湯に浸して10秒ほど温め、ザルに上げて水気を切る。

生麺・ゆで麺
  1. 鍋に湯を沸かし、そばをほぐして入れて、軽く混ぜる。
    袋の表示時間通りに茹でる。
  2. 【温かいそばにする場合】
    ザルに上げて水気を切る。

    【冷たいそばにする場合】
    ザルに上げて、流水で洗って冷やし、水気を切る。

乾麺の場合

まず最初に、乾麺の茹で方を解説します。

乾麺の蕎麦を鍋に放射状に入れる
乾麺の蕎麦を鍋で茹でる

鍋に湯をわかし、そばをパラパラと放射状に入れ、軽く混ぜて、袋の表示時間通りに茹でます。
ごく一般的な「乾麺」の茹で時間は、4〜7分です。

パラパラ入れて一度混ぜる

そばを茹でる際には、そばが対流するくらい湯をたっぷり使ったうえで、放射状に散らして入れ、最初に軽くひと混ぜします。
そうすると、くっつかないで茹でられます。


茹でた乾麺の蕎麦をザルに上げる
乾麺の蕎麦のぬめりを取る

茹で上がったら、ザルに上げて水気を切ります。
そして、ザルをボールの中に入れて流水を勢い良く当て、何回か水を替えながら、手で揉むように洗ってぬめりを落とします。

冷たいそばの場合は作業終了

ざるそばなど、冷たくして食べる場合は、これで完成です。
そばの水気を切れば、そのまま使えます。

もし時間に余裕があれば、洗ったそばを氷水に数秒浸けると、よりコシが出て美味しくなります。


乾麺の蕎麦を熱湯に浸す
乾麺の蕎麦の水気を切る

かけそばなど、温かいそばに使う場合は、もうワンステップ必要です。

そばのぬめりを取ったら、たっぷりの熱湯に浸して10秒ほど温めます。
そして、再びザルに上げて水気を切ったらできあがりです。

ゆで麺と生麺の場合

続いて、ゆで麺と生麺の茹で方を解説します。
ゆで麺と生麺は、茹で時間は異なりますが、基本的な茹で方は同じです。

生麺の蕎麦を鍋に入れる
生麺の蕎麦を茹でる

鍋に湯をわかし、そばをほぐして入れ、軽く混ぜて、袋の表示時間通りに茹でます。
ごく一般的な「生麺」の茹で時間は2〜3分、「ゆで麺」は30秒〜1分くらいです。


生麺の蕎麦をザルに上げる
生麺の蕎麦を流水で洗う

茹で上がったら、ザルに上げて水気を切ります。

温かいそばに使う場合

かけそばなど、温かいそばにする場合は、これで完成です。
器にそばを入れ、アツアツのつゆをかけてお召し上がりください。

冷たいそばに使う場合

ざるそばなど、冷たいそばにする場合は、冷やしてから使います。

水気を切ったあとに、ザルをボールの中に入れて流水を勢い良く当て、何回か水を替えながら、手で揉むように洗って冷やしてください。

乾麺を使う場合と同様に、最後に氷水で冷やすのもおすすめです。


以上、そばの茹で方と茹で時間についてお伝えしました。
今回ご紹介したやり方で茹でると、そばが美味しく茹で上がります。

蕎麦のレシピ
なお、茹でたそばを温かいそばに使うのなら、「年越しそば」のレシピがおすすめです。
ぜひ参考にしてください。

関連レシピ