むきえびの下処理と茹で方。基本の下ごしらえ!洗い方からボイルまで。

投稿日:2020年11月26日 更新日:

むきエビの下処理と茹で方

レシピ動画

むきえびの下処理の方法と茹で方を動画で解説します。

むきえびの臭みや汚れを取るための下ごしらえの方法と、茹で方や加熱時間についてです。

むきエビの下処理

最初に、むきえびの下ごしらえのやり方を解説します。

むきえびの下ごしらえは、大きく次の3つの工程に分かれます。

  • 冷凍むきえびを使う場合は、解凍する。
  • 背わたが残っている場合は、取り除く。
  • 片栗粉と塩で揉んで水洗いする。

解凍する

冷凍えびを使う場合は、まずは、解凍します。

冷凍えびは、凍ったままの状態でも調理につかえますが、あらかじめ解凍してからの方が、加熱ムラができにくいのでおすすめです。
また、つぎに説明する「背わたを取り除く」工程においても、ある程度解凍しておかないと、作業しにくくなります。

解凍するにあたっては、水に浸してもいいですし、レンジの解凍モードで加熱してもOKです。


背わたを取り除く

むきエビの背わたにつま楊枝を刺す
むきエビの背わたを指で引っ張る

続いて、むきえびに背わたが残っている場合には、背わたを取り除きます。

背わたの取り方は、冒頭の動画をご覧いただくと分かりやすいです。
つま楊枝を背わたの脇に刺してグッと引き出し、指で引っ張れば、簡単に取れます。

背わたが奥の方に少しだけ残っていて、つま楊枝だけだと取りにくい場合は、包丁で背わたの部分に切れ目を入れると取りやすくなります。

背わたが残っていると料理に臭みが出やすいので、この工程でキレイに取り除いてください。

さらに詳しく:むきえびの背わたの取り方


片栗粉と塩で揉んで水洗いする

むきエビに片栗粉と塩を揉み込む
むきエビを水で洗う

背わたを取り除いたら、むきえびを片栗粉と塩で揉み、水洗いします。
こうすることで、臭みや汚れがきれいに落ちるうえに、プリッとした食感になります。

それぞれの分量は、下のレシピを参考にしてください。

材料
むきえび 100g
片栗粉 大さじ1と1/2
小さじ1/3
大さじ1と1/2

片栗粉は粒子が細かいので、水と一緒に揉み込むと、エビの汚れをしっかりと吸着してくれます。

また、塩を少量加えると、エビがプリプリの食感に仕上がります。

炒めものなどは水気を取って使う

むきえびをキレイに洗ったら、水気をしっかりと取り除きます。

むきエビの水気をキッチンペーパーで取る キッチンペーパーなどで水気を取れば、すぐに炒め物などの加熱調理に使えますよ。

むきエビの茹で方(ボイルの仕方)

続いて、むきえびの茹で方について解説します。

材料
むきえび 100g※
500ml(500g)
小さじ1
小さじ1

※下処理済みのもの。

沸騰した湯に塩と酒を加える
火を止めてむきエビを入れる

エビの重量の5倍ぐらいの水を鍋に入れて火にかけます。
沸騰したら、水500mlに対して塩(小さじ1)と酒(小さじ1)を加えます。

そして、火を止め、エビを湯に完全に浸します。

酒を加えると臭みがより和らぎますが、小さいお子さんがいる場合などは、お好みで酒を加えずに茹でても構いません。


湯にむきエビを入れて蓋をする
茹で上がったむきエビ

エビを湯に浸したら、すぐにフタをして、そのまま置きます。
2分ほど置いたら完成です。

湯の余熱で火を通す

むきえびをジューシーでプリプリに仕上げるためのポイントは、加熱しすぎないことです。
湯の余熱を利用して、短時間で火を通します。

なお、加熱時間は、むきえびの大きさによっても若干変わってきます。
ごく一般的な大きさのむきえびだったら2分くらいですが、大きい場合はもう少し長めに、逆に小さい場合は少し早めに引き上げてください。


茹でたむきえびは、サラダや和え物などの具材としてすぐに使えます。

has 茹でたむきエビの料理(
むきエビとブロッコリーのサラダ)たとえばサラダだったら、ブロッコリーと合わせると美味しいです。

ブロッコリーとエビのサラダ」のレシピは、リンク先を参考にしてください。

関連レシピ