冷凍エビを重曹を使って解凍する。プリプリになります。

投稿日:2014年11月5日 更新日:

エビを重曹で解凍してプリプリにする

冷凍エビを美味しくする方法をご紹介します。

重曹と塩を加えた水で解凍すると、旨味のあるプリプリのエビになります。

たったこれだけの手間で、安い冷凍エビが、高級エビのようになります。
この下ごしらえの方法を知っていると、エビフライをはじめとしたエビ料理が、グッと美味しく仕上がりますよ。

(レシピ情報元:日本テレビ「真実情報バラエティー!トリックハンター」2014年11月5日放映)

冷凍エビを重曹でプリプリにする

エビを重曹で解凍してプリプリにする方法

安い冷凍エビを、旨味のあるプリプリのエビに変える手順です。

材料

エビ 適量(※1)
重曹 大さじ2(※2)
大さじ1
500cc

※1 水に浸かるくらいの量の冷凍エビ。むきエビでも殻付きでもOK。
※2 大さじ1.5程度でも効果あり。

手順

  1. 重曹・塩・水をボールに入れ、エビを浸す。
  2. 凍ったエビが溶けて柔らかくなるまで、そのまま置いたらできあがり。

エビを浸しておく時間の目安は、20分くらいです。

ちなみに、エビを塩水ではなく真水で解凍すると、浸透圧の関係で、水分や旨みが逃げてしまいます。
でも、塩水で解凍すると、旨みを閉じ込めることができます。

また、エビはタンパク質でできていますが、タンパク質は、重曹のアルカリ成分で固くなる性質があります。
そのため、重曹を加えた水に漬け込むと、エビがプリプリっとした食感になります。

エビの食感は、普通に解凍した場合とくらべ、驚くほど差が出ますよ。

関連レシピ